処女


115: 名無しさん@おーぷん 2015/02/08(日)21:08:47 ID:ko8
暴力あり。

うちの親父が、俺の娘に半年以上セクハラをしていたと今日はじめて知った。
身バレしてもいい。フェイクなし。
親父は72歳。校長まで勤めあげた、今でも先生先生言われてるジジイ。
娘は13歳中学生。俺から見てもおとなしくて内気な子。
恥ずかしい話だが親父は俺の嫁が若い頃にも、セクハラまがいの冗談(と親父は言ってる)を
しょっちゅうかましていた。
「若いから乳が張るだろう~」と両手を乳モミモミの形にして追いかけ回したり
泊まりに行ったら「メンスなら、ナプキンは持ち帰ってくれよ。家が生臭くなるからなワッハッハ」
と飯食ってる最中に言いだしたり、
俺が結婚した途端に誰だこの工口オヤジ?っていうキモイ言動をするようになったので
しばらく疎遠にしていたという過去があった。



534: 1 2014/02/17(月) 13:22:04.40 0
既婚男です。
高校生の娘が処女でない事が確定した。
風呂場の棚にボディケアのチューブが各種置いてあって
やれ角質取りだの脂肪取りだの塩だのむだ毛取りだの、
家族全員が使う棚なのに恥ずかし気も無くズラリ。
高校生になった頃からその中に
胸を大きくするクリームやらが混ざり始めた。
まあそこまでは良い。俺が口出しする事でもない。
しかしいつしか「陰毛を柔らかくするクリーム」が
その棚に仲間入りした。そんな物あるんだな。
そして、陰毛柔らかくする必要性って一つだよな。
俺は膝から崩れ落ちたよ。まだ17歳なのに。
しかし男親から思春期の娘にそんな事言えない。
いっとくが細かく棚をチェックしてたんじゃない。
見えちゃうんだよ、俺のひげ剃りクリームの隣にあるから。
で、妻に話した。妻はゲラゲラ笑いながら聞き流した。
あんた、絶対に娘にそんな事言っちゃ駄目よ、
見なかった事にして忘れなさいよ、って言われた。
しかし女親としてなにか娘に言うべき事は無いのか。
そんな中でも陰毛を柔らかくするクリームは
日々消費されていて、俺は胸が痛かった。
妻に、娘にそれとなく注意するよう言ったら
逆ギレされた。気持ち悪い事言うな!見るな!ってさ。


85: 名無しさん@おーぷん 2014/09/12(金)01:57:59 ID:nF2qZPfgp

私が夫にとって最初の女だと夫に信じ込ませてること。
学生時代に数年付き合った人と何度も、行為にチャレンジしたけど
痛くてどうしても無理だった。結局その人とは別れた。
次に付き合った人と初めてした時、ちょっと痛かったけどあまり抵抗はなかった。
最初の人と最後まではできなかったけど、もう初めてではなかったんだと思っていた。
2人目の人はよく求めてきたし、それに応じてた。
だけど、挿/入感がまったくなく気持ちいいとかも思ったことがなかった。
勝手に腰振ってるだけ。今考えたら大きさの問題だったこと。
結婚の話も少し出たけど、こんな性生活が一生続くのは嫌だと思って別れた。
数年して婚活サイトで知り合ったのが夫。
スペックは良かったけど、共働き希望だった。
正直これ以上は望めそうになかったから共働きも妥協した。
最初から結婚を意識してたし、前回の経験から身体の相性も大切だと思っていたので
婚前交渉。鋭い痛みと共に出血した。
呆然とする私を見て、夫は感激してそのままプロポーズされた。
しかも、世間すれしてなさそうだから家庭に入ってくれていいよ!と言われ即OK
のんびり専業させてもらい大切にして貰ってますが、過去の男性話は口が裂けても言えない。

119: :2012/06/09(土) 12:28:45.34 ID:
嫁(26歳)が二人目を妊娠中、俺33歳。
先週末に今春大学を卒業したばかりの22歳新人のVGの子と交わり、無事に貫通させました。
120: :2012/06/09(土) 17:46:07.39 ID:
よくもまぁ~そんな酷い裏切りが出来る女を嫁にしたもんだ

333: 本当にあった怖い名無し 2011/10/18(火) 11:05:13.12 ID:i0sItNAX0
小学校5年生の時の話
父の実家は地方の山の中の集落にあった
あまり親とうまくいってなかった父は大学進学と共に殆ど帰らなくなったそうだ
けれど結婚して私が生まれて少しだけ交流が復活した
といっても2年に一度くらい1泊で帰るくらいで、私自身祖父母の印象は薄い

小学5年生の時に生まれた弟の顔見せの為に久しぶりに父の郷里へいった
祖父母の自宅に泊まるのだが、父は親戚宅の用事が長引いて帰れなくなったため
母と自分、0歳児の弟だけが泊まることになった

その昼から集落は賑やかで祭りがあるとの事だった
私は出店を期待してワクワクしていたのだが、神輿や白い旗?をふりまわす
男の人がいるだけでたいして面白くもなかった


このページのトップヘ