報告者がキチ


【前編】
【後編】20:42更新予定


89: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/05/13(水) 23:53:24
緊急の相談なのでageさせてもらう。
嫁が実家に帰るって言い出した。
明日嫁両親が迎えに来るって。

事の経緯を簡潔に話すと↓
嫁が一週間前くらいから腹が痛いと訴える。
でも大したことないだろうと思ってスルーしてたんだ。
けど相変わらず痛い痛い言ってるから「病院行けば」って言ったんだけど、行かない。
それでもってずっと痛い痛いって家事もろくにせずにゴロゴロしてるから腹立って、
「だから病院行けって言ったじゃん」って言ったら
「美容院に行くお金ももらってないのに病院なんか行けるわけない」(シャレか?
「子どもを連れてウイルスだらけの病院に行きたくない」
って泣き出してしまって、結果「実家に帰る、向こうで病院に行く」って。
だから「勝手に帰ったら一生許さないぞ」って言ったら、
「もう離婚でもなんでも勝手にして。疲れた」だってorz
何でこうなるんだ。俺はどうするべきだろうか。




873: 名無しの心子知らず 投稿日:2012/05/22(火) 17:22:35.42 ID:oclMwG/T
キチというほどでもないけどきもちわるかったので書かせてもらいます。
先月末、引っ越しの荷造りをしていたらインターフォンが。
深夜3時なのに非常識だろとか思ったら、下のママさん。
私「こんな時間にどうされたんですか?」
下ママ「あ、いえ。お引っ越しでもなさるのかと思ってちょっとごあいさつに・・・。」
私は引っ越しのことなんて一言も話してないのになんでわかったの?とちょっと不気味に思っていたら
下ママが、今日は休まれて続きは明日にしては?みたいなことを言ってきた。
勝手に身の上心配された上、「これ、息子さんに。」とポテトチップとチョコスナックみたいなのを渡された。
くれくれなわけじゃないけど、普通あいさつって菓子折りみたいなの持ってこないか・・・と。
そもそも昼間は子供の相手や家事で忙しいのにその辺を察して欲しい。
普段からすれ違うとニコニコあいさつしてくるし、田舎のママさんってなれなれしいというかずうずうしいというか
勝手に他人の身の上にまで入ってくるのがずうずうしくて嫌だ。

709: 名無しさん@HOME 2013/01/04(金) 19:29:27.98 0
私が母実家との絶縁がとけたので新年記念カキコ。

父がパチンカス&DV前妻と別居&離婚裁判長引き中に母と出会う。
母妊娠、自分を出産。これで母は実家と絶縁された。

自分が生まれた時点で父の離婚は成立していないので、
自分は認知された婚外子として生まれた。
 

946: 名無しの心子知らず 2009/05/20(水) 20:36:15 ID:PlAZ9xaN
 
名前は「あおい」ってずっと決めてて 
無事生まれて「蒼衣」にしようと思ってたのに 
義姉から「蒼」は人名に使わない方がいいとか言われて 

結局ひらがなにしてしまったけど後悔してる 

使われてる子普通にいるし
なんで意思を貫けなかったのかと
娘にも申し訳ないよ

 



【第一話】
【第二話】
【第三話】
【第四話】
【第五話】
【第六話】
【第七話】


55: 鹿の子 ◆7fUqcWRdcY 2008/04/06(日) 12:27:36

本当は昨日のうちに書き込みたかったのですが、ちょっと許せない事があり逆上
突き指してしまいましたorzこれじゃどっちがDQNだかわかりません
メモ帳に打ち込むのに時間がかかってしまい申し訳ありません

バカの書き込みを見た後、大急ぎで友人、他数人と確認に向かいましたが
盛り塩、結界共に無事でした…焼酎もなかったので安心しました
あったら今度はつき指どころか骨折覚悟で殴ってたかもしれません

先輩の事を親玉一家が必死に探してるのは神主さんに氏子から除名すると通告されたから
ここで氏子から外されるというのは事実上追放宣言に等しいです(漁業関係は特に)
だから神主さんの次に氏子さんの信頼の厚い先輩とのパイプを切りたくないのでしょう
実家に凸したときはお兄さんに追い返されてたみたいです

バカには明後日までは居るとウトが言ってたみたいで、バカ家に来る気満々ですが
家にも伯父宅にも誰も(犬も)居ません、家はバカに名義換えしてあったし(でも追い出しました)
手切れ金代わりにくれてやるそうです。

バカには神主さん、先輩のお兄さん、町の偉い人、友人親&ウトメで
三バカ共々しっかり〆てもらう予定です
そして半端なところになり、ここは見てないでしょうが気団やその他スレの方々には
申し訳ありませんがバカにはこれ以降書き込みをさせません
というか「考えたら書き込みするかどうかくらいわかるよな」と言ったのに
何故「考えて書き込め」になったのか…
 


このページのトップヘ