253名無し 2017/01/30(月)21:30:20 ID:5jv
数ヶ月前までちょっとした事ですぐヒステリー起こしてた彼女が最近怒らなくなった。
それで「最近怒らなくなったね」って言ったんだ。その時なんて返ってきたか覚えてないけど、なんだかごまかしてる雰囲気だったからその後も聞き続けたんだ。
機嫌が良くなってるのは別に男ができたのか?とも一瞬思った。
何度目かに聞いた時に実際にそういう事を言ったら「二股はかけてないよ」って返事。
それでも怪しいって食い下がったら、ようやく教えてくれた。

「私、もう期待しないことにしたの」

だって。つまりこうしてくれる、もしくはあんなことはしないだろうって言う期待を持ってて
その期待が外れるから腹が立つ。だから怒らないために期待しないことにしたと。
それを聞いてすごい凹んでる。付き合ってるのに期待されないなんて、それ好きって言えるか?
でも彼女は「好きだよ。ただイライラしないように期待しないだけ。」って言う。
「実際私も怒らなくなったし、前より仲良くなったでしょ?」って。でもそれって上部だけな気がする。
自分には彼女の言う意味が理解できない。彼女のことは好きだから別れるつもりは無いけど、期待して欲しいのに。
期待してくれるから頑張るのに。こんなこと言われてすごく虚しい。


576恋人は名無しさん 2017/01/31(火) 09:29:14.93 ID:0ydJsPJO0
彼女とそろそろ結婚かなと思っていて、結婚後の話とかするようになった。
そしたら、いろいろこじれてきた。
これって、彼女は無理物件なんだろうか。

俺としては、最近2ちゃんとかでも耳にするんで男には多いと思う
いわゆる専業主婦を飼うつもりはないという派。
でも俺の給料額としては、専業主婦でも困らない年収。(700万、毎年昇給もあり)
なので彼女自身にかかる金は彼女が自分で稼ぐ程度で全然いいんで、パートでOK。
でも彼女は、結婚後働くなら今勤めている正社員を辞めるつもりはないと。
彼女は専門職系でけっこう激務。
給料も下手したら俺よりいい。
俺としてはそこまで稼がんでもいいと思う。
ちょろっと適当にパートで15万程度稼いで、後は家のことに専念してくれていい。
でも彼女は、どうせ働くのに今の職を辞めて、わざわざ他のパートにする意味がわからないという。

289: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/11/16(水) 02:06:02.81
今日職場から嫁に電話し、今日一日なにしてたー?ってなんの気なしに聞いたら 
前から仕事で知り合った写真家の人が写真を撮らせてって言ってたから、それを撮影しに行ってたという 
俺が冗談で、いーねーヌード?っていったら、うん!って言うのでマテマテとなり深く聞いてみると 
どうやら写真は、妊婦を集めて撮っていたそうで、他にも二人ほど妊婦が居たらしい 
採用されるかはわからないけど、本になったら送るといっているそう 

相談しろよ!って言ったら、何も言われないと思ってって… 
正直ここまでアホだとは思わなかった 
色々なことを分かってなさ過ぎてどこから怒ればいいかわからない 
ちなみにまだ家には帰ってない

1: 名無しさん@おーぷん 2014/12/12(金)18:08:36 ID:aKe
ノイローゼになりそうなんだが
吐き出させてくれ



2: 名無しさん@おーぷん 2014/12/12(金)18:12:23 ID:aKe
平日→仕事
休日→嫁出かけて俺が育児

ここ数ヶ月まともに休日らしい休日ない気がする
これって俺が我慢するべき? 
 

584: 名無しさん@おーぷん 2017/01/30(月)09:22:13 ID:oMn
くだらないんだが嫁が調味料を買ってくれない。
とは言っても醤油とか砂糖とか
そういう一般的に料理に使うものは揃ってるしメシマズでもない。

ただ一味とかタバスコとかひと味加えたい唐辛子由来のものだけは
頼んでも絶対買ってくれない。

麻婆とかはちゃんと辛いから一切使わないってわけじゃないハズなんだけど、
「唐辛子が嫌い。ワサビとかの辛さはいいけど唐辛子だけは出来るなら食べたくない。
七味を買うと全員分のオカズに貴方がかけるから私が食べれなくなるから買いたくもない。」
といわれた。
俺としては自分の分だけかけてるつもりなんだけれど、
大皿に乗ったまま自分が食べる部分にかける=嫁が食べるはずの部分にもかかってた
から何度か食べれなかったという事らしい。

これからは小皿にとってからかけるからと言っても
「今日はそうしても明日は忘れて大皿にかけるでしょ。
味噌汁の鍋にも勝手にいれてたじゃない。だから嫌」
と。

本当にもう嫁の分にかかるようにしないから唐辛子を買ってほしい。
自分で買っても嫁に見つかると処分されるんだ。
どうしたらわかってくれるんだろう


このページのトップヘ