壮絶


106: 名無しさん@HOME 2017/09/30(土) 22:33:37.05
3人目妊娠した時4wでつわりが始まり6w入った時には37キロだったのが29キロまで痩せてた。3歳と1歳の育児しながらの生活は壮絶で最後は意識朦朧として起き上がることすら出来ず病院搬送。もう体も心も限界で産んであげることが出来なかった 
意識が遠退く中子供達の泣き声が聞こえて旦那に電話をかけたら上の子が泣きながらママがタヒんじゃう!って言って旦那が慌てて帰って来たけど電話かけることも出来ないまま意識失ってたらと思うとゾッとする




434: 名無しさん@おーぷん 2015/09/19(土)12:56:20 ID:QkY
ぶった切り申し訳ない。

やっと決着ついたので投下させてください。
フェイクがかかってますので、
多少のズレはご了承頂ければと...

長くなるので何回かに分けます。
宜しくお願いします。


私(A)→(28) 大手総合職 6年目一応マネージャークラス、夫有り
母→昔は専業主婦。現介護職 マネージャー
父→毒親 DV大好き、今は過去の酷い悪行で実姑と二人暮らし。大大手企業役員


母姉、姉夫→金持ち、姉夫は医者、子供2人いるがどちらも優秀、イケメン、忄生格よし、大手企業勤務

母弟、弟嫁→子供3人、母弟は公務員、弟嫁はパートさん

とまあこんな感じです。
ちなみに、私には妹がいますが人に無関心なイケメンなので省きます。笑


まずは私の家庭を。
覚えてる限り書くと、
・父の母に対するサゲ発言日常茶飯事
・母に対するDVも日常茶飯事

私が小学生の頃、朝起きるとクリスマスプレゼントではなく、リビングには段ボール

ママはもうパパとやっていけない。どちらに着くかはあなたたちで決めてと人生の選択をさせられる。

妹と母について母実家へ。
→翌日、父が登場。
→母実家を大いに荒らして荒らして警察に御用 




241:本当にあった怖い名無し2011/06/30(木) 14:40:06.00ID:Vn9h8hXS0
心を壊して入院してたことがある。退院したのは30歳の時。浦島多呂子とでも。
私の記憶は大学生活の途中で途切れ、24歳位からの牢獄じみた生活で再開されてる。
空白の期間に何かあって、幻覚の幸せな生活の中に埋没して、戻れなくなったのね。

そこから日常生活に戻るまでに色々とやったけれど、興味がある人いるなら書くわ。




このページのトップヘ