321:名無しさん@HOME2010/03/15(月) 16:59:49 0
まだ妻から何も言われたりはしてないけど、かなりやばい状況。

4つほど離れた県に単身赴任中。
週末、一日か二日帰宅し、子供のオムツや食料を家族で買出しに行き
時間があれば掃除機もかけたり、子供を風呂に入れたり。

でもこの状況(一週間、妻は24時間ひとりで8ヶ月子の世話)に妻が疲れきってるのは気付いていたのに

きのう、俺が戻る際に「もう疲れた、週末も買出しのみだし、子供は可愛いけど何も楽しいことがない」というのを「そういわれても、分かってるけどしょうがないし」と思ってスルーしてしまったら
今日、台所で妻が倒れ、そのとき子供も一緒に転倒し怪我とヤケド。


妻は下半身に数箇所手のひらほどのヤケドで、子供は妻がとっさに突き飛ばし、ちょっと赤味のみ。(子供は通院の必要なし、妻はこれから数日は毎日通院)

昨日もっと妻を休ませないといけなかったのに、買出しに子供と二人で行きたくなくて妻も連れ出し、自分が赴任先へ持っていく食事も多く作らせて、拭き掃除してるの見ながら参加せず。

誕生日プレゼントもスルーしてしまった。
食後、妻がトイレで吐いてたけど、あんまり真剣に体調聞かなかった。

今日何度も電話で話したけど、たんたんと状況を話だけ・・
今日戻ろうかと言ったけれど、いいって言われたし、
とりあえず俺の親に手伝いに行かせたけど・・





226:名無しさん@HOME2017/07/26(水) 13:55:36.86
今から15年前になくなった実兄の年齢を越えた(兄とは14歳違いだった)
義母にその話をしていたら側にいた義兄嫁が

「じゃああなたも今年シねば?」
と言ってきた

冗談のつもりだったと言い訳したけど本当にムカつく

お前がなって言ってやればよかったと後悔してる




911:名無しさん@HOME2008/03/01(土) 22:46:33
なにかにつけて「やらずのぶったくり」ばかりの金に汚い義実家。
今夜もいきなりうちに電話を掛けてきたので旦那に応対させてたのだが
「ほら オカンがお前に代われやと」と旦那が受話器を渡してきた。
(私に用事があるときは毎度エラソーになにか無心を 命 令 してくる時w)
私もウンザリしてたので もう旦那の前だけでも取り繕う気力もなくなり
「用件は何でしょうか?」と相当冷たい口調になってしまった orz




358:名無しさん@HOME2007/09/19(水) 10:40:30
ウトがヘルニアで手術入院することになり、トメから「嫁子が毎日病院に通って
身の回りの世話(汚れ物の引き取り・洗濯や話し相手など)をするように。」と
言われた。「それが○○家の嫁としての勤めだから。」らしい。
生憎、うちの実家の父も同時期に腸に出来た腫瘍を除去する手術をするために
入院することになっていて、母が亡くなって1人暮らしであるため、私たち実子が
手分けして手術の付き添いや入院中の細々とした世話をすることになっていたので
「申し訳ありませんが、こういう事情ですので・・。」と断った。





306: 2010/12/22(水) 00:01:00 0
夫が寝たので投下。

私たち夫婦は今私実家で暮らしてる。
父母が仕事で海外に行ってて、私達が「貯金したいので」とお願いして
庭の手入れをすることを条件に実家で暮らしてる。

先日近所に住む義母から「お庭に車を置かせて」と依頼が来た。
義実家には車も車庫もあるのに?と思ったら
ニート義兄に車を買ってやるのだが、義実家ではスペースがないんだって。
私の両親は車はレンタカー専用だったので、実家に車庫はない。
なので庭をつぶして置かせろと言ってきた。
一蹴したが義母はしつこく、夫に断るように頼んだら
「いいじゃん、庭広いんだから。一部車庫にしちゃえば?」
そんなこと出来るわけないでしょう・・・
1週間くらい毎晩夫とその件で言い争った結果、私が両親に連絡を取って
父が直接夫に「ああ、じゃあそこ出て行ってもらえる?うちとしては長男でも
長女でも住んでくれる人は他にいるしね」と一刀両断。
さて一件落着。と思ったら夫が
「ほんっとケチだなお前の親。庭の一部ぐらいでぐだぐだいってさあ」
義母はほんとにしつこく煩い人なので、とりあえずやっときゃいいかと思う気持ちはわかるけど、
それを私や私の親に負担させるのはどう考えてもおかしいだろう?とまた喧嘩。
翌日夫は自分が悪かったことを認めて謝ってきたけど・・・
しかし私はもうこの家から引っ越したくて(義実家から離れたい)
でも夫はマイホームのために貯金したいから、家賃無料の今の状態を変えたくないみたい。
このままじゃ、マイホームの前に離婚したくなりそうだ。

ついでに義兄の車の件は、義父に「ぷーたろーに車なんて贅沢だ」と叱られ
立ち消えになったらしい




このページのトップヘ