勘違い男


250:彼氏いない歴774年2009/08/06(木) 04:32:16 ID:XU91IQ3Z
一昨日友人に誘われて行った合*ンで一度会っただけの男から昨日いきなりこんなメールがきた

相手のスペックは自称デイトレーダー(25)の喪男
合*ンでは30人斬りしたとか自慢していたけど、
容姿は水木しげる作品に出てくるモブキャラみたいな残念顔で短足

You are the sunshine of my life. Without your warmth, my life would be very dark and cold.

このメッセージの意味わかるかな?

…Ohそうだったそうだった 喪女ちゃんは英語苦手って言ってたっけ
ビギナー級の喪女に分かりやすく訳すとね
つまりこういう事ね(電球の絵文字)

『君は、僕の人生の輝く太陽さ。
君のぬくもりがなかったら、僕の人生はまっくらで冷たいものになってしまうよ。』

ちょっと純日本人には難しかったかな(;^_^A
俺みたいに英会話教室に3年通えば此れくらいわけないんだけどな〜
ジオスに通ってから人生変わったもんな〜俺は♪
やっぱりGlobal社会を生き抜くには英会話大事だよね!
まぁ言いたいことはわかったよな?

まぁ、もっとわかりやすく言うとこういうことね

You are the sun and I am the moon.
I am ever attracted to you.
If not for you, I would drift endlessly through time.
Would you allow me to ask for your hand in marriage and be my wife.

おっとごめんよ(^人^)
ついつい英語で出ちゃうねは悪いクセ(舌だしてはにかんでる絵文字)
訳すとつまりはこういう事なんだよね

『君は太陽で僕は月。
僕は、ずっと君の魅力に取り付かれっぱなしさ。
もし君がいなかったら、僕は、永遠に時に流されるままだったよ。
君にプロポーズし、僕の妻になることを承諾してくれない?』

まぁ、これはちょっとオーバーすぎるかな(笑)
取り敢えず結婚前提の付き合いをしようよ(^^)v
どうせ彼氏いない干物なんでしょ?(笑顔の絵文字)
喪女ちゃんむ*大きいからすきなんだよね〜♪

午前中は寝てることが多いから取り敢えず夕方〜夜の間に返信すると良いよ
?時以降は寝ちゃってるから返信されても迷惑だから頼むよ(^m^)b

「アドレス交換してないのにうん*メール送ってくるなカス」と返信したかったが無視した

自称デイトレーダーなのに午前中は寝てるって何なの・・・・




859: 名無しさん@おーぷん 2017/03/24(金)01:08:17 ID:OxN
身長が165~170センチぐらいで極端なデブガリじゃなきゃ良。
ベリーショートの似合いそうな切れ目の女性。
お酒飲める人。
年収、貯金特に問わず(子供作るなら共働きして欲しいかも)

高望みし過ぎ?
俺が185近くあるから長身な女性と付き合いたいし、
結婚も視野にいれた付き合いしたい。


603: おさかなくわえた名無しさん 2010/11/02(火) 08:08:02 ID:7wb/W+Oa
俺、自分が勘助のレッテルを貼られたみたい(TΑT)

どうして?あんなに仲良かったのに。
彼女の方から聞いてもいないプライベートなことや
体のことなんかを色々話してきて
どうしてそんなに俺を信頼してるのかと不思議だった
思い切って好きと言ったらこれだよ・・

やっぱり俺が既婚だったからかな
勘助と一度レッテルを貼られた男が
その後ジェントルマンに生まれ変わった場合、
汚名返上できる確率は何%?

62: おさかなくわえた名無しさん 2013/01/19(土) 01:52:32.78 ID:oIiVgRJo
>見た目が気持ち悪い勘助は周りも共感を得る事が出来て、助けてもらえそうだが
>見た目がカッコいいと、周りに信じてもらえなかったり、逆に要らぬお節介なんやらが起こりそう・・・ 

うーん、ブサイク(失礼)勘助にしか会ったことないけどサイコ的ななにかは感じたよ 
目が虚ろなんだけどギラギラしてるっていうか…二人しか遭遇したことないけどどっちもそうだった 

でも後者は良く分かる 
ヘタすると向こうの味方につかれかねないし、大事だと思ってもらえなさそう 
その点相手の容姿が冴えなかったので私の言い分を信じてもらえたのは幸いだった

195: おさかなくわえた名無しさん 2013/01/30(水) 14:00:59.35 ID:9m1TNidB
本気で嫌いなのに!信じてくれない‥ 


「俺への悪口や不満が、まだに出るってことは 
キミの中では俺の存在が 
まだまだ消えてないってことだね!嬉しいよ!」 


‥‥‥ 
もう呆れを通りこして怖くなってきた


このページのトップヘ