妊婦

356 :育児まとめニュース 2015/08/24(月) 15:51:01 ID:???
妊娠7ヶ月、娘二歳連れて市営のミニバスに乗った。
乗った時は小さいバスだし座席は満席でしばらく立ってたんだけど、
ちょっとして目の前の座席が空いたから娘を膝に乗せて座った。
2、3個停留所止まってしばらくして後ろのおばさんに肩叩かれて振り返ったら
「そこ、年寄りの席だから…」って言われた。
小さいバスだけど優先席ではなかったし、意味がよくわからなくて
「え?年寄りの席ってなんですか?」って聞いたら若いんだし貴方より年寄りが座るべきとかごにょごにょ言い出して。
おばさんは後ろだったしお腹やマタニティマークや子供が見えてないのかと思ったけど、
なんで2歳児抱っこで妊婦の私に立てって言うのか理解できなくて、
「妊婦も座っちゃいけないんですか?」って聞いたらムッとした顔して目をそらされた。
それを聞いてたのか、聞いてないのか知らないけど割と離れた席の年寄りが
「若いもんが年寄り立たせて平気な顔してんだから信じらんないわ!」とか言うし。
じろじろバスの中で視線が痛くて、目的地よりだいぶ早く降りた。
あの市営のミニバスみたいなのって年寄りが多いけど、あの年寄りの若者排除しようとする団結感みたいなのなんなの?
ほんと腹立つ。


547 :育児まとめニュース 2017/01/23(月) 03:11:17 ID:WT8BKmmW.net
最近どこかで読んだことのあるコピペみたいな出来事が自分の身に起こって驚いた
朝、始発から終点手前まで乗るし座りたいから少し早く出て快速ではなく普通に乗ってるんだけど妊婦バッジをつけてる妊婦さんが気分悪そうに壁にもたれてたから席を譲った
翌日も座ってるとその妊婦さんが現れてわざわざ「昨日は本当に助かりました」とお礼を言ってくれた
それで終わるかと思いきや「この電車って始発駅でほぼ席埋まっちゃいますよね」「今日も終点まで行かないといけないけど体がつらい」という話をされてああそうですかとも言えずにまた席を譲ってしまった
そしたらそれが日常化してしまい席を変えても車両を変えても現れて「昨日はすみません、助かりました、今日も終点まで行かないと…」と言われてしまう
私も酷い腰痛持ちでこの時期は冷えで悪化するから座りたくて快速ではなく普通に乗ってるし始発駅とはいえ時間帯が時間帯だからその普通でさえ並んで席を確保してる
一度だけどうしても座っていたくてイヤホンをして寝たふりをしていたら肩をポンポンと叩かれてそれでも寝たふりを続けていたら「すみません、すみません、あのぉー」と肩を揺すられて驚いた
目をあけると「昨日というかここ数日ののお礼を言いたくて…実は今日も終点まで…」という話
正直に「私は酷い腰痛持ちでそんなに毎日は席を譲れそうにない」と話し謝ったら「ここ数日のことは感謝してるけど責任をとれないなら自尊心を満たす為に中途半端な親切をするのはやめたほうがいい」と叱られた
自尊心もなにも体調が悪そうな人に一度席を譲ったら毎日譲り続けることになるとは思わないでしょ
一度でも席を譲ったら責任をもってその人が電車を利用しなくなるまで譲り続けないといけないなら誰も席を譲らなくなりそう
見た目や口調も派手だったりとくに非常識そうな人ではなく本当に普通の女性.だった
こんな人が本当に存在するとは思わなかった


1: 名無しさん@おーぷん 2015/03/20(金)00:39:44 ID:VOP
妊婦
「席譲っていただけないでしょうか」

「仕事終わりで疲れてんで」

妊婦
「そうですか…ごめんなさい」
横のサラリーマン
「座りますか?良かったら」

妊婦
「ごめんなさい、ありがとうございます」
横のサラリーマン
「いえいえ」

何か俺が悪いやつみたいになったんだけど




447:名無しさん@HOME2013/08/10(土) 13:31:45.52 0
数年前に、スーパーでキチが妊婦さんの腹をけったのを間近で目撃
救急車付き添って病院に行ったら妊婦さんの旦那にキチと間違われて
ぶったたかれたのが自分の人生一番の修羅場




581:名無しさん@おーぷん2015/08/11(火)19:32:00 ID:5Md
兄のお嫁さんが妊娠したら、兄が変になってしまった。
兄自身は子供が好きでも嫌いでもないと思う。
親戚の集まりで、子供をかまったりするタイプではないけど、遠ざけることもない。
うちの親は「孫が見たい」「早く」と急かすことが何度かあって
兄は「結婚したら当然子供はできるもの」という態度だったから、欲しくなかったということもないと思う。

でもいざお嫁さんが妊娠したら、お嫁さんに対する態度がひどくなった。
なんていうか、いじめっ子の小学生みたいな態度をとる。
突き飛ばすようなジェスチャーをしたり、お腹を見て「気持ち悪いな」と笑ったりする。
最初は陰でやっていたが、最初に母が気づいた。偶然聞いてしまったらしい。
「気持ち悪いって、お腹にいるのはあんたの子でしょう」と母が怒り、兄は謝ったが、その場だけで
逆に大っぴらにお嫁さんをいじめるようになった。
父は「今だけだろう。産んで体型が戻ればあいつも元に戻る」と言うが、そういう問題じゃないと思う。
お嫁さんはつわり+兄のいじめで栄養がとれなくて、早めに里帰りすることになった。
でも里帰り前日になって兄が「行くな」「寂しい」と引止め始め
迎えに来たお嫁さんの親が「夫さんがああ言ってるんだから」と帰ってしまった。
兄が何をしたいのかさっぱりわからない。
子供が産まれるのは楽しみみたいで、名づけの本を買ったりしてるのに
お嫁さんのことはいじめる。何なんだろう。





168: 名無しの心子知らず 2016/08/18(木) 22:38:22.43 ID:UkVTlTga
こないだ勤め先の会社でのこと。
従業員の奥さんのお腹が大きくて、いつ生まれるの?って聞いたら
『これは違うのよー』と言われまして。 
従業員もいつ生まれるとか言わないらしく。

産まれればその人は仕事休むだろうし
(未就学児と1歳なったばかりの子供がいる)、
そもそも出産なんて予定通りにいくわけないんだから突然休むだろうしなーと。
二人目の時も1週間フルで仕事休んでたはず。 

お腹の大きさから秋から冬に産まれるんだろうなとは思ったけど、
ちょうどその時期は業種的にクソ忙しい時期。 
もともと従業員数が5人以下で
代わりの人材もいない状態なのわかってんだから
出産予定ぐらい報告しても…。 

そんな中、妊娠のことに触れるな!って態度とられた状態で
お祝い金を送るのにモヤモヤする。しかも三人目だしなー。 

その従業員夫婦の周りを見ない感じが、
お祝いでおめでたいことなのにモヤモヤして
素直におめでとうと言えないことにさらにモヤモヤします。 

モヤモヤなんだか愚痴なんだかわからなくなってしまった。
失礼しました。





※胸糞注意m(_ _)m※

797
名無しさん@お腹いっぱい。 2018/04/04(水) 15:26:50.32 ID:sCw3ukB9a0404
現在妊娠8ヶ月の嫁。
昨日は俺の仕事が休みだったので前から計画してた潮干狩りへ。
俺は運転する仕事のため、プライベートでは事故って
免許が傷つくのは困るから二人で出かける時は遠出でも嫁が運転。

潮干狩りに行って帰って往復8時間の運転。
嫁は夜10時くらいには眠そうだった。
俺は休日ということもあり帰りの車中からビール500の缶を5本開け、
まだ眠くないしカラオケに連れて行けと嫁に言ったが、
眠いのと腹の子供が動きすぎて辛いと乗り気ではない様子。

俺は俺で週に1度の休み。また明日から忙しい1週間。カラオケでストレスを発散したかった。
嫁は私は歌わないから、と言い出した。腹が立った。
でも嫁は着替えをしてカラオケに行く準備をした。

「お前が歌わないなら意味がない、行かない」って言ったら、
「何それ?自分が行きたいって言ったくせに。ほら行くよ」
「行かない」
「なんなの?行くよ ほら」
「やだ行かない。お前が乗り気じゃないから行かない」


で、ケンカに。




478:可愛い奥様2018/06/18(月) 07:26:08.56 ID:/0O9LZNU0.net
長くなるうえに内容キツい話なんで注意

大学入りたての頃に出会〇系で知り合ったお兄さんと意気投合して体の関係になったんだけど、途中からその人が妊娠マニアなのが発覚
私も当時マゾで猿だったしその人に影響されてそういう行動にドハマり
ただし実際妊娠するのは困るので黙ってピルは飲んでた
彼氏いなかったのに、その人の托卵?願望のために架空の彼氏をでっちあげるこだわりっぷり(ここがバレない様にするのが面倒だった)

一応安心な日のみという設定でやっていたけどあまり長く妊娠しないとピルがバレるので
適当なタイミングでカミングアウトして最悪お別れかなーと思っていたけど
その人が転勤?でもう会えなくなる事になり、じゃあってことで最後の最後に大盛り上がりで色々アホな事して円満にお別れした

一応、実際には妊娠も堕胎もしていないし、浮気にも当たらないので
誰かに迷惑かけたり裏切ったというわけではないけど
当時の性/癖の気持ち悪さはリアルでは誰にも知られたくないので墓場まで持っていく




955: 名無しさん@HOME[sage] 2009/03/12(木) 13:31:15 0
暴力ネタです。 


コトメの子供は双子男児5歳。とにかくやんちゃ盛りでまさに永久機関とばかりに遊ぶ。 
私は今妊娠6か月で、とてもじゃないけど一緒には遊べない。 
義実家のリビングでコトメとお茶を飲んでいたら、 
コトメ子たちがニコニコしながら入って来て 
「ええーいやっつけろー!」とお腹に蹴り、 
幸い蹴りは太ももに当たったが、ウッっとなってお腹をかばったら 
後から入って来たトメが「あらぁー元気ねー!がんばれー!」と後ろでにやにやしてた。 
呆然としつつコトメ子に背中をポカポカ叩かれていたらコトメ子が吹っ飛んだ。 
そしてもう一人もすごい勢いで吹っ飛んだ。


ハッと見たらコトメが仁王立ち。コトメ子たちは頬を押さえて呆然… 
トメが「コトメ子ちゃん!コトメ!あんた何を…」とまで言った時点で、 
コトメがトメに向かって行ってトメに盛大にビンタ。 
トメも吹っ飛んだ。 
そして私に土下座して「大変申し訳ありません!」と床に頭こすりつけ、 
ボロボロと声もなく涙をこぼすコトメ子たちの襟首つかんで 
そのまま引きずって行き、外の土の上で正座させ、 
頭を土に突っ込ませて「おばちゃんに言う事あるでしょう?」 
コトメ子たちは大泣きしながら謝罪。 
トメも泣きながらついて来て「コトメ!もうやめなさい!!」と言うが無視。 

泥まみれの顔のコトメ子たちに、コトメが 
「お腹に赤ちゃん居るの知ってるよね。どういう事か分かるよね」と説教すると頷いた。 
そして「どうしてそんなことしたの?」と聞いたら 
「婆ちゃんがやってこい、って… 
赤ちゃん居るから、赤ちゃん悪者にして怪獣ごっこして遊ぼうと思って… 
ばあちゃんがお腹蹴って来いって…赤ちゃんも楽しいよって…」




このページのトップヘ