子供


270:名無しさん@おーぷん2016/09/25(日)20:59:28 ID:aZM
今30代なんだけど、小学校の時の同級生に、小6になってもまともに話せない子がいた。

その子はやたら絵がうまかったけど、赤ちゃんの言葉みたいな言葉しか話せないし、
怒らせると髪の毛がごっそり抜けるくらい引っ張ったり噛み付いたりしてくる。
小学校高学年くらいから、障害というものがあることは知っていたが、
私がぼんやりしていただけなのか、その子に障害があることに気づいていなかった。

その子とは幼稚園から一緒だったんだけど、
その子=障害とかは全く思い浮かばず、もうその子はそういう子だという位置づけだった。
だから誰かが噛まれても、あーあの子に噛まれたんだ、痛いよねくらい。
仲間はずれにしたりいじめたりということはなかったけど、特に私は仲がいい訳ではなかったので、小学校にあがってからは休みの日とかに一緒に遊んだ記憶はない。
休み時間とかはかろうじてあるかなくらい。

で、中学校からは別になってずっと会ってなかったんだけど、
先日実家に帰った時に、近所のスーパーでその子のお母さんとその子と再会。

その子、子ども8人いるんだって。

その子自身は相変わらず赤ちゃんみたいな話し方で何を言っているのかわからなかったけど、お母さんいわく1番上は中学生、1番下は3歳とかかな?
で、これから保育園のお迎えということらしく、子供用のカバンを持ってたんだけど、そこに描いてあった絵が、その子が小学校の時にずっと繰り返して描いていたモチーフだった。
フェイクだけど、ずっと象ばかりとか、洗濯バサミばかりとか、ずっと1つ、同じものばかりをアレンジして描いてたんだ。幼稚園から小学校までずっと。
なんだか、とても辛い気持ちになった。




48 :育児まとめニュース 2018/12/31(月) 02:18:06 ID:HxqSdaWW.net
転勤で引っ越したのだけど妻の両親が引っ越し手伝うって
荷出しは何とか断ったが荷入れの時に来てもらいたいと妻から言われ仕方なく承諾
業者さんが全部やってくれるのに何を手伝って欲しいのか意味分からない
子離れできない義両親と親離れできない妻
これで年末にまだ片付いていない新居に義両親と過ごすとか何の罰ゲーム
更に2歳の息子に欲しがる度にお菓子を与えるものだから、妻に与えないよう注意しろと言うと自分で言えと喧嘩に
それでやんわり伝えると妻がその場で
私にネチネチ言われるんだからね!っと妻の両親に言うもんだから険悪な雰囲気になったよ
最悪な年末だわ

120 :育児まとめニュース 2019/02/12(火) 16:18:51 0.net
元々あんまり体調よくないとこに風邪引いた。
そしたら夫が午前中仕事休んでこどもを見てくれることに。
それはすごく助かったんだけど、夫こどもに朝ごはん食べさせてあとずっとテレビ見させてた。
いやこんなときくらい全然テレビで時間潰してくれていいんだけどさ
いつまでも着替えもさせないし、顔も洗ってやらないし、こっちがそういう細々したこと言わないとやらない。
こどもも結局テレビ飽きたらわたしのところに来たがるし。
着替えさせてって言ったらなんで?って返ってきたよ…
わたしのごはんも何にも聞いてくれず、自分とこどもだけお昼食べちゃうし。
こども見てくれただけで御の字なんだろうが、
夫が風邪で寝てるときは3食希望聞いて用意して、1日寝かせてあげてるじゃんと思うとなんだかなー。


599:名無しさん@HOME2016/12/17(土) 10:25:07.43 0.net
出張中に嫁が子供連れて出て行った。
このまま帰らない、子供には会わないで、あとは弁護士が…て。

電話しても出ないけど、子供に会う権利はあるんじゃないの?
こっちも弁護士立てるしかないのか…悲しいな…



923 :育児まとめニュース 2016/05/30(月) 21:35:11 ID:0E6
今日、家の子が突然聞いてきた
「ねぇ、このお家は木でできているの?」

ちなみに我家は、大工の棟梁?だった義父が引退間際に建てた木造住宅
「へー、よく知ってるね。爺ちゃんが作ってくれたんだよ」
と返すと何故か不満そう
「レンガは使ってないの?」
「ちょっとぐらい使ってないの?」

ここでピンときた
多分今日幼稚園で「三匹のこぶた」の話を聞いてきたんだねw

大丈夫w我家はそんじょそこらの子豚さんが作ったレンガの家よりずっと丈夫だよ
君の爺ちゃんが柱から選定した、大工としての集大成なんだって
オオカミどころか並の地震でもびくともしないよw


228: 名無しの心子知らず 2016/12/25(日) 19:25:14.58 ID:4SFcFrVM
子供のために収入を稼ぎ続けなきゃいけないことが正直しんどい 
未来の子供達は、不況と移民社会で
これからもっともっと生きづらくなるだろうしね 
自分の老後資金を貯められるかどうかもわからない 

夫婦2人の写真付き年賀状とか見ると、大人気ないけど
即シュレッダーにかけてしまう 
しかもムカツクことに、子供の苦労がないからコナシ嫁はみな大抵美人だしね、
やってられんわ 

申し訳ないけど、もう嫁は抱けない、
子供を産んでくれたことには感謝してるけど、それだけ 

子なしで夫婦仲良くやってるカップルを見ると嫉妬する 
子供なしで繋がってるって、本気で愛し合ってる証拠だからね 
そこまで嫁を愛せるなんて裏山だわ 

コナシのおまえらは賢いよ 
あ~あ、人生間違った




759:名無しの心子知らず2016/12/03(土) 06:39:52.37ID:Y2bOAU4V
マラソン大会あってうちの子は1位だったんだけど、
13位だった子が親から御褒美買ってもらってた事。
しかも、うちは前回2位からの1位だったが向こうは去年8位から下がってる。

下がった子に「頑張ったね」と御褒美って?とスレタイ。
頑張ってないから順位下がったんだろうが。




684:名無しの心子知らず2013/02/08(金) 08:35:24.49 ID:bcGrmaMW
スレチの可能性あり
他人から見たらキチ度も微妙な話なんだけど。
子供の同級生に、常に大変良い香りがする子がいる。仮にA子ちゃん。
本当に良い香りなんだけど、とにかくすごくすごく香る。
ていうか香りが強すぎて、もはや臭い。
参観日などに教室に入るとその匂いが充満してて、

A子ちゃんとすれ違うと「この子が発生源か!」て即分かるレベル。

しかし、当人は鼻炎があるそうで匂いがあまり分からないんだそう。 

一番前の席だけど呼吸の音が参観者まで聞こえる。
けどA母曰く、耳鼻科は一度行くと効かない薬毎週出すだけで
完治させずにダラダラ通わせるから行きたくない、とのこと。
もちろんA母も同じ香り。 

私個人的には匂いに鈍感なほうなので、気にしてなかったけど、
とにかく強すぎる香りに頭痛などの体調不良を訴える児童がいたり 
周りのお母さん方も「匂いは好みの問題だけど、ほどほどに…」と
忠告する人がチラホラ。

近所のドラッグストアで毎週でっかいボトルの柔軟剤を2本買って、
家族でその香りが大好きで洗濯ものに大量投入&家の中に
スプレーしてると公言してるA母。 
体操着も給食着も、学校で使った衣装や友達から借りた服、
A家から出てくる布製品はとにかくその香りがべったりついてる。 




989:おさかなくわえた名無しさん2013/08/16(金) NY:AN:NY.AN ID:1vygHyws
もう10年以上も前の話だったけど、自分の中での最大の修羅場
ネタじゃないんだが、正直ネタにしか思えないだろうから、
お茶受け程度だと思って読んで欲しい

自分が高校生三年の時に、一歳年上の姉と関係を持った
自分からではなく、姉から襲われた形だったんだけどね
姉は昔から両親どころか、学校の友人も認める超ブラコンだった

よくいつ結婚すんの?って茶化されたりしてた

姉と初めて関係を持った日から、定期的にしていたんだけど、
悲しいかな高校生だった自分は拒むどころか喜んでいた 

避妊はしっかり、両親にバレることもなく、大学へ進学し、二十歳の誕生日を迎えた 
その日、両親に自分は本当の子供じゃなく、父の兄の子供で、
自分の本当の両親は事故で亡くなり、なんやかんやで
今の父親に引き取られるようになったと聞いた 

さらに、父は続けて「お前は気づかれてないと思ってるだろうけど、
姉と関係を持っていたのは、結構前から知ってたんだぞ」と言われ、内心超gkbrで第一の修羅場 
そこへ姉「弟と血が繋がってないのは、かなり前から知ってたんだよ。
知ってたからこそ襲ったんじゃんwwwあ、お父さんお母さん公認だから安心してね!」 
おいおいと思って、両親を見ると、
「孫の顔を見る日もそう遠くはないなハッハッハ」とあんたらはそれでいいのかよと大困惑 
お、怒らないの?と聞いてみると、「だって、私たちと同じような道を辿ってるんだから、
怒る訳ないだろ?ハッハッハ」と両親が自分と同じような境遇で結婚したと聞いてさらに大困惑 

追い打ちをかけるように、姉が「実は、もう赤ちゃんできちゃってるんだけどね」と言われて第二の修羅場 
毎回付けてたよね!?と聞くと、危険日の日に穴開けたものを使ったからだよと言われてまたまた大困惑 
両親びっくりしてそりゃめでたい!よし!結婚式はいつにしようか!と自分置いてけぼり 
なんやかんやでその年に結婚し、今では三人の娘に囲まれて生活している 
そして、今姉のお腹には、双子の赤ちゃんがいて、
五人の子供と暮らす日も近く、両親と一緒に暮らしてるけど、
自分の給料で大丈夫かどうか内心修羅場 

俺頑張るよ




このページのトップヘ