友人

734: 愛とタヒの名無しさん 2010/02/21(日) 18:07:45
友人のおひろめパーティー(会費制・レストラン)で司会を引き受けた。
新郎母が息子ラブ光線出しすぎて微妙な雰囲気。
隙あらば新婦も介添え人も押しのけて新郎にべったり(新郎父は故人)
新郎は抵抗するけどおめでたい席で…みたいな親戚の圧力で強行にはできず
新婦の顔は引きつるし招待客は新郎から目を逸らすし…

ついにやらかしたのがケーキ入刀。
手作りのパーティーらしく新婦が作ったケーキを切り分けて配って
最後は新郎に新婦が「あーん」と食べさせる演出。
今までの気まずい雰囲気を取り戻すべく「カメラをお持ちの方は前へ~」とか
「ケーキのように甘い二人」とかベタな事言って盛り上げようとしていたのに
食べ終わった瞬間、新郎母が新郎に寄って来て留袖の袖口?襦袢?で新郎の口を拭った…
文章にするとたいしたことないみたいだけど新郎母のうっとり表情もきもくて
場の空気が凍ってしまった。新婦は泣き出しそうな顔。
何とかしてくれの期待をこめた視線をいっせいに向けられた私がとっさに口走ったのは

「仕上げはおか~あさ~ん…でしたね」(某幼児番組のあれです)

幸いにしてうまく笑いがとれたのでそれに便乗して新郎にマイクを向けて
私「これからはお母様の代りに新婦さんがお世話をやくことになりますか?」
招待客「情けないぞーwww」
新郎「いや、これからは自分でやりますw」
私「ですよねーw」
新婦「うふふww」

何とかまとめて後でトイレに行ったら背中が冷や汗でびっしょりでした。
ちなみに私は新婦友人で以前セミナー講師のバイトしていたので司会を依頼され
気軽に引き受けてしまったのですがもう二度とやりません…。
プロ=完璧な司会ではないけど、どんなトラブルがあるかわからないのに
素人に任せるのは相当危険だと身にしみて実感しました。



561: 愛とタヒの名無しさん 2010/12/15(水) 10:25:22
昔の話でもいい?5年以上前の話。

新郎新婦は大学時代の先輩後輩で、新婦の大学卒業と同時に結婚した。
まだ20代前半だった私たち新婦友人は、友人の結婚式に出るのは初めて!という子も多く
可愛い子だったからドレス姿はどれだけ素敵だろう、とそれはそれは楽しみにしていた。

が、いざウェディングドレス姿の新婦を見たらなんだか違和感。
レースいっぱいで豪華っぽいんだけれど、なんというか、古い。
袖がお姫様のドレス風に膨らんで肩幅ばーん!となってて、
全体的にサイズが大きいんじゃ?と思わせるぶかぶか感。
テレビで見る芸能人とは違って、素人のウェディングドレスだからこんなもんかな?と
ちょっと疑問に思いつつ見ていたんだけれど、一番最後の
新郎新婦からの挨拶で新婦が
「自分は当初○○のドレスに憧れていてそれを着ようと思っていました。
けれどお義母様が、ご自分の結婚式に着たドレスを譲ってくださると申し出てくれました。
お義母様はぜひこれを私に着て欲しい、と言っていたので、私がこれを着て喜んでもらえてよかったです」
って内容のスピーチをして、私たちはそれがお姑さんからのお下がりだと知った。
だからデザインがバブル臭かったんだな。
新婦の名誉のために付け加えるけれど、スピーチはあくまでも無難に、
お義母さん喜んでもらえてうれしい^^って感じで会場も拍手で終わった。
決して「私はこのドレスを着れて嬉しい」とは言わなかったけれど。

この夫婦は今も仲良く暮らしてる。お姑さんとの関係とかはわからない。
結婚式の後日一緒に遊んだときに、写真館で別の今どき風のドレス着て撮った写真を見せてもらった。
本当はやっぱり流行のドレス着たかっただろうなぁ、と切なくなった。


323: 愛とタヒの名無しさん 2010/11/07(日) 18:47:44
先月の友人(新郎の方ね)の結婚式

新婦側で花束贈呈のために5歳の姪(新婦兄の娘)が参加すると聞いていた。
ここで読むみたいな荒れようになるかと思ったが
お人形みたいなかわいい子で、またこれが挙式でも披露宴でも大人しい。
ドレス着せられて新郎母の横に座らされており(なぜか母親はいない)
友人の中からも「写真撮っていいですか?」という人間がいたwww私の友人だがwww
最後もちゃんと花を渡すことができて、フラッシュの中
に~~っこり笑って手を振るほどの余裕。どこのモデルだと思ったほどだ。

で、後日聞いた話。

おちびさん、披露宴が終わった途端倒れたんだと。

実は彼女、本職のモデルさん。
当日は発熱で母親は出席を辞退しようとしていたんだが、
姑と義妹(つまり新婦)が「娘の結婚式に恥をかかせる気か!」
「熱なんて解熱剤飲ませておけばどうにかなる!」と強要。
結局姑に拉致させるように連れて来られた(しかも母親は会場入れず)が、
「熱で吐いたらまずいから」と朝からほとんど何も飲まさず食べさせず。
本人もプロ意識があるから最後まで頑張ったらしいが、母親の顔を見た途端ダウン。
その後、40度を超える熱で一時は危なかったとか。

その話を現在別居中の新婦兄嫁さんに聞いた新郎君。
現在入籍するかどうかで新婦と大もめ状態らしい。
「子どもの命を自分の見栄で危うくするオンナだとは・・・」と
飲み会で愚痴ってたわ


846: 愛とタヒの名無しさん 2010/11/21(日) 20:37:40
中学時代に仲が良かった新婦Nの不幸な結婚式。

Nの他にAとMの二人も仲が良く、招待客はなるべく抑えたいという新郎新婦の
希望で友人席は私たち3人が招待された。

式当日、いくら待ってもMが来ず、携帯は着拒はしていなくずっとコール音が。
事故かとも犯罪に巻き込まれたのかとも思い、私が式に出席せずにMの自宅まで
様子を見に行くことに。
Mの家に行って母親が出てきたので本人の居場所が掴めない事を言うと、
「出席したくないって言っている。」
との返事が・・・

なんとか無理やり本人に会わせてもらって、理由を聞いて驚いた。

・あんなやつ友達と思ったことはない。
・あいつは仕事も上手くいっている。なのにわたしは・・
・新郎のことが好きだった。

と、泣きながら私にぶちまけた。

式場に戻った私はどう説明していいかわからなかったので
とりあえず新郎に好意を持っている部分を除いて説明したけど・・・
唯一式に出席したA曰く、新婦は始終暗かったそう。

ちなみに新婦とNと私は高校の時同じ飲食店でバイトしており、
新郎はバイト先で調理師だった。
その頃から新郎新婦は交際していたので、あの時からずっと新婦を
恨み続けていたのかもしれない。


72: 愛とタヒの名無しさん 2011/02/19(土) 00:25:56
質問がてらフェイク混ぜつつ体験談を

大学生時代、なぜか私は「(私)に相談するとスッキリする!」とみんなから言われていて
人の相談もとい愚痴を聞くことが多かったんだが、友人Aは一番の常連だった。
簡単に言ってしまうと彼女はメンヘラとビッチを同時に発病してしまった子で、
男以外趣味がない、男がいないと怖いと強迫観念っぽい思い込みを持ってた。
知り合いになった男全員にモーションかける&拒まないせいで、変な噂も広まって大変なことに。
男関係以外はかなり真面目で成績もいい子だったので、勿体なさ過ぎて私も色々叱ったりアドバイスしたりしていた。

そんなAの結婚式に招待された。
会社でもやっちゃってるらしいよと噂に聞いていたところだったので、おお結婚するのか良かったねーと軽い気持ちだったんだが
本当にやっちゃっていたようで、会社の同僚の席がほぼ空。女ゼロ。
学生時代の友達もポツポツ。会社の人から色々聞かれたりして気まずかったが、式中のAは幸せそうだったので安心していた。

だが本番は「新婦の手紙」だった。
両親への感謝の手紙を半泣きで読むA。
私は「新婦の手紙」に始めての遭遇だったので新鮮に聞いていた。
……そしたら、突然私の名前がAの口から飛び出した。


続きます



このページのトップヘ