友達


前編はコチラ



690
:名無しの心子知らず 2007/06/08(金) 09:54:25ID:yJAku6NQ
昨日相談させていただいた633です。
娘と何度も話し、夕べ一晩よく考えたのですが
考えれば考えるほどまとまらなくなってしまって・・・





633:名無しの心子知らず 2007/06/07(木) 08:49:30ID:sSQZwz9I
幼稚園児の娘のことで相談させてください。
近所のお友達とうまくいっていないようなのです。
娘はお友達のことが好きだと言っているのですが、娘の方は嫌われているようです。

お友達のお母さんの話だと
1自由遊びの時間に強引に誘い、嫌だといっても聞いてくれない。
2ものをねだる(ラブベリのカードをねだったらしい)
3わるふざけの度が過ぎる
といった行動があるようです。
恥ずかしい話ですが、1以外は全く気がつきませんでした。

1について、以前から何度も娘に注意して言い聞かせているのですが
親の目の届かない幼稚園ではあまり変っていないようです。
家で妹と遊んでいても
自己中心的でワガママなところがあるので注意するのですが
おそらく、妹に対しての半命令口調と同じように話しているのかと思います。

このままでは、誰からも嫌われるいじめっ子になってしまいます。
入園当初は、他のお友達から強引に誘われて
嫌だといっても聞いてもらえないと自分が言っていたくらいなのに
いつの間にこんなことになったのか・・・
自分の不行き届きが情けない状態です。
これ以上周りに迷惑をかける前に、娘をなんとか矯正したいと思っています。
どんな風に注意していけばよいか
考えをお聞かせください。
今までは
相手の嫌がることを強制しない。自分のしたいことばかりじゃダメ。
ということをくり返し言い聞かせていました。

よろしくお願いします。


562:可愛い奥様2018/02/09(金) 11:48:04.22ID:WcgD2WUz0
新米専業主婦です。
ここでは、お金の話や友達付き合いの相談は可能ですか?
新しい土地でまだ友達がおらず、
今まで付き合っていた友達には非難されています。
両親は学生の頃に亡くなっていて、もういないです。
誰かに相談に乗って欲しいです。




6:おさかなくわえた名無しさん2017/07/13(木) 03:28:40.21ID:PuzNVyXa
同じ都内に住んでる友達が帰省の時に地元の友達に
長蛇の列ができる某有名店のパンをお土産で渡す約束しててなんか引いた

高校からの友達で上京したのは私とその友達だけ
同じ高校時代からの共通の友達には全員そのパンを渡す約束をしてたけど
私には声をかけてくれなかった
私もそのパンを食べたかったから
「帰省した時私も食べたかったから言って欲しかったなぁ」って軽く言ったら
「持ってくの大変だからこっちに居る時に一緒に食べよ」だってさ
共通の友達は5人グループで夏に会う時にそのパン食べた事がないの私だけだし
仲間外れにされた感じ




67:名無しさん@おーぷん2015/08/01(土)22:25:58 ID:bqd
会社の同僚との感覚の差に戸惑う
同僚A子と私は同い年のアラサー独女で話もノリも合うからよく話す
キャリアに関してはA子が中途入社のため私の方が十年近く先輩になるけれど
一緒に食事したり買い物したりとプライベートで遊んだこともあるので私自身の感覚としてA子は同僚や後輩というより友達だった
けれど先日、A子の口から「同僚と友達は根本的に違う、同僚はあくまでも仕事仲間」という主旨の発言があり、衝撃
だったら私はA子にとって何なんだ?友達じゃないのか?無理して遊びに付き合ってたとでも言うのか?とモヤモヤ
一人で悩んでてもしょうがないので元凶のA子本人に「私はあんたを友達だと思ってるのに」と本音を告げた
A子は話をうやむやにした
あまりにも腹が立つので、あの日以来、A子とは口をきいていない
大人げないのはわかってるんだけど、顔を見るのも声を聞くのも腹が立つ
仕事でどうしてもA子に確認を取らねばならないことは別の同僚に伝言役を頼んでやり過ごしている
最初はA子は私が怒ってるからご機嫌取りみたいに挨拶したり話しかけたりしてきたけど
最近はA子からも私に話しかけてくることはなくなり、それもまた腹が立って仕方ない
メンタル弱くてビビりのくせに調子のってシカトしてんじゃねえよと言いたくなる
どうせ後で怖くなって謝りにくるくせに、そういうところも腹が立つ
過去にA子と過ごして楽しかったことまで今となっては黒歴史
もしもお互い独身のままだったら一緒に老人ホームに入りたいと思うぐらい大事な友達だったのに、こんなに嫌いになるとは
世間的に、同僚と友達は別物とするのが普通なの?少なくとも私はすごく傷付いたのは確か
乱文失礼、辛くて泣きたくてどうしても吐き出したかった




このページのトップヘ