写真


936: 可愛い奥様 2016/12/26(月) 14:24:21.31
30代主婦です。相談です。 
今年の始め頃、独身の40代の友人の連絡が数日つかず、
そのあと自杀殳したらしいと伝言で聞きました。

別の知り合いが警察経由で親族に連絡をとったらしいのですが、
そのときはまだショックでなにも連絡できないと言われたそうです。 

ただ、その知り合いはどうも自杀殳の原因と関係あるらしく、
私も普段一切付き合っていません。 

自杀殳の話が本当かも私は知らないので、年始に寒中見舞いとして手紙を届ければ、
転送で実家に届いて、ご家族と連絡がつくかと思いますが、非常識でしょうか。 

私の子供もとても可愛がってくれて、写真もあり、
ご家族の気持ちが落ち着いているようであれば是非みていただけたら
と思います。 

果たして手紙を送ってもよいか、またどういう体裁で送ればいいか、
アドバイスをいただけませんでしょうか。





746:おさかなくわえた名無しさん2008/02/26(火) 00:16:03 ID:yZuM3izi
我が家で長年飼っていた愛犬が天国に行って数年経ち、
写真も何枚か残ったけど特に犬の写真だけ分けてアルバムなどに入れることはしていなくて
この際だから写真集っぽく手作りで作っちゃおうと思い
厚手の紙に子犬の時からの写真を順番に貼り、
写真下に[○○(犬の名) 1才・庭にて]
みたいに手書きコメントを付けて、まとめて1冊の本っぽくした。
それを、口うるさい親戚の叔母が家に来た時に本棚にしまっておいたのに
目ざとく見つけられて「なぁにこれ?」と。
手作りで作った経緯などを話すと
「こういうの作るんだったらさぁ、うちの近くの写真屋に写真持っていけばちゃんと製本してくれるよ?
こんな汚い字じゃなくてちゃんと文字も印刷してくれて。
これじゃあ人に見せられないわね、アハハw」
と笑って本をポンッと投げて置いた。
誰も他人に見せるために作ったわけじゃないんだし
自分の手で作りたかったのに、勝手に見ておいて自分の意見押し付けられても・・・
こうすれば良くなるとかアドバイスならいいけど、こういう言い方ムカつく。




786: 名無しさん@おーぷん 2016/09/01(木)23:49:07 ID:zkT
大学卒業後にサークルの仲間が集まる機会があったんだが、
ぜったいに来ないだろうと思っていた女(Aさん)が参加してた。
「えっ、なんで参加できるの?」と驚いたよ。

Aさんは大学在学中、ネ果写真が流出してしまった。
どうやら彼氏(元カレ?)がバラまいたらしい。
ばっちり行為中の写真とか、Aさんのだいじな所がうつってるえげつない写真もあった……。

今みたいにリベンジなんとかの法律がなかった時代だし、
写真が貼られたのも仲間内の専用掲示版みたいなところで、
そのためか大きな問題にならなかった。

でもその後、Aさんは大学を休みがちになって、
そのまま休学か退学みたいになってしまった。
当然、サークルにも来なくなった。
(バラまいた男はすでにサークルを抜けていた。)

こんな事件があったにも関わらず、
Aさんがサークルの同窓会に出席していて、本当にびっくりした。
男性陣も少なからず掲示版の写真を見たはずだし、
女性陣もふくめて、参加者はみんなが気まずそうだった。

もちろん被害者がコソコソと隠れる必要はないのだけど、
私がAさんだったら、つらすぎて絶対に参加したくないよ。

彼女はいったい何を思って参加したんだろうかと疑問だ。




455:名無しの心子知らず2014/11/04(火) 18:12:53.76 ID:Re5j8Jej
うちの姑舅は高齢(79歳)で、田舎だけど名士といえば名士。
なので、周囲に対する態度がよくも悪くも天皇陛下ご夫妻みたいです。
あらゆるイベントや外出などでわたしたちは召使、カメラマン。
決して皇太子夫婦扱いではありません。

で、義両親はわたしの写真をぜったいに撮らないんです。
じぶんたちは撮られるためにポーズをとるし、
息子ちゃん(わたしの夫)の写真はたまに撮る。
だけどわたしの写真は撮らない…。

先日、わたしたちに子どもが生まれたけど、
わたしの写真はやはり撮らない。

意を決してデジカメを渡して
「わたしと子の写真も撮ってください」と言ったら
「シャッターがおりない、故障してる」と言われました。

故障なんてしていません。
なんだろうこれ、地味に堪えるんですが。





1:名無しさん@おーぷん2018/02/06(火)06:19:48 ID:Cyg(主)
布団かけてくれないどころか写真撮って見せてくる男子の心理が真剣にわからん
という愚痴





526: おさかなくわえた名無しさん 2017/11/16(木) 12:03:15.59 ID:ZZLZVEco.net
学生のころから仲良かったグループがあった。私入れて4人。全員20代後半。 

そのうちの1人Aが事あるごとに私の変顔の写真や際どい写真をSNSに載せる。
確かに私はずっといじられキャラだったんだけどね。 
その都度やめてといっても、
「学生時代は良かったのになんで今はダメなの?裸の写真じゃないからよくない?」と。 

普通に撮った写真を私が知ってる人しか見れないように投稿してくれるならばまだしも、
鍵かけてないツイッターに投稿されるのは本当に嫌だと切実に訴えても聞く耳持たず。
「みんな笑ってくれてるんだからいいじゃん」だってさ。 
結局最後には「(私)に消せって言われたから消しまーす」と
私を悪者にした投稿をしてから消す。 

そして最近私が結婚したんだけど、内祝いに前撮りの写真と新しい住所書いたカードを付けたら、その写真もAはSNSに投稿した。しかも住所、名前も隠さず。 
一人一人に手書きのメッセージ書いてたんだけど、Aの投稿に対して仲良かったグループの1人Bが私のはこんな感じだったよ、とまたもや写真。 

ここでキレたのが私の旦那だった。

旦那も同じ学校だったのでAもBも知り合い。 
Aには私だけじゃなく旦那にも迷惑かけていること、
仮にも妻だから妻のこと悪く言われると私はもちろんだが旦那もいい気持ちしないこと、
どこで誰が見ているかわからないから本当に辞めてほしいこと、いい加減大人になれ、と旦那が説教。 
Bにも軽くお灸すえました。 

旦那に言われたことが相当効いたのか最近は写真をつけた写真は投稿してない。 
Aだけ絶縁も考えたがグループでの付き合いだったので、
そうなると他の2人とも絶縁しなくてはならないと思うと私にはしんどかった。 

来週このグループで飲みに行く予定なので、
その時Aから謝罪がなければこれからの付き合い考えろって旦那に言われた。 
若干飲みに行くのが憂鬱…。




108名無しさん@おーぷん 2015/02/15(日)18:15:24 ID:SSa
リアルでは相談しにくい話なのでネットで相談させてください。

うちは共働き子なし夫婦です。結婚2年目です。
夫30歳、私24歳です。
夫の友人夫婦に赤ちゃん(女児)が生まれ、夫がお祝いを持ってお邪魔してきました。
私は仕事があったため行きませんでした。
帰宅してきた夫が「赤ちゃんを撮ってきた」と携帯電話のデータを
見せてくれましたが、その中に赤ちゃんのおむつ替え中の下/半身の画像がありました。
下品な話ですが、大事な部分が完全に写っていました。


【前編はこちら】

666: フォトコン ◆kjzoqoUdLw 2008/04/04(金) 17:24:00 ID:08nAVBzqO

すいません。ごめんなさい


【後編はこちら】

438: フォトコン ◆kjzoqoUdLw 2008/04/04(金) 11:43:48

長いので分けます 
【差し支えの無い範囲で以下の情報提供を】 
 ・詳しい悩みの内容(必須) 
  逃げられた訳では無いが、嫁がおかしい。今までは明るく家事もこなしていたのに 
  ここ一週間口も利かず目も空ろ  
         
 ・最終的にどうしたいのか(必須) 
  前の嫁に戻って仲良くしてほしい 

 ・相談者の年齢と職業、収入 
  俺36歳年収1200万 自営業 

 ・配偶者の年齢と職業、収入 
  嫁31歳 専業主婦 月一で俺の会社の経理して貰ってる。バイト代は5万円

 ・子供の有無、いるなら人数と年齢、性別
  居ない。まだ結婚二年目でお互い無理はしないようにといってる。

 ・住まいは持ち家か賃貸か
  店舗兼住宅。ローン残あり

 ・親と同居かどうか
  同居していない。俺の親は兄貴夫婦と同居。嫁母は嫁兄貴と近距離別居

 ・結婚年数
  二年

 ・離婚歴がある場合はそれも記入
  嫁は×1 7年前にタヒ別。小梨






345: 名無しさんといつまでも一緒 2009/08/16(日) 10:17:35 0
間と一緒になりたいからと宣言され出て行くまでの1ヶ月 
後悔のない仕返しをしたつもり。 
最大のものは、何日もかけて結婚式の写真、思い出の写真と品を 
破り壊して捨てていったことだ。 
俺によって部屋の片隅に寄せられたアルバムや思い出の品。翌日アルバム 
と写真をわけておく。次の日から写真の破り捨て開始。燃えないゴミが翌日 
の時は思い出品を破壊してゴミ袋へ。その行為じたいを見て無くてもどんど 
ん捨てられてゴミ袋は膨らんでいく。嫁が見てる前ではわざと「このときは 
楽しかったな」とかぶつぶつ言って破っていく。それを見て嫁は明らかに動揺 
してた。最後にとっておいた結婚式の写真。スナップや豪華な写真を破り始め 
たところで「やめて!やめて!」と号泣。無視して全部破り捨ててやったよ。



このページのトップヘ