医者


554: 名無しさん@おーぷん 2016/08/20(土)21:10:19 ID:rqQ
家を出た。
たぶん二度と帰ることはない。
原因は親。

医者なものでかなり傲慢で
自分の都合よくいかないと許せないタイプ。
私の兄を後継にしようとして育てたが
浪人×3でなんとか希望大学の医学部に合格。

散々家で罵られていた兄だったけど
努力して努力して医学部に入れた。
が、親は3浪して医学部なんて屑だ。
遅れている分を取り戻せと無茶を言い始めた。

金にものを言わせて
現役の医師や新人医師を使って
大学に入ったばかりの兄に英才教育という名の拷問を始めた。
大学の講義、家で家庭教師による指導、
家では常に宿題を解く日々。
受験勉強以上に兄は追い込まれていった。

私と会話することもなくなり
ご飯も部屋で食べるか食べないかの状態になっていった。
そして大学に入ってからの最初の試験はトップになった。
ところが親はそれでも許せなかったようで
遅れているのだから常にトップを取るのは当たり前だとピシャリ。
兄は分かりましたと返事をして部屋に戻っていった。

翌朝、兄が自害しているのを母が発見。
悲鳴を挙げることなく父に報告し父が救急車を呼んだ。
しんでいるというのはすぐに分かっていたのだろうけど
一切救命措置はしなかった。
その後に警察が来たりしたけど
親は淡々と応対してあれよあれよと処理されていく。

私だけが泣くだけで親や祖父母さえも涙を見せず
密葬で済ませて兄は骨になった。
それを父は海に散骨して墓に入れることさえしなかった。
私には兄はいなかったと思えと言うだけで
あとは日常生活に戻っていく親たち。
どうやってもその神経が私には分からなかった。

私は母の指導で
看護師をしながら花嫁修業をしていた。
いずれは父が強引な見合いをさせて
どこかに嫁がせるつもりだと思っていたから
逃げることを決意。

友人に協力してもらい遥か遠くの病院の
看護師募集に応募し採用されたのが少し前。
ようやく今は一人暮らしをしながら
生活できるようになった。
あんな気持ち悪い連中と関わるのは
生きているうちは絶対に嫌だ。
何が何でも逃げ切るつもりだし
最悪兄と同じ道を辿ってでもあいつ等のもとに帰るつもりはない。

決意表明ということで書いた。
お目汚し失礼。


801: 名無しさん@おーぷん 2015/02/01(日)00:06:43 ID:BXl
学生時代に付き合ってた女の話。
両親共に医者で、見た目も言動もいかにも裕福な家庭で育ったという印象の美人だった。
付き合って一ヶ月くらい経ったあたりで、
その子が俺が一人暮らしをしているアパートで夕飯を作ってくれる事になった。
普段はお茶代とか俺が出してたからか
今日の夕飯は全部私が御馳走するねと言ってくれて嬉しかった。
パスタとかサラダとか、女の子らしい物を作ってくれるんだろうなと期待してたけど
作ってる最中から醤油系味噌系の匂いがしてて、アレ?って思ってた。
出来たよー食べよーと出されたのは

・大根の葉っぱを混ぜたご飯
・豚汁系の味噌汁(里芋とかキノコとかが入ってた)
・茹でたササミときゅうりを味噌マヨで和えたもの
・白身の魚とキノコのホイル焼き(緑色のレモンみたいのが添えられてた)
・厚揚げと小松菜と鶏モモの煮物(醤油味)
・小松菜のおひたし

細かく覚えてるのは、彼女がひとつひとつ説明してくれたから。
あと当時の自分の日記(手帳に書いてる)にも詳しく残ってたww
大根の葉っぱは彼女の家に出入りしてる八百屋から譲ってもらったとか(タダで?)
小松菜が余ったからお浸しにしちゃった、かぶってごめんねとか(使い回しかよ)
俺がいつも学食で揚げ物ばっか食べてるから
油をあまり使わないメニューにしたよとか(あてつけか?)
ホイル焼きは薄味にしたけど
物足りなかったらポン酢(スーパーでは見たことない謎のポン酢)を
かけてねとか(じゃあ薄味にしなきゃいいのに)
なんだか嬉々として説明してたけど
俺のばーちゃんが作るメシみたいなばばくささが衝撃過ぎた。
お嬢様だと思ってたけど、意外と貧乏なのかなーとか思った。
別に、お嬢様だから付き合ってたってわけじゃなけど。
その後なんとなく別れっちゃった彼女が
春に結婚するってFBで見て、当時の衝撃を思い出した。
彼女の旦那になる男がビビらない事を願っておこうww

359: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/01/20(金) 20:22:17.31
昔救急車で大学病院に運ばれた時のこと
医学生さん達や研修医に瞳孔確認とか
膝蓋腱反射とかでいじり回された。

真っ暗で動けない喋れないけど全部聞こえてた。
一生植物人間かよくて車椅子ですって言われて家族が泣いてた。
入院中ドクハラ発言も多かった。

家族と恋人が毎日お見舞いに来てくれて、
退院する時には歩けるまで回復して医者に詐病と言われた。
でも一番の修羅場は退院する日、
隣の大部屋の家族の人がやってきて
私だって毎日お見舞いにきてるのに、
うちの人どんどん悪くなるのって泣かれたこと。

570: 名無しさん@HOME 2013/09/22(日) 18:12:39.10
 
八年前私達が結婚式した時に、私側の出席者に私の幼馴染(男20代)がいました。
その当時二十代半ばでしたが、三浪して医大生でした。
その幼馴染がコトメに一目ぼれした。その当時のコトメは綺麗だったんだよ。

三十だったけど出るとこ出てて、でも清楚系だったんだ。

結婚式でも目立っていた。

二十代はモテモテで選び放題だったらしく、おずおずと私が幼馴染の写真を見せて
「医大生だし将来性があるのでどうかな?友達からでもいいって言ってます。」と言ったら
「はあ?医大生なんてまだ医者じゃないじゃん。しかも地方の私立じゃん。
見た目も普通以下だし。キョーミ無いわ。断っておいて。」
しょうがなく幼馴染には「彼がいるって。」とあながちウソでもないのでそう断った。
その幼馴染も医者になって地元に戻って来て、総合病院で一生懸命に働いている。
同じ大学の同級生(女医)と結婚して共働きしている。

結婚式に呼ばれたけど医者ばっかりだった。


最近ウトの調子が悪くて近くの開業医にかかったら、大きい病院にかかった方がいいと紹介状が出た。
その診察科が幼馴染の専門だったので、連絡して相談したら
幼馴染の診察の日に来るように言われた。その日旦那は休めずにコトメが付添で行ってくれた。
診察のあった日に電話がコトメから来たので、あわてて出たらウトの病状なんかでなく
幼馴染と付き合ってもいい!ということでした。コトメはすでに三十八。いろいろ縁談もあったけど
二十代後半を最後によってくる男も縁談も下がる一方。昔を覚えているから適当な男と
結婚したくないといいすでに三十八。いまだに実家で会社員やっている。

ウトが定年になっても生活費も入れないでいるので、トメがぐちるけど無視しているみたい。


幼馴染は奥さんの趣味と激務で痩せて、今はハマカーンの最近結婚した方に似ている。
昔はぼさぼさ頭の小太りのお兄ちゃんだったけどね。

八年前の話でで医者が残っているわけないわね。

273: 愛とタヒの名無しさん 2011/05/24(火) 03:59:58.70
かなり前に参列した結婚式。自分は新郎親族。

新郎は医者。新婦は看護婦さん(看護師という言葉はまだ無かった)。式も滞り無く進み、新郎の挨拶で…
「医者は儲かる!」
会場呆然。続いて新郎、
「トイレで気張ると脳出血!!」

さすがに会場は異様な雰囲気。新婦は完全にドン引きして新郎を見つめてる。


後で分かったのだが、新郎は一目惚れの新婦と結婚できた感激で、せっかく用意した挨拶を完全に忘れてしまったらしい。
「地位は高いが責任重大」と辛うじて思い出したが、緊張のあまり「儲かる」と言ってしまい、パニックの中でとにかく何か言おうとして、今度は脳出血云々を口走ってしまったらしい。


そんな新郎ですが、今では開業医として三人の息子たちに恵まれ、幸せに暮らしています。

引用元: ・***** 私は見た!! 不幸な結婚式 101 *****



このページのトップヘ