婚約

397: 恋人は名無しさん 2017/07/22(土) 03:45:13.71 ID:FN9WOt1H0
アドバイス欲しいです 

彼女と結婚寸前までいったんだけど別れてほしい白紙に戻して欲しいと言われた 
理由としては俺の過去の恋愛について黙ってたことがばれたってのと、
俺が忘れっぽくて結婚の準備をいろいろ忘れて進めてなかったことが決定打らしい 

俺としては別れたくないのでなんとか関係回復できるアドバイスください 
あとこれって別れるとしたら彼女都合での婚約破棄になる?教えてください




1: 名も無き被検体774号 2017/03/26(日) 19:26:11.42 ID:d67UU7LH
俺が悪いのか、悪くないのか、全くわからない。
客観的に聞いてみて、どう思うか教えて欲しい。


663: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/03/23(水) 20:38:04.69 ID:q0sh4AfN
5歳くらいからの付き合いになる近所の幼なじみのA子(仮名)がいて、 
幼稚園から小中校と一緒で兄妹みたいにして育った。むしろ兄弟だな。ガサツ大魔王。 
女として意識したことがない。前に何度か意識してみようと思ったけど無理だった。 
あっちも同じ。そういうA子が結婚することになった。びっくり。料理とか下手だけど 
大丈夫なんだろうか。

先日、その相手を連れて来て3人で飲んだとき、A子がトイレに行ってる間、その男が急に 
真顔になって、「もう○○は俺と結婚するんで、近寄らないでもらえますか」って、なんか 
コントみたいなこと言ったから吹き出してしまった。そしたら何故か怒り出した。そこに 
小便から戻って来たA子が「何なに?どしたの?」と聞くので、「いや、この人がもうA子には 
近づくなって言うからさ」と言ったらA子も大爆笑。婚約者が真っ赤になってガチで怒り出して、 
「A子、俺かこの人か、今すぐ選べ!」って言うので「じゃあ、この人」って、言ってはならない 
冗談を言うもんだから、もうね、大変。いろいろあって破談。A子も元婚約者も神経わからん。



727: 恋人は名無しさん 2017/03/05(日) 22:59:48.55 ID:/7VgRUCY0
ここ相談もOK? 
ダメなら該当スレ教えてください 

婚約中の彼女に別れたいと言われ、同棲中の家を追い出されました 
仲直りしたいんだけど取りつく島もなし… 
今月末に顔合わせの食事会の予定だったし、
それまでになんとか機嫌を直してもらいたい 
どうやって説得すれば良いか知恵を貸してください

彼女が別れたい理由(揉めた理由)↓ 
俺は専業主婦=寄生虫とまでは思わないけど、
自分の食い扶持くらいは自分で稼ぐのが大人だと思う 
婚約前に「奥さんには働いてて欲しい」って話しして、
彼女は仕事が楽しいし共働きOKと言ってた 

それで婚約して、実際に生活費とかお金の相談をしてたんだけど、 
生活費は完全折半で家事も折半、子供ができたらその時考えよう
って考えを伝えた 
その時彼女は
「生活費折半は良いけど、ちゃんと家事できる?」
って聞いてきたんで、これから覚えるよ~って話をしたと思う 

これが半月くらい前の話で、
昨日の夜彼女から 
「これから覚えるって言ったのに、家事を覚える様子が一切見られない。
結局私が家事のほとんどを負担することになる気がして不安」
と言われた



166: 名無しさん@おーぷん 2017/02/11(土)02:58:37 ID:OAD
身バレ防ぐために一部ぼかします
結納したも済んだ彼氏の家族が
自己破産したそうです

事業に失敗したとか
連帯保証人になってたとかではなく、
単なる浪費癖によるものでした
額は300万、誰にも気づかれなかったそうです

しかも働いておらず、
真っ当なところから借りていなかったそうで、
それも自己破産の理由みたいです

そのことで彼氏に婚約破棄を申し入れました
自己破産は黙っていれば他人にバレないからと
彼氏も知っていながら私に伝えておらず、

「家族の自己破産は俺に関係ないだろう」
と私側の責任でなら
婚約破棄を受け入れると言いました
要するに金を出せと

私も事由によっては受け入れたかもしれませんが、
調べた所間違いなく浪費癖

浪費癖って自己破産したところで
治るものではないと思うし、
日本では家族と絶縁ってできないんですよね

彼氏はそれでも自分に無関係だから
婚約破棄は私の責任といいますが・・・
どうなんでしょうか

皆さんならこの条件の方と結婚できますか?
一日ネットで自己破産について調べてみましたが、
借りていた場所が危ないところだと
自己破産しても関係ないと出てくるし、信用なりません

式場も予約しており、指輪も制作していて、
婚約破棄する場合は
その費用も全部私が払えと言われています



このページのトップヘ