冤罪

685: 1  2014/04/02(水) 12:50:56.07 ID:PQMdYxxX
ありがちな痴漢冤罪系の修羅場に遭遇した話

俺は当時学生で、ほぼ毎日が電車通学だった
なので当然他の常連というか顔なじみも出来る。
ちょい派手めなJK集団とかくたびれたおっさんとか、
密かに狙ってた綺麗めの女の子とか。

その常連メンバーの中に、
いつしかイレギュラーな野郎が紛れ込んできた。
イケメンだ。

イケメンはその言葉通りイケメンで、
俺はこいつがあまり好きではなかった。
乗ってきた瞬間にJK集団が好奇の目で騒ぎ始めるし、
密かに狙ってた(以下略)がすげー挙動不審になるしで、
男としてもイケメンの存在は全く面白くなかった。
つか嫌いだった。

ある日、いつもは固まってるはずのJK集団が
何故かバラバラに乗車してきた。
喧嘩でもしたか?と思ったが特に気にも止めないでいると、
既に乗車していたイケメンの隣に一人がそっと近寄った。

ちなみにイケメンの定位置は先に乗車し、
座席を確保している俺の正面のつり革だ。
しばらくはいつもどおりガタガタと揺られていたが、
突然、イケメンの隣のJKが
「痴漢!この人痴漢です!」と騒ぎ始めた。
そして、何故かイケメンの腕を掴んで振り回していた。

騒然とする車内。集まるJKの仲間たち。
そして「私も見た!」とお決まりの展開に。

一方イケメンは冷静な顔で否定。
こういう時もイケメンはイケメンだった。畜生イケメンめ。


185: おさかなくわえた名無しさん 2012/05/22(火) 23:57:03.42 ID:sqjCr5O/
自分が痴漢冤罪に会ったこと。 
ちなみに当方女。身長170超え、骨太で見た目は男。 
コンプレックスだけど気にしないようにしてた。 
友人たちはわかってるからそれがありがたかった。 
ある日満員電車に乗ってたら突然右手を捕まれて「痴漢!」と叫ばれた。

えええ!?となって相手を見たら、30歳後半くらいの女性。緑色のニットにミニスカート、網タイツ、ゴリゴリのつけまつげしてた。
高々と私の手首を上げて「痴漢ですこの人!あたしのムネ触った!」
でかい声で怒鳴る怒鳴る。

102: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/08/18(日) 11:40:41.84
某デパートで万引きGメンのオバハンに万引きに疑われた上にいきなり肩掴まれて脈絡もなく「出せ」って言われ、
変質者かと思って抵抗したらどてっ腹に膝蹴りブチ込まれて腕を捻り上げられ、スタッフルームらしき場所に引きずられた挙げ句に
「お前は見るからにやりそうな顔してんだよ」とか
「万引き犯は見ればバレバレ、とっとと白状しろ」
と怒鳴り散らされた末に

たまたまそばにいたらしいピザ山さん(…としか形容が表現しようがない男の人だった)が別の店員に
「女性が変質者に暴行を受けている」と駆け込んで証言してくれたおかげで結局疑いは晴れたが、Gメンのオバハンは謝罪するどころか
「紛らわしい真似をするな。次ふざけた事しやがったらただじゃ済まさんぞ」と逆ギレされた挙句に
ピザ山さん共々デパートを叩き出された。

突然のことだったので録音するヒマはなかった。
後に本社に電話で抗議を入れても「はいはいwww乙www乙www」って感じでグランドスルーされた。

今年になってそのデパートが潰れたらしいので厄落としに書き込み。

ちなみにピザ山さんは叩き出された後「…元気出せ」と言って去ってった。

422: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/08/11(月) 16:43:11.44
電車内にて 
俺「……。」(JKの腰あたりに携帯向けて)ジーー、パシャ。 
JK「…ッ!」 
嫁「(俺の腕ガシッ)…次の駅で降りましょう。」 
俺「えっ!?あ、いや!ちがうよ!?」 

ゴミを見る目つながりで俺も。 
いまだに嫁に睨まれると肝が冷える。


226: 名無しさん@おーぷん 2014/05/16(金)17:40:35 ID:???
先日話題の痴漢冤罪に遭遇したこと

俺は大学生で電車通学なんだけど、朝の満員電車でデブスなJKが
右のオッサンに尻を触られてた
おとなしく触られてる様子だから騒がれたくないんだろうと察して
俺も特に注意はしなかった

しかし数駅して突然「やめてください」と後ろのイケメンを攻撃
「え?」みたいなイケメンに「もう触るのやめてください!」と続ける
デブスJKを触るはずもないもないイケメンは、動揺した様子でありつつも
丁寧にあくまでも紳士的に、スマホをいじっていたから両手は塞がってたこと、
触りようがないことを説明するが、デブスJK納得せず

仕方ないので斜め後ろにいた俺が「その人本当に触ってないですよ」と助け舟を出した
でも「ずっと触られてた!」と納得しないJK
関わりたくなかったけどイケメンが冤罪に陥れられるのは余りにも気の毒なので
「いや、触ってたのは隣のオッサンで、後ろの人はずっとスマホ触ってましたよ」と説明した

JKはそれまでどこを触られたということは一切言ってなかったから
そこでやっと俺の目撃証言を信じた。がそのJKはイケメンに謝るどころか
「じゃあなんで捕まえてくれなかったんですか!」と怒りの矛先を俺にチェンジ
オッサンは、イケメンに注目が集まってる間にとっくに逃げてた
JKは俺のせいで犯人が逃げたと俺を責める責める


このページのトップヘ