925: 可愛い奥様 投稿日:2009/12/24(木) 17:40:32 ID:69em62apO

一卵性双生児の妹がいること。

その妹がバイト先の既婚上司と交際の末略奪した。
妹が奥さんのふりして離婚届けをだし、
ついでに二人で職場のお金に手をつけトンズラ。

相手の奥さんからも会社からも
私が訴えられそうになった。

私の名前で働いていたらしい。
双子である事も言わず。 
当時私は他県で大学生、両親が何とか収めた。 
その後絶縁と言うか音信不通に。 

今年の夏、妹薬漬けで保護された。今廃人に近い。 
後一年強現れなければ
もうしんだ者として戸籍からも消せたのに。 

3年前に結婚した夫には
双子で生まれたが、妹はすぐしんだと話してある。 

母は既に他界、父が妹の面倒を見ているが、
先日癌が再発した。 
実家は裕福ではない。
父がいなくなったら妹をどうしたらいいのか。 
でも絶対隠し通す。





18: 名無しさん@おーぷん 2014/06/19(木)16:04:23 ID:6lMR7NSmV
すみません、初書き込みです。

私には妹がいるのですが、誰に似たのか可愛い。
モデルにスカウトされること数回。自慢。
進学で私が住んでる町の少し離れたところに引っ越してきた。
一緒に住んでも良かったのだが、親の自立の為には一人暮らしが必要という方針のもと、妹と近距離別居。
とはいえ心配でご飯差し入れたり、雑貨をわけたりと交流は頻繁だった。

いつものように、おかずのお裾分けにと妹のバイト終わりに自転車で妹の家へ向かった。
そしたら防犯ブザーの音がかすかに聞こえる。
嫌な予感がして激こぎして向かうと3人くらいに囲まれてる我が妹。
いったいどういうつもりか聞こうと近寄ると殴りかかってきた。
よく見たら妹泣いてるし顔が赤い。
もしやコイツら妹殴りやがった!?とパニック。
そこからあんまり覚えてないけど気付いたら私血塗れ。
男3人も血塗れで呻いてる。とりあえず警察につれてかれた。
正直に覚えてないと話すと怪訝な顔をされたが、妹と、警察呼んでくれた人が証言してくれて私開放。
男3人は捕まったと聞いた。

私は殴られても殴られても向かっていったらしい。
んで、自転車ぶん投げたらしい。
しかも何回も。男3人のうち一人は指の骨折っていたみたい。
私も結局頭を切っていて二針ほど縫ったけど(だから血塗れになってもーた)。
妹は顔とお腹を殴られてたけど傷は残らなかった。

これだけは本当に良かった。

過剰防衛で訴えられたけど、妹をそういうことが目的で拉致しようとしたこと、私が女だったこと、空手とかの段位もない素人だったことが幸いして無罪だった。
慰謝料請求に素直に応じたから相手方の親は悪い人ではなかったのかもね。

買ったばかりの自転車が即廃車になってしまったことと、実家の親に号泣されたこと、そして病院にきた彼氏がテンパってプロポーズしてきたことが修羅場。

あ、ちなみに妹は精神的後遺症も残ってないです。


私の鬼のような姿の方がトラウマらしい…

 

348: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/10/14(金) 22:55:25.05
誰か聞いてくれ。 

俺のバカな妹がうちの娘の髪勝手に染めちまった。
アホみたいな金髪。 
嫁は生まれた時から娘の髪すげー大事にしてたから
びっくりするくらいショック受けて泣きじゃくってしまった。
 

220マジレスさん 2017/01/06(金) 13:19:12.03 ID:eYyXP483
今から20年ちょっと前のことです。
公立高校の特進クラスに通っていた私は、偏差値が65~68をうろうろしていました。
家から通える距離の国公立大学を志望校と決め、勉強に励んでいたのですが、
私が高校2年生のとき、妹が高校受験に失敗し、私立高校へ行きました。
我が家は裕福ではなく、びんぼーだったので、親はどうしても公立へ行かせたかったのですが、
浪人させるよりはまし・・・ということで、私立高校への進学を許しました。
このとき、親から私は「妹の学費がかかるから、大学は諦めて就職して欲しい」と言われました。

最初は断り、奨学金制度を利用することや、自分でバイトしながら学ぶことも考えましたが、
両親ともにフルタイムの仕事のほかにも深夜バイトを始めたのを見て、諦める決意をしました。
高校卒業と同時に地元で就職し、毎月決まった額を生活費として親に渡し、少しずつ貯金もしました。
妹が高校3年生の時、「私、大学に進学する」と言い出しました。

偏差値が40以下の高校で、何を言い出すんだ?!と思ったら、
大学付属の高校だったので希望すれば行けるんだそうです。
調べたら、その大学は偏差値35しかなく、いわゆるFランク、最底辺の大学でした。
親は妹にはとても甘く、その進学を許してしまいました。

長いので続きます


このページのトップヘ