修羅場

872: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/01/05(月) 23:32:52

高校生の頃から交際して、21歳で結婚、
すぐに長女が生まれた。

長女はかなり厄介な病気と
身体障害を持って生まれて来た。
嫁は娘の世話で精神的にも身体的にもやられて育児ノイローゼ。

俺も仕事のストレスが酷かった。
ハタチそこそこなのに髪が禿げてね。
妻子さえいなきゃすぐに辞めてるような、本当に酷い会社だった。

家に帰ってくると、出迎えも晩御飯もなく
散らかった部屋に娘の泣き声がぎゃんぎゃん響いてて
嫁はその横でボサボサの髪のまま睡眠不足でぐったりしてて…
お帰りなさいの言葉もなく愚痴を聞かされて…
っていうのがずっと続いて
嫁1人じゃ無理だから、俺も育児家事やるんだが
仕事と重なってもう限界で、毎日喧嘩の言い合いだった。

ある日役所の人が来てね、
俺らが虐待してるっていう通報があったらしい。

勿論虐待なんてして無いが、
娘の異常な泣き声とか喧嘩の声とか疲れきった姿とかで
誤解されたんだろうね。

でもその時は、虐待って事で良いから
娘を連れて行ってくれって思ったよ。

俺も嫌になって、一週間くらい家に帰らず安いホテルに泊まった。

久しぶりに帰宅すると、
家の電気がついてなくて、娘の泣き声が響いてて
嫁がキッチンで倒れてた。救急車呼んですぐに病院。

ずっと前から体調悪かったらしいが、
娘の世話で病院に行く余裕もなかったらしい。

嫁の親が血相抱えて病院に来て、
俺は全部事情を話した。

義母に

「あんたらには家庭持つのは早すぎた。
孫は私が引き取って面倒見る!」


って言って
その場で長女を連れ去って行った。
娘が3歳になるかならないかくらいの時期だな。

それから半年は、平凡で穏やかな日々だった。
俺は職場を退職して、失業保険と貯金を生活費に当てて
2人でゆっくり過ごした。

離婚して自由になりたいって思ったけど
お互い沢山寝て、沢山休んで、それで冷静になれた。

半年振りに娘と再会して、やっぱり自分達で育てたいって思った。
それで娘を引き取った。
それからは娘に療育や医療を受けさせる為に引っ越して、一からやり直した。


61: (1/2) 2009/06/10(水) 21:20:00 ID:7N2BFb58O
修羅場と言うか…一応終わったので書いてみる。
携帯からなんで改行とか変だったらスマン。つらつらと吐き出すんで読みづらい所もあると思う。

俺→23歳・会社員・ブサメンでは無いと思いたい。
彼女→25歳・フリーター・ミュシャの絵みたいな感じ。

彼女に逆ナンされて付き合い始めた。先週、付き合って3年目の記念日を祝ったばかり。
彼女のバイト先も家も近所だったので毎日仕事終わりに待ち合わせて帰宅し休日もずっと一緒だった。
今日、彼女からメールで「今日はバイト行ってないから迎えに行かなくていいよ。話があるから家に来て」と言われて行ったら彼女母と彼女に深刻な表情で出迎えられた。
彼女「今日ね、産婦人科行って来たの。お腹に赤ちゃん居るって」
あ~、できちゃった婚か。まぁいいや、これで俺にも家族が出来るんだ。と思った次の瞬間、彼女にとんでもない事を言われた。

564: 恋人は名無しさん 2009/01/13(火) 23:56:15 ID:hNMeFkyQ0
離婚して独身者なのでこちらに書かせてもらいます。

お話の時期
平成になったばかりの頃

場所
当時俺が住んでいたマンション、警察署、その他

登場人物

元嫁
間男
元嫁のお父さん
その他諸々(お巡りさんなど)

752: 名無しさん@HOME 2013/08/06(火) 22:20:15.00 0

前の車が自転車の子供撥ねて吹っ飛ばした瞬間を目撃したのが修羅場だな。
俺の車のボンネットに子供の靴が落ちてきたときは奇声を上げた。
後日分かったけど子供は即死。
事故当時は近くに親がいて必死に子供の名前呼んでいたけど、
顔中から血を流して、その血溜まりみたら死んでるって傍から見て分かった。
運転手はハンドルにしがみついたまま呆然としていて、助手席の人が救急車とか警察呼んでた。
ちなみに子供の飛び出しな。坂を一気に駆け下りて大通りに侵入して跳ねられた状況。

あのときの親御さんの悲痛な叫びと運転手の呆然とした顔は忘れられない。
あと歩道で下校中の中学生?の女の子が目撃して、吐いて失神して失禁したこともなぜか印象強く残ってる。


664: おさかなくわえた名無しさん 2013/03/07(木) 15:16:14.38 ID:6pXjlCxY
>>641 
(友人がトイレに行ったきり帰ってこない。

似た経験があるわ 
自分の場合アパートでもらしたのは当時同棲してた彼氏だったけど。 
彼が飲み会で遅くなると言っていた日、深夜2時ごろふと目が覚めた。
彼氏が帰って来たにしては静か過ぎた、けれど電気もついてない玄関先から異様な匂いが漂ってた。 
1DKのせまいアパートだったから正体は直ぐに解った。 

ユニットバスの中で、糞尿にまみれて彼氏が倒れてた。 
顔が真っ白で明らかにヤバイが、救急車を呼ぶのを止まってしまったのは
異臭とユニットバスから玄関前、そしてアパートの入り口へと続く通路の惨状のせいだった。 
幸いこっちの呼びかけに反応したし、ヨロヨロながらも状況を把握して
シャワーを浴び始めたから彼がシャワーに入ってる間に汚物処理をした。

正直、本当に大変だった。
どんだけ飲み食いしちゃったんだよというくらい大量の汚物がこぼれていた。 
アパートまで耐えてドアが見えたとたん緩んじゃったんだろうなと解る痕跡が痛々しかった上に臭すぎた。

深夜でご近所も寝静まってたみたいだから、
朝までに匂いが消えることを祈りながら掃除した。

その後彼氏に負い目を負わせちゃいかんとか思って、ひたすら
「う*こもらしたって愛してるからアタシ平気!」
アピールしてたら振られたのが修羅場だったかな。

178: 名無しさん@HOME 2013/01/31(木) 21:15:30.24 0
皆様に比べると小さいかな。 
小1の頃、近所の友人宅が大きな農家で、いつも友人と 
広い庭や縁側でままごとしたり、勉強していた。 
ある日、いつものように遊びに行くと、庭に普段なら、 
母屋の裏側の鳥小屋に入れられている鶏たちが、数羽闊歩していた。 
私は「あ!鳥さん(*^_^*)」と思わず一歩近づいたら、その中の一羽。 
羽が茶色で尾羽が青、かなり大きい(多分軍鶏)が羽をぶわっつと 
広げて私めがけジャンプアタック! 
一撃を受けて尻餅をつきつつ、ビックリして這いずって逃げ出そうとした、 
私の背中に乗って突く軍鶏。 
叫び声を聞いて友人の祖父が助けてくれた。 
寒い時で厚着していたし、帽子も被っていたおかげかかすり傷で済んだ。 
今思うと、ジュラシックパークでラプトルに襲われるってあんな感じ?

920: 名無しさん@HOME 2013/01/16(水) 14:14:06.74 0
虫注意 


夏のコバエの修羅場 
最初は、最近家の中にコバエが飛んでるなーと思っていた 
だんだん網戸に群がるコバエがやばい感じの数になっていった 
家の外に原因があると勝手に思っていて、虫よけの薬をドアの外においたりした 
でも、全然コバエの数は減らないし、家の中がなんか臭くなった気がしてた 
最初にコバエに気づいて二週間くらい経ったある日、 
ふと靴箱の下をのぞき込んだら、液体になりかけた玉ねぎを発見した 
蒸し暑い日が続いた一ヶ月間ほど、放置してたらしい 

玉ねぎの入ったビニールを旦那が開けた途端、飛び出すコバエの群れ 
見たことのない毛虫のような虫も這い出してきた 
まさに修羅場 
家中、腐った玉ねぎの匂いが充満した 
旦那は袋を開けたまま涙目で逃げるし、虫はどんどん袋から出てくるし 
地獄だった 

旦那に子供を任せて外に避難してもらって、私は心を殺して対処した 
もう二度と味わいたくない修羅場でした


263: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2014/05/13(火) 13:38:18.78 ID:4Mqq+i29.net
野良猫の出産に立ち会ったのが修羅場だった。
夏場に玄関を開けると
突然野良猫がダッシュしてきて、
リビングのソファーに陣取った。

239: おさかなくわえた名無しさん 2006/06/29(木) 13:56:23 ID:9SMfDyrN
数週間前、近くの大型モールに買い物にいって、一通り買い物が済んで喫茶店で休憩してた。コーヒー飲んでたら叫び声が聞こえたので、外を覗いたら高校生ぐらいの子達とおっさんが通路のど真ん中で口論してた。

45: 愛と死の名無しさん 2011/03/05(土) 15:30:08.80

私たち新婦友人がやや不幸だった結婚式。

数年前、高校時代の友人の結婚式と披露宴に出席した時のこと。
式と披露宴は滞りなく進み、新郎新婦がお色直しで席をはずした時、
新郎伯母という人がお酒を持って新婦友人テーブルにやってきた。
「うちの息子もお見合いしてるんだけど、なかなかよいお相手が見つからないの。良かったら会ってもらえないかしら」
と言うのだが、よくよく話を聞いてみると、息子さんは50歳とのこと!
(ちなみに新婦友人たちは20代後半~30代後半くらい)

やや引いている私たちに面接のごとく質問を浴びせ始める伯母さん。
新婦との関係、学歴、仕事、居住地、兄弟構成などなど。
最初は新婦同僚だという清楚な美人が気に入ったようだったが、
彼女が36歳と聞くや能面のような表情になり
「申し訳ないけど… 息子は子供が欲しいと言っているから」
美人呆然。私たちも呆然。
その後私の所にも来たが、出身大学を聞かれて答えたらまた能面のような顔になって去って行った。
最終的に、新婦の大学友人だという28歳の派遣社員の人と、新婦同僚の32歳のお嬢様大学卒の人がロックオンされ
しつこく連絡先を聞かれていた。

ちなみに50歳の息子さんという人は出席してなかったので、どんな人かは分からないけど
50過ぎて子供が欲しいとか抜かしているのが本当ならろくな男じゃない予感。
新郎新婦が新郎45歳、新婦28歳という年の差結婚(ただし恋愛結婚)だったので、
伯母さんは自分の息子もいけると思ったのかもしれないけど。

伯母さんの動きはあとで新郎新婦の耳に入ったらしく、二次会の前に新郎に
「伯母がたいへん失礼なことをしたようで、申し訳ありませんでした」
と謝られた。


このページのトップヘ