冗談


479:名無しさん@HOME2018/06/03(日) 15:33:40.41 0
長いけど愚痴

もうすぐ臨月の妊婦だけどホルモンのせいか悲しくて寂しくて不安で憂鬱だ
家では旦那は定時で17時半、どんなに遅くても19時に帰宅してくるんだけど
疲れてるって言って家事手伝い何もしないで上げ膳据え膳だし

時間があればでかいヘッドホンつけて深夜までパソコンゲームしてるから
私が話しかけても当然聞こえなくて無視されるし会話はない
トイレ変えたり散歩行ったりご飯あげたり遊んであげたりする犬の世話も全部私がやる
もちろんスキンシップみたいなことも一切ないし
自分から話しかけてくることも体調気遣ってくれることも赤子に興味すらなさそうだし
この前旦那の脱ぎ散らかした靴下片付けながら
「こんなだらしないパパはダメだね~。これから子供のお手本にならないといけないのに~。
子供が大きくなったら馬鹿にされちゃうよ」と冗談ぽく言ったら
「そんな子供はいらんから養子に出せばいい」
と冗談とは言えサラッと言われてかなりショックだった

実家も車で2時間の距離だから簡単に帰れないし本当に一日中孤独で、
こんな状態で産後やってけるのか不安で仕方ない
お金出して不自由なく生活させてもらってるんだから感謝すべきだし
家事全部やるのが当たり前なのはわかるんだけど
体調悪い時とかもう少し会話してほしいし興味持ってほしいなと思うのは
ワガママなのかなと悩んでしまう

赤子が生まれたら帰宅後に育児絶対手伝うよって言葉を信じて良いのかな






806: おさかなくわえた名無しさん 2018/02/18(日) 03:10:04.30 ID:2r80j+It.net
「お前が不機嫌な態度の時杀殳したくなる」って言われた 

本当にそう思うんなら私と一緒にいなきゃいいし 
冗談でそんなこと言うならそんな奴と一緒にいたくない 

そもそも私が不機嫌になるほとんどの原因はあなたが冗談で言ってるつもりの心無い言葉なんですが? 

仕事のトラブルで約束してた時間に遅れたのは悪かったけど、早々に遅れるお詫びの連絡して、必タヒにトラブル片付けて少しでも早く到着できるように頑張ったのに開口一番に「おっせーよw」って言われて機嫌悪くなった私の態度に杀殳意抱かれましても





489:名無しさん@HOME2012/08/29(水) 22:42:31.19 0

夫がうつ病って診断された。
聞かされた瞬間、

まじで?役に立たない男だなーって思ってた。

夫が毎日背中が痛い背中が痛いって
言うからうっとおしいなと思って
マッサージでも行けば?って言って無視してた。
育児に必タヒで夫のこと
なんかどうでもよかったし。

育児のことで悩んでて毎日深夜に
一人で眠らずに悩んでいたらしい。

夫についてのことをはじめてあった
精神科医に説明された。
私を非難するような目で淡々と事情を
説明してきて処方箋が渡された。

ボーっとして言葉が出せなくなった
夫が書いていた日記を読んだ。
毎日のように、子どもを親に合わせたい
って言う言葉が書いてあった。

かわいい、この姿を親に見せてやれないのは
悔しいって書いてあった。
歯を細かくカチカチと鳴らすだけに
なってしまった夫と話し合うことももうできない。

私はウトメが嫌いでウトメのすることを全部拒否してた。
ウトメが口をつぐんで下を向いて
こらえている姿を見るのが超笑えた。

そしたらこのスレを見つけて
ウトメに気を使わないといけないのは
夫のせいだと気づいた。
で、夫との会話でことあるごとに
冗談めかしていやみを言った。
反論したら冗談だよって言えるし。

このスレにも何回も書き込んだ。
ウトメが悪い、夫が悪いって援護してもらえた。
それで育児のストレスが発散できてた。
それでうまくいくって思った。

そしたらいきなり転落。夫は休職も決まった。
来月からどうやって生きていったらいいんだろう。




297名無しさん@おーぷん2017/03/09(木)20:44:03 ID:ddx
数年前の思い出し怒り。

家族で、夫の出身である県に引っ越した。
子供は幼稚園に途中入園。
入ってみると結構アットホームな園で、ママ同士の交流も盛んな園。
知人が全くいない私は、初めて親睦会に参加した。
お迎えで何人かのママさんとはお話してたんだけど、他のママさんとも知り合いになりたいと思ってかなり意気込んでいた。

お迎えで知り合ったママAさんと話していたら、たまたま私の地元に住んだ事のある人で、しかも私の出身大学のすぐそばに住んでいたとの事で話が凄く盛り上がった。
そしたら、そのうち別の所にいたBさんが来て「途中入園の○さん(私)だよね?よろしく!」と挨拶。
私もニコニコ「○です、よろしくお願いします」と返した。

Aさんが「そうだ、Bさんって○○大学(私の出身校)って言ってなかったっけ?○さんもそこなんだって!私昔あそこに住んだって言ってたじゃん?」と、言ってBさんが同じ大学出身だと分かった。
私は凄く嬉しくて「Bさんも○○大学なんですか?嬉しいなぁ!」と話しかけたら、Bさんの態度が急変。凄く冷たくなった。

大学の話はそこそこに「○さんっていくつなの?」と聞かれたので「28歳です」と答えたら、「え?28なの?全っ然見えない!だって28だったらCさん(近くにいた人)と同じ年じゃない!Cさんは凄く若いなぁって思うけどあなたは全然見えな~い」
その後、色んな人に「ねぇ!○さんって28歳に見えないよね?Cさんと同じ年なんて思えないよね?」と聞きまくるBさん。
他の人も「そんな事ないよー」とか言わず、曖昧に笑って誤魔化すだけ。
Aさんだけが小さな声で「そんな事ないよ」と言ってくれていた。
Cさんまで「暗くなるからこの話止めよう!」とか言い出して泣きそうだった。

私が28歳に見えなくても、ここまで言うか?
私、よその人が年より老けてても「老けてる!」なんて連呼しないよ。失礼過ぎないか?
ちなみに、ちゃんと小綺麗な感じの年相応のカジュアルな服を着ていた。意気込んで参加した位だし。
それが空回りで老けて見えたならもう仕方ないけどw
ショック受けてちょっと止まってしまったら、「もー、何気にしてんの?冗談冗談!」とか言い出すし気にする私の方が神経質みたいに言ってきた。

初めての親睦会で、かなり失礼な事を言われた上に誰も庇ってくれなくて(Aさん以外)、この土地でやっていけるのか本当に泣きたくなった。
帰り際、Aさんだけこそっと「気にしないで、○さん老けてないよ。私、もっと若い人だと思った位だから」とか慰めてくれた。お世辞でも嬉しい。

Bさんの態度が変わったのは、出身大学が同じと分かってからだった。(と、思う)
そんなの言わない方が良かったのかな、でもAさんの住んでた所の話から発展しただけだし、自慢でもなんでもないし…。
ちなみに、行ってた大学はお嬢様大学でも高偏差値の有名大学でも何でもない。
普通の中堅大学。

大学名の話は私が思い込んでるだけで、Bさんが単なる失礼な人だったのか、それとも連呼されちゃう位私が老け込んでるのか…と、当時は物凄く悩んだ。
地元の友人に、「正直に教えてほしい、私は年より老け込んでいる?指摘したい位、ヤバい?」と聞いてみたりして。

結局Bさんとの接点はその時だけで、かなり距離置いて一年過ごした。その後同じクラスにもならなかったし。Bさんは、誰からも避けられるような危険人物ではなかったが、実家が物凄く裕福で有名人で周囲の人も一家に遠慮しながら住んでると聞いた。
だから、他の人は私を庇うような発言は皆出来なかったのかなと思った。
Aさんとはまだ付き合いあるけど、あの時の話は何となくタブーになっている。

でも、やっぱり神経わからん!
老けてるからこうしなよってアドバイスならまだ分かるけど、老けてる連呼したって何にも解決にならない!ただ相手を傷付けるだけだよ!


607: 自爆男 2008/07/20(日) 01:57:21
 
流れ切る上に長文になると思いますが、文才もないのでチラ裏になる恐れがあります。 
ウザイと感じた方は徹底スルーしてください。 


まずスペック 
俺---30代前半 自営 外見とか収入とかは人並み 
嫁---20代前半 外資系社員 外見も収入も並以上、
いや外見はかなり美人(モデル並) 

結婚3年弱、小梨、ここ1年レス気味(月1くらい) 


俺は自営業と言っても在宅ビジネスのようなもので、家にいる時間が長い。 
嫁は外でバリバリやってるので

炊事やら洗濯やらの家事なんかは専ら俺の仕事だ。 

嫁の肌着を洗濯して干すのだけはいつも抵抗があったのだが、
まあこれで幸せが成り立っているんだから仕方ないと割り切って頑張ってた。
嫁は嫁で若さに充ち溢れて一生懸命外で仕事してるし、
だから俺は自分の仕事をこなしながらも嫁が疲労でバテたりしないように
仕事の合間を縫って料理の勉強なんかもしてた。

愛する嫁がバランスよく栄養採れるようとか考えたりね。


もともとが若くて美人で優秀な嫁。
俺にはもったいないくらいの自慢の嫁だし、
この結婚は俺の執念と挑戦魂、そして1にも2にも努力なくしては
成立し得なかった結婚だったんだろう。

努力は並大抵ではなく、時に折れそうになったりもしたが、
それでも結婚自体は幸せだった。
少なくとも俺(バカ)は2人の幸せを信じて疑ったことはない。
いや、なかった、今日までは。


ある日、俺は家での仕事作業中、休憩がてらにネットを開きこんなサイトを見つけた。

ttp://moemoe.homeip.net/list.php 【萌えたコピペ】というサイト
主に2ちゃんで投稿された体験記のまとめサイトみたいなものだけど、
ここのサイトの「修羅場の話」というのが非常に面白かった。
他人の不幸は蜜の味という感覚はなかったけど、
まるでネタのようなありえない話と展開がすごく

(本当にネタかもしれないけどw)

なぜかハマってしまった。
そして俺はその日から休憩をとる度にこのサイトに綴られていた
ハイテンションな不幸話を1日1話ずつ、

ゆっくり読み進めて行った。

 


このページのトップヘ