46:名無しさん@お腹いっぱい。2008/05/05(月) 11:06:06
ちょっと聞いてくれよ~!

友人家族と我が家で飲んでる最中、
嫁と面識のあるらしい男二人が、
「酔っぱらって帰れないから今晩泊めて欲しい」とやってきて、嫁が勝手に了承。
一緒にいた嫁友もその男とは面識があるようで、俺と嫁友旦那は唖然。

勝手に家に入り込んできた男のヘラヘラ顔をみて怒りが込み上げてきたところで、
目が覚めた。
これってフラバの一種なんだろうか?





812:本当にあった怖い名無し[]2011/03/10(木) 02:50:33.24 ID:6pEntISVO
スレ違いかもしれないが投下。

3年前に元カノがタヒんだ。信号無視の車にひかれて打ち所が悪く、だった。
当時はすでに別れていたから、友人から聞いて葬式には出れた。


復縁して別れた彼女だったんだが、1回目告白も復縁しようも俺から。2回とも別れ話も俺から。今思うと振り回してばかりで俺は本当にダメ男だったと思う。
当時留年してたし、2個年上で社会人の彼女に嫉妬や妬みばかりだった。
俺が鬱っぽくなって、彼女の心配も邪魔になって別れた。
負い目から、別れた後は友人と遊ぶ時もかなり態度に出してた。ガキでした。

彼女の葬式前後の記憶があまりないが、ある日彼女の夢を見た。
ドライブがお互いの趣味だったせいか、夢の中でもドライブしてた。
彼女が運転してて、他愛もない会話をしてた。
けど会話内容が「別れた後のあんたの態度、腹立ったわ」とか「別れ話の時のあの言葉、タヒぬまで覚えてた」とかで、俺が知らなかった彼女の心情だった。
笑いながら話す彼女に俺は「わりぃわりぃw」と返事してた。
急に彼女が「あ、大事な事言うよ」と言った。
「あんた、病院行きな。明日には行って。あとあんた通ってる病院ヤブだから、○○病院ね。」

ここで目が覚めた。
俺、腸の方で持病持ちなんだ。
いつもだったら定期検診以外よほど悪くならないと病院には行かないが、付き合ってた時はよく俺の体の心配してた彼女の言う事だったから指定された病院に検査目的程度に行ってみた。

腸にポリープ出来てて、切除したら癌でした。

早期発見だったのがよかったのか、腸を少し切除したが結果良好。
医者にも進行する前でよかったと言われ、ポリープが定期検診の時に見つからなかったのが不思議だ、と言われた。病院変えてよかった…。




133: 本当にあった怖い名無し[sage] 2010/08/04(水) 10:24:28 ID:qhNIrQT9P
いい話なのかは判らないけど投下
長文スマソ
自分が成人式を終えた年。
高校を卒業してすぐに一人暮らしをして働いていた自分はふと実家が
恋しくなり、その週末は実家に帰ることにした。
週末はいつも昼過ぎまで寝ている姉が珍しく朝から起きていて、
久し振りに家族全員が揃ってお昼ご飯を食べた土曜日、リビングで昼寝を
していた父は心筋梗塞でそのまま目を覚ますことなくポックリ逝った。

突然のことに母は呆然としてしまい、葬儀屋とのやり取りや役所や
銀行などの届け出は姉と自分が走り回った。
自分自身、何かに没頭しないとへなへなになると内心思っていたからか、
お通夜から初七日までとにかく走り回って「悲しい」という感情が
無くなったように涙ひとつ流れなかった。
仏壇の父の遺影を見ても実感が湧かないし、姉と「もうちょっと
痩せていた頃の写真使った方が良かったかなw」と話していたくらい。

で、翌日に四十九日を控えた日の夜、夢に父が出てきた。
母と姉と自分はお昼ご飯を食べ終えて、仏壇のある和室でゴロゴロ
していたら「ただいまー」と父が普通に帰ってきた。
夢の中の仏壇にも父の遺影は飾ってあるのになぁーと思いつつ、自分は
父が帰ってきたことがすごく嬉しくて喜んだ。
お腹が空いたと言うので自分の残した冷食のエビピラフがあるよと
言ったら嫌がられたw
自分たちは真夏の格好なのに、父は何故かセーターを着ていた。
母からプレゼントされたセーターだと、生前の父に聞いたことがある。




488:名無しさん@お腹いっぱい。2014/02/14(金) 17:08:48.23
唐突にリエって名前の人と浮気してる?ってメールきた
ちなみに浮気は全くしてない心当たりもない
ただその名前は前カノの名前なんだよ
なんだよこれこえーよ



650:名無しさん@おーぷん2017/06/10(土)16:03:39ID:uK8
宝くじの当選番号を照会していたら旦那に
「おまえの今の夢って何?宝くじ当たったらどうしたい?」って聞かれた。
「3ヶ月ぐらいどこかの貸別荘に籠って、読書三昧な生活がしたい」と言った。



そしたら旦那が不機嫌になってしまったので
「籠って」ってのがひとりでって受け止めたのかな?と思ったから
「旦那くんも一緒だよ」って言ったら「そんなことどうでもいい!」って言われて
「じゃあどうして不機嫌なの?私の夢、なんか変?」って聞いたら
「つまらなさ過ぎてがっかりした」って言われた。
「でかい家に住みたいとか、豪華客船の旅とか、世界遺産巡りとか、なんか色々あんだろ。
おまえってほんとつまんねー女だな」
って言われて、今度は私の方がブチ切れてしまった。
「でかい家に住んだって掃除が大変なだけだし、船酔いするから船旅なんて勘弁してほしいわ。
世界遺産だって巡りたいほど興味ないわい。夢なんて人それぞれだろ」って言ったら
「おまえとの人生がなんかつまんなく思えてきた」って言われた。

これで更にブチ切れて
「だったら離婚届持って来い」って言ったら黙って部屋を出て行った。
で、さっき「ごめん」って謝ってきたから
「ごめんぐらいじゃ許せん。人の夢を否定するばかりか
パートナーに対してつまらない女ってどういう事?ショックで当分立ち直れんわ」
って言ったらそれ以来ずっと困った顔してウロウロしてて鬱陶しい。

旦那は本を読まない人だから、
読書好きなのにまとまった時間が取れないってストレスや
だからこういう夢を持つってのが分からないんだろう。
分からないのは仕方ないにしても否定することないじゃないか。

本当は「私のことつまんない女とかぬかすなら私以上に稼いで来い」
って言いたかったのを必タヒで飲み込んでた。
同い年の同期入社なのに収入に格差が出てきたことを気にしてるのは分かってたから
旦那のプライドを傷つけないように気遣ってきたけど、もう疲れた。
私自身、たぶん旦那に対してストレス溜まりまくっていたのかも。

でも本当にもうどうでも良くなった。離婚したい。


968: 本当にあった怖い名無し[sage] 2010/05/02(日) 21:15:47 ID:WBTWZ14T0
昔した不思議な体験。 
良い話かどうかはわからないけれども。 
スレ違いだったらごめん。長文です。↓ 
3年半程前に、最愛の母が長い闘病生活の末に亡くなった。 
癌だった。 
母が亡くなった時、私は高校生で、一番下の妹なんかはまだ小学生だった。 
それはもう悲しくて悲しくて、何も考えられなくて、毎日漠然と過ごしていたよ。 
まぁこれは別にどうでもいい前置きなんだけれども。 

けど、そんな日々が一年くらい続いた頃かな。 
亡くなってから今までまったく夢に出てこなかった母が、急に夢に出てくるようになった。 
それがまた変わった夢でさ。 
それがどんな夢で、どんな場所、背景であれ、決まって遠くからじっと私のことを見つめてるんだ。 
例えば電車の中でだとか、広い土地でだとか。 
夢の中でふと気がつくと母が私のことを遠くから見つめていて、私もそんな母をじっと見つめ返してた。 

(1/4)


16: おさかなくわえた名無しさん[sage] 2013/05/14(火) 13:09:27.95 ID:VbIDg0wm
彼氏が貧乏なので冷めた。 
バイトしながら活動してる売れないミュージシャンだった。 
それでもこっちが一方的に奢るとかはなくて、基本的に割り勘だったし、 
はじめは気にせず付き合ってたんだけど、あるとき 
「家賃を滞納している。いつか必ず返すから百万貸して」と言われた。 
当時は給料が良かったので貸したんだけど、その時 
「この人は自分で自分の面倒も見られないんだ。私はどんな人生が送りたいかな? 
いずれは結婚して、子供欲しい。子供が望めば大学にも通わせたい。 
そのためには金がいる。夫婦で協力しないと無理。でもこの人にそれを望むことは人生変えろってことだなあ」 
って思って、付き合い続けるのは無理だなと思った。 
別れて10年後の先日、久しぶりに連絡が来たので、会った。 
同じようにバイトしながら音楽続けてた。好きな道を続けているのは良かった。 
「ごめんまだ金返せない」って言われたけど多分一生無理と思う


374: 本当にあった怖い名無し[sage] 2009/11/22(日) 09:52:59 ID:brOtIIkR0
父と妹の話。 

4年ほど前、父が肺がんで亡くなりました。 
過労やストレスなどもあり、余命半年の所、2か月で。 

父は大変子煩悩で、遅くできた末妹を、とても可愛がっていましたし、 
また、末妹も極度のファザコンと言えるぐらいに、父とはべったりでした。 
「いつも笑い顔でいろ」と言う父の言葉を体現するかのように、妹は太陽のように明るい笑顔。 
生まれた時から、妹は内臓に疾患があって病弱だったけど、父はそれでも大変可愛がってました。 
父が倒れてから、妹は東京での仕事を辞めて帰郷し、付きっ切りで看病しました。 

変わり果てた父の傍で、妹はいつも、手を握って話しかけて居ました。 
「父ちゃん、あれ(テレビに映ってる食べ物)美味しそうだね、父ちゃん早く治ってよ。兄ちゃんに連れてってもらおう」 
笑顔でうなずく父。 
「父ちゃん、父ちゃんが知らない美味しいお酒、いっぱい私知ってるよ。父ちゃんへのお土産にも買ってきたよ。 
だからね、父ちゃん、一緒に飲もうね。おうち帰って、一緒に飲もうね。父ちゃんの好きなレバニラとか塩ホルモンも食べようよ」 
酒好きの父、それは俺と妹に受け継がれています。 
酒の話に、とてもうれしそうになる父。 
思い出の曲を静かに歌う妹と、耳を傾ける父。 

「お馬の親子」という曲は、父がよくまだ幼かった妹を背中に乗せて歌っていた歌でした。 
散歩に出かけた時も、手をつないでいつも一緒に歌っていました。 
父が携帯電話を持った時、妹は父からの着信音を「お馬の親子」にしていました。 

父の逝く日の夕方、父は妹に、「休め」と、口の動きで伝えました。 
それを見て、渋った妹ですが、父が余りにも言うので、付き添いの人用の仮眠室に行ったそうです。 
そして、父は逝きました。妹以外の家族と、兄弟たちに見守られて。 

起こされた妹が、父の傍に行くと、手を握ってまるで狼の咆哮にも似たような声で10分ほど大泣きしました。 
病棟全体に響き渡るような大声でした。父の事で、妹が泣いたのはそれっきりです。


992: 名無しさん@おーぷん 2016/12/07(水)17:44:56 ID:Tfy
母親が40代なんですが、最近になって10代の頃の夢を追い始めてしまいました。

見てて悲しい気持ちになるのですが、子供としては見守るべきなんでしょうか?
父親は母親の好きにさせたいみたいです
 

313: 名無しさん@1周年 2015/03/31(火) 12:17:50.81 ID:8puu2hpU0.net
自分の意見を通すのに幽霊使うのはちょっとあかんわな。 

俺は昔、亡くなったじいちゃんが夢に出てきて「バナナ持って来て」って 
言われて、それがあまりにも具体的だったんで一応帰省してバナナもって 
いったら、母親とかばあちゃんとか兄貴とかみんなバナナ買ってて、 
「じーさんバナナ欲しいならだれか一人の夢にだけ出てくれ」って仏壇に 
文句いったことがあるw



このページのトップヘ