動物

375 :育児まとめニュース 2012/11/14(水) 13:37:57 ID:sZ2Gkdw50
872 名前:おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2012/11/14(水) 11:49:33.16 ID:iijsXqhb
さっきスーパー寄ったんだけど、
買った物袋に入れる台で隣になった若いにーちゃんが電話してて、
「え?今いっぱい買っちゃったよ?どうすんだよー
○○(誰かの名前)もかあちゃんも買ったの?聞いてから買えよー」
とか話してたから、カゴの中見たら
シーバ子猫用が大量に入ってた


664 :育児まとめニュース 2019/05/10(金) 22:26:53 ID:kW3Q4dVg.net
動物に対してきちんと接する事ができない子供と、それを笑ってみている親
猫を大きい声をだして追いかけたり
犬を触るときに上から手をだしたり
毛を引っ張ったり、小動物にたいしてもなんの知識もない
どんなに酷いさわり方や、接し方をしても「動物すきなうちのこ可愛い」で終わらせる馬鹿親が大嫌い
動物園にもペットショップにもこないでほしい

584 :育児まとめニュース 2013/12/10(火) 16:28:44 ID:urha3rzD0
13 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:2013/12/10(火) 15:28:19.52 ID:umN9p0lI
おかーさーん。この子迷子みたいなのー。お腹すいてるみたいだからごはんあげてー。

と玄関から当時小学3年生だった娘の声が聞こえたので。
また何か拾って来たなぁと玄関向かったら牛がいた。
これまで犬や猫はおろか兎に狸に鷹まで拾って来た娘だけど。
まさか牛まで拾って来るとはお母さん想像もしてなかったよ。

724 :育児まとめニュース 2013/06/02(日) 16:54:57 0
自分の最大の修羅場、ちょっとフェイクあり。

私は某情報産業で働いているのだが、
仕事のため海外に行き象を撮影をすることになった。
数名のクルーで出発、象の保護施設で順調に撮影していたが
その撮影の主役になる人が「子象だけの画がほしい」と言い出したので、
子象だけを2匹ほど連れて、施設の駐車場のようなところで撮影をしていた。

しばらく撮影をしていたら、子象は心細くなったのか情けない声で鳴き始めたが、
「あ~もうちょっとだからね~、っつっても日本語わからないか」
と我々は和やかに撮影を進めていた。
しかし、あとちょっとで撮影が終わるなあ、というときに、
ドドドドドという音がして、数匹のでかい象がこちらに向かってきた。

駐車場の柵にガンガン体当たりしてきて、これはヤバイと思っていたら
柵は金物を編んだようなものだったのであっけなく破れてしまった。

458 :育児まとめニュース 2014/06/30(月) 16:04:39 ID:WG8VexHjM
私の娘が9歳のとき、押し入れをじーっと見ていることが多くなった。旦那も姑もそれに気がついていて、娘に何を見ているか聞いてみるが「たーくん」としか答えない。
ただひたすら押し入れを凝視しながらニコニコしている。その押し入れを見ても特に変わった様子は無い。

ある日、姑が「ねぇ、嫁ちゃん・・・」と神妙な顔をしながら話しかけてきた。
娘があの押入れのある部屋で誰かと会話しているという。初めは私と会話しているのかと思ったそうだが、
部屋を覗いてみると誰もいない。またしても押し入れに向かって微笑みながら何かを見ている。

以後、私 姑 娘の会話。

私「娘ちゃん、誰と話してるの?」

娘「たーくん」

姑「たーくんはお友達なの?」

娘「出られない子なの」

私「出られない?」

娘「うん、出られない」

いよいよホラー的な何かを感じた私と姑は、旦那の帰りを待ち押し入れの中を隅々まで調べて貰うことにした。


718:おさかなくわえた名無しさん2005/12/19(月) 01:04:34 ID:exsUqj37
前に道路のど真ん中で犬がひかれてタヒんでるの見つけて
この状態だと何度も車にひかれるだろうし、それは気の毒かなと思って
移動させて埋めた事があるんだけど、それを知った知り合いが
「動物がタヒんでても可哀想って思っちゃいけないのよ!
 動物っていうのはね、可哀想と思ってくれた人に憑くんだから!!
 だからあんまりそういう事はしちゃダメ!!!」
って自信満々で教えてくれた事があった。 




763: 名無しさん@おーぷん 2018/05/07(月)15:17:02 ID:???
キィイー!聞いてくださいちょっと聞いてください!
今さっきクリーニング店に夫の喪服を預けに行ったら
店員の人がすっごく嫌そうな顔で「動物の毛がついているものはお預かりできません」
って言うんですよ

でもうち動物飼ってないんです
喪服の横にフェイクファーが袖とかに使われてるコートがあったからかな?と思い
店員さんにもそう伝えたんですけどと
ハイハイみたいにため息つかれて
「まぁ今回は見逃しますけど、次からはお預かりしませんから」と信じてもらえず・・・

こちらも嫌な気分になって「じゃあいいです」って喪服取り返してお店を出ようとしたら
「どこも預かってくれないと思いますけどねぇ。保健所に立ち入られるし、迷惑なんで」
という捨て台詞を背中に食らいました

車に戻って確認したけれど、欲しい毛らしきものがちらほらとついてるだけなんですよ
黒い服を着てウロつくと ついて当然のほこりっぽさというか・・・
その足で別の店舗に行ったら何も言われずそのまま引き取ってもらえました

なんだったんだよ!なんだか嫌な気持ちが収まらないよ!キイイ!
店員さんの隠れジミ一気に出ろ!




894:名無しさん@おーぷん2016/05/20(金)09:25:48 ID:87O
なんとなく思い出した小学校低学年の頃の話。
長文愚痴すみません。

私の通っていた小学校は毎年ある絵画コンクールに応募していた。
全校生徒がテーマに沿った絵を描いて先生が皆の分をまとめて応募する。

その年のテーマは「動物の絵」

友達はペットの絵を描いたり親に動物園に連れてってもらって絵を描いたり、
外にいる野生動物の絵を描いたりしていた。
私はアレルギーで動物に近寄れなくて、空想で絵を描いた。

そうしたら私の描いた絵が入賞した。
私が描いたのは猫の親子の絵。
お母さん猫に寄り添う子猫、お母さん猫はお魚をくわえていて、それを子猫に与えようとしている絵。

それが自分でもビックリするくらい大人達に絶賛された。
街で発行される冊子に載ったり、偉い人がわざわざ学校に来て表彰式をしたり。
「こんなあたたかい絵を描けるのは日頃お母さんと素敵な関係を築けているからだね」みたいな言葉を貰った。

母親も町内のスーパーに行けば周りの大人達に声をかけられていたらしい。
「娘さんの絵とっても素敵ね」とか「育て方がいいのね」みたいな事をたくさん言われた、
鼻高々だわ!と喜んで私に報告してきた。

私自身も大人達に声をかけられた。
素敵な家庭、素敵なお母さん、素敵な関係。
皆が私の家を褒めていた。
私は「大人はなにもわかってない」と落ち込んだ。

あの絵は私の憧れで希望で妄想を詰め込んだもの。
私の母親はパ*ンカ/スで、
街の人達に見つかったらうるさいからってわざわざ遠くのパ*ンコ店に行っていた。
ギャ/ブルが向いていないのか、だいたいが負けるかプラマイゼロ。
勝てた日はゴキゲンだけど、そうじゃない日は八つ当たりの嵐。私を叩くなぐる蹴るつねる。
服で見えない場所は常にどこかしらに痣があった。

母親が私に触れてくれた記憶はほとんどない、しいて言えば暴*の時に触られる程度。
食事はたまにしかくれない、くれてもお米とお惣菜1個。給食が生命線。

母親の機嫌が悪い時に私が絵を描いていたりブロックで遊んだりしていたら怒られ蹴られる。
だから黙って部屋の隅っこで体育座り。母親の機嫌が治るまでずーっと。

大人達はなにも知らない。
絵を見て勝手に幸せで素敵な家庭と決める。
私の願望を描いたたった一枚の絵が、ここまで私の家庭の汚さを隠すものになると思わなかった。
オチはない、ごめん。お目汚し失礼しました。



このページのトップヘ