勝手


42:名無しさん@HOME2011/11/11(金) 13:03:36.37 0

流れを切って、我が家のウトメをご紹介。
初投稿&スマホからだから、おかしな部分があるかもしれませんが、
ご了承下さい。

結婚してそうそうからいろいろやらかしてくれていたウトメ。

・結婚の内祝いを私達に何の相談もなしに勝手に送る。
・こちらの車の保険の代理店やプランなど何から何まで全て勝手に決める。
・娘の百日記念の写真を勝手に持ち帰る。
・トメの「私はママ、こっち(私)はお母さん」発言。

他にもいろいろあったため、我慢出来なくなっていたので、
少し距離を置こうかと考えていた。
その矢先にウトが旦那に手紙を渡していた。
内容は私について妄想であることないこと書き立てて
「嫁子は人格障害者だからさっさと病院に連れていけ、
もし人格障害と診断がついたら離婚しろ」だった。
旦那は何度も否定したらしいけど、
もうウトメは話が通じない状態だったらしい。
先の手紙を読んだ私が旦那に激しく抗議したため絶縁することに。
旦那はそのまま関係を続けて、
子は自分でいろいろ判断できる歳になったら子自身に判断させることになった。

ウトメと会わなくなってまだ2ヶ月。
まだウトメを思い出して、
どす黒い感情でいっぱいになったり、動悸でワナワナ震えたりする。
早く「ウトメ?あー、そんな人いたねーw」状態になりたい。





365:2005/09/28(水) 22:21:49ID:Ntyct41U
社宅が多い地域で、関係したママ達の最後の一人が先日転勤引越ししていきました。
なのでちょっと前の話ですが、誰かに話したかったので、暇な方はお付き合いください。
長文ウザーな方は、どうかスルーしてください。

よその家の門をあけて、勝手に侵入し、勝手に物を持ち出し、
修復不能にしたご近所のAちゃん。
壊したのはウチの子の車椅子、特注部品が多くて、価格は数十万。

自宅のすぐ前の空き地で、幼稚園バスのお迎え後そのまま遊ぶ集団を
横目に見ながら、子供と外出から戻り、玄関の前で車椅子からおろして、
部屋に運び入れ、車椅子をたたもうと戻ったらない!

慌てて外へ飛び出すと叫び声。
「Aちゃん!それはだめよーーー!やめてーーー!」

声の主は、Bちゃんのママで、叫び声の直後にガシャーンって嫌な音。
Aちゃん(小学生並の体格のいい年長)が車椅子を近くの橋とガードレールの間から
川へむかって突き落とした音でした。(後で目撃者たちに聞いた)
顔見知りのママに娘を見ててもらうよう頼んで、音のした現場に走った。

とにかく必タヒの思いで、車椅子を川から引き上げたけど(車椅子は15キロ)
シャフトが折れ、タイヤが外れ、シートが裂け、押し手は曲がって片方はグラグラ。
搭載してた医療器具には一部流されてしまった部品もあった模様。

川まで結構な高さがあったし、岩が剥き出しの所にぶつかったのも
被害を悪化させたかも。
あーあと思いながら見渡すと、Aちゃん親子はどこにもいない。




830: 名無しさん@HOME 投稿日:2008/02/12(火) 09:39:10 O
今付き合ってる彼氏に籍入れられてた… 
いや、好きだしいずれは一緒になりたいなーと思ってたし 
彼氏の両親とも何度も会ってるけど…… 
「絶対結婚する!」と決意したわけじゃなかったから 
「いずれ結婚するつもりだったんだろ?いいじゃん 
早いか遅いかの違いだよ」 
なんかおかしい


67: 名無しさん@HOME 2014/02/05(水) 14:03:35.84 0
うちのトメもマイナーチェンジするわ。 
出産で留守の間にフルモデルチェンジされたことも。 
トメに何かいっても無駄だから、 
子供のお披露目の時に親戚一同の前で旦那を責め立てた。 
他の女性陣も加わってくれてフルボッコ。 
いたたまれなくなったトメが謝って一件落着w

66: 名無しさん@HOME 2014/08/25(月) 13:22:17.72 0.net
シンママのコトメが仕事で子供の面倒が見られないからと、コトメ子(小学4年男児)を夏休みの間、近所に住む義両親の家に預けていた。

しかしお盆で親戚の接待に疲れた義両親がコトメ子のお守りにギブアップ。
旦那が勝手に夏休み後半は我が家でコトメ子の面倒見るよ、と約束しやがった。

我が家はコトメ家と義実家からは車で30分くらいの場所にある。
コトメは車を持っていないので、
私にコトメの家までコトメ子を迎えに来てほしいという。

私は、旦那が勝手に約束したんだから、
あんた迎えに行きなさいよと言ったが、
旦那は仕事に遅れるからダメだと。 

じゃあ結局私が迎えに行かなきゃならないじゃん。
そんなこと初めから考えればわかるじゃん。 
だったら最初から私に一言相談して決めてくれたっていいじゃん。




このページのトップヘ