勘違い

307: 名無しさん@HOME 2008/08/20(水) 18:56:38 0
トメに「嫁子ちゃんもたまにはおしゃれしたら? 
ホント地味だなっていっつも思うのよ。コトメちゃんみたいに可愛くしたらいいのに」って言われた。 
コトメは30歳にしてギャル、まあコギャル世代から抜けられない女。 
友達はギャル男と出来婚、コトメは途中流産して男に逃げられ、 
未だ独身、やりまくって病気持ち、中絶もしてる。 
だけど「子供産むと老けるーwちょー受けるw私超わけーw」とか言ってて 
正直本当に痛々しい。 
まともで普通、大卒の夫の姉とは思えない切れっぷりで
トメもTVの友達母子をやりたいのか、一緒に出かけてバカみたいな服を買ってくる。
私の友人がたまたま夫実家近くの総合病院の跡取り息子と結婚した。
それを聞いたコトメ、唖然として
「ちょwwありえなくね?wwアタシあった事あるんだけどww
飲みに行ったことあってぇwwww全然なびかなくって超引いたwwww
つーかアタシの方がいい女なんですけど?ww」 と言ってきたので
「ありえます。いい年して腹だの背中だの出して
いつでもセックスできますって態度の女と結婚したいなんて思う人いません。
ましてや跡取り君はいい家の人ですから、
一生一緒に居る妻はセクシーなおばさんより上品なレディでしょうね。
ましてやセクシー期限をとっくに過ぎてるのに勘違いしたおばさんじゃね…」 と言った。
トメ激怒して「コトメちゃんはまだまだ綺麗よ!!」と言ってきたので
「年の割には、確かに。トメさん、夫君の嫁が一年中肌さらして
パンツ見えそうなスカート履いて、今時金髪のガングロで、
はぁぁぁー?チョーありえないんっすけどぉぉ!が口癖の
病気持ちの中絶を2回もした女だったら嬉しいですか?」
と聞いてみた。トメダンマリ。
コトメやっと、やっと!!自分がどういう人間なのか分かったようだ。
「○○(ギャル系服屋)で働きたいぃぃ」とかわめいてたけど、
工場に勤務するらしい。髪も男向けに茶色にするとか。
トメも上品な奥様系の服を着るらしい。今更遅いわ、馬鹿親子。
 


624: 恋人は名無しさん 2010/06/07(月) 21:05:10 ID:NM0NprWn0

カップルとは違うけど、恋愛が絡んだいざこざを投下。 

太郎と私は同じサークルで、趣味を通した友達。(サークルと趣味は別ジャンル) 
その趣味は私たちの周りではあまり人気がなかったので 
ようやく会えた同じ趣味の友達が出来て、二人してはしゃいでいた。 

2年になった時、新入生の一人に同じ趣味を持つ花子がサークルに入ってきた。 
やはり人気薄な趣味を共有できる仲間?に出会って、私・太郎・花子は行動を共にするようになった。
ときどき展示会が開かれる美術館があり今回のGWもそこに行こうという話になったのはいいんだけど、 
その美術館は車で行く距離のため、レンタカーを借りて行くことになった。
運転は太郎、助手席は私、後部座席は花子。
(花子だけが車の免許証を持っていなかったため、こういう座り方になった。)

行きは特に問題なかったが、問題は帰りだった。
「~のーって作品よかったね」という会話に、花子が「別に、あっそ、へー」みたいな言葉を発し始めた。
私は、(花子ちゃん疲れちゃったのかな?私と太郎がはしゃぎ過ぎたから合わせるのきつかったろうな)としか考えられなかった。

いつもだったらカフェとかに入って話したりするんだけど、その日はそのまま解散となった。


464: 名無しさん@HOME 2013/01/24(木) 13:55:52.35 0

ひいじいちゃんが大往生した。

ちなみに、自分の名前はひいじいちゃんから貰っているので、名前が似てる。
一郎か一朗の違い。
施設に入っていて、一緒に住んではいなかったけど、葬式をうちのじいちゃんが出すので、
お悔やみ欄はうちの住所だった。

自分はインフルエンザで学校を欠席してた。

欠席中だけど、母ちゃんが学校に不幸があったので休みます。と連絡した。

受けた事務の先生が気を利かせて、お悔やみ欄チェック。
担任に、俺君のうちで不幸が、名前が俺君何ですけど。
この時点で、家に電話がたくさんあったらしいが、誰もいなかった。
そして、通夜には学校から花輪と校長、担任まで来たそうだ。
自分はおばさんとこで隔離されてた。

在校生がいきなり死んだと思った学校も修羅場だけど、
通夜に行ってみたらヨボヨボのじいちゃんで、参列した校長、担任も修羅場だと思う。
ただ、ひいじいちゃんは学校を作った時にグラウンドとか、石でゴロゴロしてたのを普請したとか、
通学に便利なように橋を作る陳情をしたとかよく聞いていたので、
校長が来てくれたのは、良かったと思う。

担任はおれの母ちゃんに、ツンデレだとばれた。

482: 名無しさん@HOME 2012/11/19(月) 11:48:08.67 0

みなさんと比べるとぷちかもしれません。
当方50代です。幼いころの話なので、また聞きも多くつじつまがあって
ないこともありますがご容赦ください。
私が3歳のころ両親が離婚しました。父に引き取られて父の生家に戻り
祖母が主体となり育ててくれ、母がいないことはあんまり実感しないで
暮らしてました。父も祖父母も母の話題を一切出さないし
子供心に聞いてはいけなんだと思っていました。
自分の赤ちゃんの写真も一人で写っているものはありますが
母と写っているものはなく、母の面影も覚えてないので母は幻でした。
私が小学校に上がるときに、父が再婚することになりました。
近所の父の幼馴染の人で私もなついていましたし誰にも反対されずに
結婚が決まった時に、実母が尋ねてきました。

その時私は家の敷地で友達と遊んでいました。その友達は近所の子で
大の仲良しで幼稚園でも家に帰ってもいつも一緒に遊んでました。
名前は光江ちゃん(仮名)。私は美香子(仮名)なので紛らわしくて
友達はみっちゃんで、私はカコちゃんとみんなに呼ばれてました。
偶然ですがみっちゃんにもお母さんがいませんでした。
みっちゃんも離婚で、お母さんは離婚するときに再婚相手が決まって
いたので一歳のみっちゃんを引き取り拒否したそうです。



このページのトップヘ