子供

553: 名無しさん@HOME 2017/01/17(火) 10:03:15.38 0
私は元々声が大きい&息子は怒鳴られて初めて聞こえるタイプ。 
「子供を叱る声がうるさい」と文句を言う旦那に、
「私だって最初から怒鳴ってるわけじゃないよ」と言ってたんだが、理解しない。

さっき、2人でテレビ見てたらいきなり手を思い切り叩き始めた
(舞台とか見てスタンディングオベーションするような勢いで)。 

耳元でやられて物凄くうるさかったので
「ちょっとうるさいよ、耳元でやらないで」と言ったら、
「いつもの仕返し」だと!! 

イラっとして、
「私のは子供を叱るため、アンタのは全く意味の無いただの嫌がらせだろ!」
と言い返した。 
そしたら
「いやいや変わらないよ、俺だって怒鳴り声がうるさいから嫌だって言ってるのに!」
「お前がやってるのも嫌がらせだ!!」「お前の怒鳴り声では意味がない!!!」と。 

さすがにキレた。
「私だって怒鳴りたくて怒鳴ってるわけじゃない!」
「10回言っても聞いてないから怒鳴るハメになる!」
「文句言うなら私が怒鳴る前にアンタが叱ってくれよ!!」
って言うと
「俺はそういうのはしないから」だってよ。 

だったら文句をいうな!!!!



960: おさかなくわえた名無しさん 2014/02/16(日) 11:45:40.37 ID:n+5Qtp/C
今年初めに不幸があり兄と飛行機に乗った時、ずっと子供の泣き声がしててorz。 
兄は医師で当直後らしくいびきをかいて爆睡していた。 
子供の泣き声はさらに激しくなり、機内は険悪なふいんきに。 
ふと子供の泣き声がピタっと止み ホッとした時に兄が目を覚まし
「子供は?」と聞くから「さあ…」と言うと今度はお母さんらしき女性の泣き声が… 
 

1: 名無しさん@おーぷん 2016/12/20(火)15:04:11 ID:R5f
孫も見れて年金もそこそこもらえて十分だろ
それ以上は子供の負担にしかならん
親に長生きしてほしいなんざ、年とるごとにタテマエだけになるだろ 
 


44: 名無しさん@HOME 2016/12/23(金) 10:27:20.13 0
義兄嫁と口論になってしまった 

義母、義兄嫁と幼稚園児2人、私の5人でファミレスに行った 
(私の子供は中学生) 

義兄子1(年長男児やんちゃ坊主)が騒ぐので
義母と私が注意するけど義兄嫁はダメよーというだけ 
周囲の目も気になるので早々に店を出て義実家に行った

そこで義兄嫁が私たちに文句を言いだした 
「子供が騒ぐのは仕方ないし、
ファミレスだから多少賑やか(!)なのは当たり前」 
「2人とも神経質すぎ」 

というので、ゆっくり食事ができなかった
いらだちもあって(←子供か!) 

「仕方ないとかファミレスだからっていのは
迷惑かけられた人のセリフ! 
放置してる親が言っていい言葉じゃないでしょ!!」 
とキツめに言ったら泣かれた 

不穏な空気を感じ取った義兄子1に
「ママを泣かせた!」とキックされた 

言い過ぎたことは謝って帰ってきたけど
しばらく義兄嫁には会いたくないわ



196: 可愛い奥様 2017/01/10(火) 00:50:05.19 ID:wyx5mgd90
困っている。別れたいけど、低学年と保育園の子どもたちは発を大好き。
精神年齢は同程度だが、発には行動力と経済力がある。 

突然、通販でヘリウムタンクを注文し、家じゅうを浮かぶ風船でいっぱいする。 
キックボード、一輪車、巨大凧、その他おもちゃを出掛けた先で買い与え、
そのまま車で遠くの河川敷などに行き遊び倒す。 

子どもたちは大喜び。いずれも誕生日でも何でもない普通の週末。 

家にいる間、宿題、片付け、家の手伝いについて、
子どもたちに一切の声がけをしない。
私が声がけすると発が、「3,2,1逃げろーー!」と号令をかけて寝室に逃げ込む。 

寝室で箪笥を階段状に引き出し一番上まで昇り
ベッドに向かって飛び降りる、という遊びを始める。 

ベッドをトランポリンにして、「誰が天井に手が届くか競争!」とか言い出し、
当然自分だけが届き子どもたちがムキになって、もっと激しく飛び跳ねる。 

そうかと思うと、光る棒が出てきて真っ暗にした寝室でスターウォーズごっこ。 

子どもたちが入浴中に浴室のドアを開け水鉄砲で冷水をかける。
発の入浴中に子どもたちが同じように仕返しすると、
手桶に水を入れて応戦し、脱衣所を水浸しにする。 

自分が有給取れたから、と平日に子どもたちを旅行に連れて行ってしまう。
学校なんか大したことしないんだから、と。 

私が、彼の行動について指摘、注意、理由を尋ねる、等をすると
「あーあ、お母さんがダメって言ってる!とふてくされる。」 

我慢するしかないのか....。



このページのトップヘ