友達

151: 名無しさん@HOME 2015/12/19(土) 11:37:46.55 0.net

旦那にラ○ホテル通いがばれた。 
と言っても浮気ではなく、友人A(女)との。

いきさつは、我が家から車で10分15分ほどのラ○ホテル街にある一軒は
朝6時~夕方6時までフリータイム
中が超綺麗でベッドも豪華
お風呂もナノマシン?や水素マシンがついてて、岩盤浴もある。ロデオもあるw
漫画も超たくさん貸し出してる
ご飯も専用の調理人がいるらしくとても美味しい
部屋数が60以上あるのに常に満室な状況のラ○ホテルなんだ。
しかも2人で行っても料金一緒。
そこで2人で朝からお風呂入りまくりテレビ見まくりカラオケし放題で遊んでたのが
どこからか私がラ○ホテルに入っていくのを旦那に告げ口されたらしい。
今朝、
昨日ラ○ホテルにいたらしいね。どういうことか今夜説明してね。
と言って仕事に出掛けていった。。。

どうしようどうしたら?上記のことを言って信じてもらえる!?
携帯の中も真っ白だよ隅から隅まで真っ白けだよ!
むしろ友達少なくて旦那とその人くらいしかやり取り無いよ。。。
子供が昨日で学校終わりだから終わる前に行こう!ってなったんだよ。。。
携帯見せたら信じてくれるのだろうか、。。




181: 名無しの心子知らず 2017/05/28(日) 07:01:52.18 ID:YaVCnInM
ちょっと相談したい。 

昨夜、小1娘とお風呂に入ってたら
「運動会の練習の前に知らない男の先生が
『けがしてるよ。見てあげるからちょっと来て』って
トイレに連れていかれた。けがなんかしてないのに」
って話してくれて。
びっくりしたけど普通に話すから私もなるべく冷静に
「ふーん。で、どうしたの?」って答えたんだけど、
お尻見て、大丈夫だね、練習できる?って言って終わった、と。


230: 名無しの心子知らず 2017/06/02(金) 07:45:29.43 ID:anPfmkug
叩かれるの覚悟で… 
小4娘、4年になってから仲良くしているのは
特別支援学級と普通学級を行き来している子のようです。 
3年生まではお友達がたくさんいたのに、
4年生になってからその子とばかり遊ぶようになりました。
というより、その子が娘に執着するようになったようです。 
本当に失礼だとは思いますが、見た目もちょっと…な感じです
(ハサミでザクザク切ったような短い髪、小太り、薄汚れた洋服) 
母親を知っていますが目つきが悪く会話のキャッチボールが難しいです。 

そのせい?で、他のお友達が娘と遊ばなくなってしまったようです。 
その子を嫌っている子も多いようです。 

家庭訪問で先生に娘の様子をきいても、
〇〇ちゃんのお世話をよくしています~ばかり言われ。 
放課後もぱったり誰とも遊ばなくなり、やっと約束して帰ってきた
と思ったらその子とです。 
日曜参観も様子を見てると、その子が娘の横にべったり… 

ひどい親だとは思いますが、
その子とばかりではなく今までのお友達とも遊んでほしい… 

娘にそれとなく言うと、
なんで〇〇ちゃんと遊ぶのはだめなの?と言われてしまい
何も言い返せなくて… 

娘は見た目、成績もろもろ本当に普通の子です。 
コミュニケーションも普通に取れる子です。 

先生にもママ友にも相談できず困ってます。


511: 名無しの心子知らず 2017/06/01(木) 21:25:56.96 ID:iu0rCSNn
第一子、小学1年生の子供を傷つけるような発言をしてしまったのですが、
信頼を取り返せるでしょうか。 

小学生になって色々な友達ができ、羽目を外すようになりました。 
友達はあまり評判が良くなく、ピンポンダッシュをしたり、
よその家に行っておやつをせびったり無理やり家に入ろうとしたり、
他人の家の水道を勝手に使って遊んだりするような子で、近所でも有名な悪鬼です。 
そんな子と一緒にいるためか、我が子の悪い話を耳にするようになりました。 
本人に聞いてもやってない!の一点張りですが、
もうすでに何十回も嘘を付かれたので子供を信じることができませんでした。 
その件で何度目かの話し合いをしましたが、
子供に「お母さんの話はもう聞きたくない!お母さんいらない!」と言われ、
大人気ないですが、私もカッとなって
「もう私はあなたを信じることが一切できない」と言ってしまいました。 
いつも口論しても寝る時はくっついてくるのですが、
今夜は離れてくっついてこようともしませんでした。 

背中を向けて壁にくっつくようにして寝た息子を見て、
後悔の念が押し寄せ今に至ります。 
今の状態から子供の信頼を取り戻し、
子供の傷ついた自尊心を癒す事は可能でしょうか。 

また子供の事をまた信用できるようになるためにはどうしたら良いでしょうか。



このページのトップヘ