嫌がらせ

180: 名無しの心子知らず 2013/07/14(日) 04:08:52 ID:DPMZj7sv
 
なんだか義姉がキチガイになってしまったよ。

私は双子妊娠中なんだけど
義姉の夢が双子を生む事だったらしくて
義両親に報告し伝え聞いたらしく、数日前から電話と凸がひどい。
凸にいたってはかなり義兄家とウチは離れてるから…何処にいるのかわからない。


堕ろせとも言われたし、
実母が用意し始めたおくるみ?は私が未来に生む双子のなんだ!と泣き叫ばれた。 

後は、うちを交換しろとか。
双子を育てるには義姉家だと狭いんだって(ちなみに中古で買った大きいおうち、うちはせまーいマンション) 
わけわかんないし、義兄に旦那が止めろと電話したけど…
私さんが黙って聞いてたら収まるからと言われて兄弟喧嘩

と言うか義兄はなんか諦めてる感じ、警察でもいけば?って感じ。


電話無視しても自宅凸されるし軽くノイローゼ… 
スレチだったらすみません、お家クレクレとか、子供服よこせだったから…
此処に晒してしまいました


287: 名無しの心子知らず 2006/07/10(月) 16:03:05 ID:1TD2WgPs
あなたが私のことを嫌いなのは解ってる。
だから私もあなたに近づかないようにしているでしょ。
私に対する嫌がらせ、シカト、悪口はいくらでもやってくれて結構。
大人だからね、我慢するよ。

掲示板に貼ってあったうちの子の名前破ったの、あなただよね。
それくらいならまだ我慢する。
でもうちの子の服を隠すってのは大人としてどおよ。

誰にも見られていないと思っているかもしれないけど、
しっかり先生が見回っていましたよ。
先生が元に戻しておいてくれたから、
うちの子は隠されたとは思っていないよ。残念だったね。

嫌がらせをしてもしても、私が平気な顔しているから、余計に悔しいのでしょ。
あなたなんかには負けないわ。
言葉だけでなくどんどん行動に移してくれれば返って嬉しいよ。
証拠が残るからね。


677: 名無しさん@HOME 2009/02/07(土) 19:10:13
コトメ元いじめられっ子とかで暗くて陰気、おまけに陰険。 
なのでいびりの方もすっごく陰険で、 
義実家で風呂に入ってるといきなり温水器を切ったり入れたりの繰り返し。 
でもこれは夫が入ってる時にやってたんで〆上げた。



588: おさかなくわえた名無しさん 2013/12/06(金) 19:01:02.04 ID:cV/Yzc1l
だいぶ前の話です。
車に半年以上にわたって嫌がらせされた事がある。
内容は警察で初めて見たとドン引きされたほど、珍しいというか気持ち悪い類のものなので
身ばれ防止のため省きますが、
わたしより両親、特に母が気味悪がって、毎朝わたしの車を掃除してくれていたようで。
わたしはたまに「またやられた」ってうんざりするくらいだった。
でも、ある時嫌がらせ現場にニアミスしそうになり、怖くなったので警察署に相談に行った。
これだけでも当時のわたしにとっては修羅場で、テレビドラマでしか見たことのない鑑識作業やら
指紋採取、DNA鑑定とか震えが止まらなかった。
警察の人にはとりあえず張り紙で牽制してもらうしかないと言われ、
その結果一度は止んだんだけど、しばらくして再発。
小さい頃からよくしてもらった近所のおばさんが病み上がりで退院したその足で
家の玄関先で土下座したのが2度目の修羅場。
犯人はおばさんの旦那さんだったらしい。
物心ついた時から知ってる人に土下座されるとか、今後二度と見たくない光景です。

580: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2014/10/18(土) 18:47:57.81 ID:IvNZZ4UX.net
昔、地味ーな嫌がらせをされたときの話

高校のとき、毎日鞄に避妊具を入れられてた
一袋ずつ毎日毎日鞄に入ってたけど、他に何か入れられたりされたりするわけでもなかったから放置してた
そして、袋は未開封だし穴あけて変なもの入れたような形跡もなかったから、毎日毎日避妊具自慰に使わせてもらった
「俺に嫌悪感を抱かせようと忍ばせた避妊具で快感を得る俺って…」って考えると興奮は頂点に達した

それから避妊具入れられ初めて一ヶ月ぐらい経ったとき、授業が終わり掃除も終わったので帰ろうと教室に戻ると今度は鞄がなかった
「うわもう探すんメンドくさ、今日は早く帰りたいのに今日に限って…」と思いながら一人で探してたら、教室の外の廊下のゴミ箱にあった
近くでギャルっぽいDQN女3人(隣のクラスの子だけど1回も喋ったことない)がニヤニヤしながらこっち見てたから「あぁー、コイツらかな?」って思って
「こんなとこにわざわざ隠すぐらいやったら俺の家まで運んでくれよアッハッハwwww」ってデカい声で独り言言ったら囲まれた


このページのトップヘ