参観日



863: 名無しの心子知らず 2015/01/26(月) 10:40:03.18 ID:KtT5kWqA
幼稚園時代、いい年して
お互いをちゃん付けで呼んだり 
お揃いのグッズを持ったりする親達が苦手で、
ぼっち上等で気楽に過ごしてきたのに 

中学生になった娘からは
ぼっちの母親なんて恥ずかしい、
参観日も保護者会も来るなと罵られている 

ガッチリグループ分けができていて、
ほぼ10年間もベッタリした
お付き合いを続けている母親達に
今更混ざることもできず 

でもポツーンとしてる親を見るのが
つらいという気持ちもわかるし 

あのとき自分をころしてでも
キャピキャピしたお付き合いを
すればよかったんだろうか 
年月は取り返しがつかないと
わかっているけど昔の自分をなぐりたい 

人の気持ちを考えろ?友達を大切に?
人間一人じゃ生きていけない? 

ボッチがそんなこと言って説得力あると思ってんの?
と娘に罵られて、本当にしんじゃおうかと思った 

一人でいるとおかしな行動しそうだから、
スタバに逃げた 



874: 癒されたい名無しさん 2007/02/11(日) 06:25:44 ID:EwxtTTuh
全然泣けないが少し語らせてくれ!!



俺は3人兄弟の末っ子(兄、姉、俺)なんだが、
兄弟でただ1人病弱なのか、1歳の時に川崎病にかかり入院した。

特に問題もなく退院したのだがまた7歳で再発し、入院することに。
この頃からだろうか、「なんで俺ばっかり…」と思うようになった。
とにかく自分が嫌でしかたなかった。
「なんで俺を産んだのだろう…」
小2してはとんでもないことを考えてたと思う。

退院できたものの、運動制限付き。
体育の授業は出来ない。運動会も出れない。
皆と同じ事が出来ないのがとても悔しかった。
それと同時に親を憎んだ。今考えれば本当にバカだ。

2年生ももうすぐ終わりだというときに授業参観があった。
授業は道徳で親と子が手紙を互いに交換し合うというものだ。
俺は恥ずかしく、
「いつもありがとう」
などとしか書けなかった。



このページのトップヘ