修羅場


705: 名無しさん@HOME 2013/10/08(火) 22:24:13.46 0
自分がクズなのはわかってる 

結婚生活が嫌になって、あんまり家に帰らなくなった

キャバ嬢(多数)とのメールを見られて凄く攻められたのがきっかけかな・・・ 
でもそんなの営業メールじゃん?って言い訳してたんだが大喧嘩して 
家に帰って嫁と話するのが嫌になったんだ 

まぁ、多数の中の二人のキャバ嬢とは実際付き合ってて 
家に帰らない時にはそこに泊めてもらってたんだけどね 
一人は20代前半の若い娘、もう一人は30代前半の熟キャバ嬢 

で、一番長く家に帰らなくなった時、1週間くらいかな? 
熟キャバの娘と同伴で飯食って店に行った 
キャバ常連なら解ると思うが、同伴のときはドレスに着替える&ヘアセットの為に時間がかかる 
その間は、空いてる女の子が席につくんだが 
そこでついたのが嫁だった 

「はじめまして~、新人なので~・・・」 
色々言ってたと思うけど、あんまり覚えてない・・・ 
俺は「あ、あぁ、そうなの?」みたいな事しか言ってないと思う 
同伴で来てるから、ここで帰りますと黒服さんには言えないし(嬢にペナルティがある) 
で、うわべだけの会話を15分ほど・・・ 
指名の嬢が来たから、さっきの子はいつから?って聞いたら、ほんの数日前だよって 
初日から仲良くなってメールも毎日してるよーって言われて・・・ 
どういう判断をしたらいいのか、ものすごく悩んだけど 
店に迷惑をかけないようにすることを選んだ 

あ、行数超えるから続きます、いらないなら言ってね






501 : おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2014/10/02(木) 17:56:09.11 ID:O97en1ia.net
流れ読まずに投下 

交際2年で妊娠発覚し籍を入れたんだけど生まれてきた子供がどう見ても黒人 
旦那は勿論日本人 

とことんツイてない自分の人生に泣きはらした時がほんと修羅場だった 




237:おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/2016/08/17(水) 19:54:17.70 ID:VJwnVLAe
ありがとうございます!初めて長文を書くので読みにくかったらごめんなさい。

私がまだ中学生の頃の話です。
その当時私はバスケ部に所属していて、中学生ながらにもう165センチもあった。
だから高校生に間違われることがよくあって、
その日も柄のよくないおじさんに高校生だと間違われて声をかけられた。

「なぁ、どっかいかへん??おっさんと。なぁって!」 

部活の帰りのことで夜7時を回ってたし、周りに人のいない道を通ってたから怖いなと思った。 
それにその人はすごくお酒臭くてしつこかった。言葉で言っても通じないから振り払おうとした。 

「すいません、もうお家帰らんとあかんので。」 

そう言って走って逃げようとした。それがきっかけだった。 
おじさんは急に怒鳴ってすごい剣幕で追いかけてきた。 

「なんやぁ!待てやぁ!逃げるんか、ワレ!何様のつもりじゃ!」 

追いつかれたら●される。その時は本気でそう思った。 
そこで本気で走ろうしたら、部活で疲れた足が誤作動を起こして自分で自分の足を引っ掛けてすっころんだ。 




18: 本当にあった怖い名無し 2013/10/28(月) 00:51:16 ID:T4XH+Muc0
中学生の頃に復讐したんですが 
今日たまたまキノコ食って思い出したんでここでやったこと全て愚痴らせて下さい




352:名無しさん@おーぷん2016/05/15(日)21:34:31 ID:BHD
電車で隣に座っていたキモオタを盗撮容疑で捕まえた時の話


帰宅時、ふと隣に座ってた小太りのキモオタ風リーマンのスマホの画面が目に入った
何気なく覗いてみると、何とカメラが起動しており、画面の中には若いOLの姿が!
即座に俺はそいつのスマホを叩き落として踏んづけた後、
「何するんだよ~~!!」と怒りだしたキモオタを取り押さえて次の駅で降車、

盗撮されてたと思われるOLと共に駅員に引き渡した後日、盗撮容疑でキモオタ男は逮捕、
俺はその時のOLと連絡先を交換しなんか仲良くなりそうな感じでちょっとドキドキ♪





497:あなたのうしろに名無しさんが・・・03/03/12 01:15
うちの近所に古い家がありまして、老夫婦が住んでいました。

お婆さんは去年までご存命でしたが、
お爺さんは15年ほど前、僕が小学校を卒業する前に亡くなりました。
偏屈のカミナリ親父として有名な人で、
すぐ目の前の空き地で野球やサッカーをしてボールが敷地に入ってしまったときなんて、
ほんとに漫画のように「コラー!」って良く思い切り怒号が飛んできたりしました。 

僕が4年生くらいのことだったと思います。
賞を貰ったとかでお爺さんがとても大切にしていた盆栽をサッカーボールで木っ端微塵にしてしまったことがあります。お爺さんはあまりのショックで怒鳴るどころか寝込んでしまい、さすがの両親も驚いて菓子折りを持って謝りに行きました。

僕も一緒に謝りに行かさせられたんですが、そのときのお爺さんは 
いつものカミナリ親父とはまるで別人のように生気が抜けてしょんぼりしてしまっていて、 
僕も子供ながらに罪悪感でいっぱいになってしまいました。
お爺さんはそれからしばらく寝たきりになりました。




945: 名無しさん@おーぷん 2015/11/13(金)12:48:40 ID:CLD
若い頃、叔父の空手道場で雇われ師範をしてた。
お見合いで出会った夫は、結婚後に豹変し、酒乱の本性を見せてきた。
私が素人に手を出せないのをいいことにやりたい放題された。
師範の収入だけじゃ食べられないからコンビニでアルバイトもしてたけど、
「俺の収入で食ってるくせに」となんどもなじられた。
あるとき酔って包丁で刺されそうになったから、堪忍袋の緒が切れた。
1回わざと切りつけられてから一発入れた。
救急車と警察を自分で呼んだ。
夫はろっ骨骨折、私は鎖骨を10針縫った。
裁判になったけど、正当防衛で無罪。
むしろ夫の方に杀殳人未遂がついた。

当然道場をクビになったけど、それを機に上京して会社勤めを始めた。
もともと簿記持ってたから、職場の制度をたくさん使って税理士になった。
今の夫はそのへんのことはあまり知らなくて、暴力旦那の被害にあった
可哀想な女だと思ってくれてる。
空手うんぬんは知られてない。




338:1/2@\(^o^)/2016/08/11(木) 08:16:53.91 ID:2mM5fPLS
個人的には修羅場じゃないけど大家さんが修羅場った話

大学生の頃、同じ学科の友人(今後Aと表記)が大学の自治会という胡散臭い団体に入っていた
どんな活動をしている団体なのか不明で、俺は未だに良く知らない
Aがそこの入った経緯も知らないが、授業中、
「活動が大変。なんで大学まで我慢して勉強してきたのに俺だけこんな目に遭うんだ。」などと愚痴っていた 

Aは男子だけの進学校出身で中学高校と殆ど遊ぶことなく勉強に邁進して入ってきた学生の鑑のよう 
なやつだったが、その分大学に入ったら思いっきり女と遊べると思っていたらしい 

10月の学祭の前後からAは傍から見てもすぐに分かるぐらい暗い表情になりそのまま消息不明になった 
同じ学科の人間数名がAの様子がおかしいと思っていたが、もう大学生だからと暫くアクション取らなかった 
一週間ぐらい経過して流石におかしいと思い、俺と友人BとでAの下宿先(アパート)に訪問した 
当然のように鍵が掛かっていたが悪臭が漂っている 
隣の部屋から苦情が出ないのが不思議なぐらい




520: 名無しさん@HOME 2016/08/08(月) 02:55:43.97 0
私はシングルで二人の子供がいた。 
元夫からのモラハラの後遺症と、子供の不登校で 
サックリ病んでいた。 

そんな時、降ってわいたように出逢った彼。 
彼もバツイチで、前嫁と住んでいた持ち家で一人で住んでいた。

「前に鬱の事付き合ってたから、君の病気の事はある程度理解してる」
と言ってくれ 
体調が悪いといえば県内横断の距離なのにご飯片手に来てくれた。 
落ち込んでるといえば「一人だと余計に考え込んで落ちるよ」と来てくれた。 
嬉しかった。 

それまでの食事は、生命維持のためにただ食べているって感じだったけど 
一緒の食事は本当に美味しかった。 
人間に戻っていく感じがした。 

ある日
「うちの近くに、いい学校があるよ。娘ちゃんには合うかもしれない」 
と言われ、調べてみたら、確かにいい。本当に娘に合いそう。 
その時点で、いつかはうちで一緒に暮らしたいみたいなことを言われていたし 
娘本人が「学校行きたい。普通になりたい」と泣いたのもあったし 
下の子もちょうど小学校入学の時期だった。 

でも、やはり出逢ってまだそんなに経ってないし、不安もあったし 
近くの賃貸に行こうかなと思ってたけど 
「うん、近くに家借りて、実際はうちに住めばいいよ」みたいな事言われて 
そんな詐欺みたいな事は出来ないと、賃貸を諦めて彼の家に行く事にした。 

ならばちゃんと籍も入れよう。子供の養子縁組もしよう。 
と、トントン話が進んだのだけど 
いざ、彼のご両親に挨拶に行ったら 
「籍入れるな。ん~、まあ10年くらいやっていけたら認めてやってもいい」 
とバッサリ。 

それでも、子供の転校&入学の手続きもしなきゃ遅いくらいの時期だったし 
彼は
「とりあえずハイハイって聞いといて、1年ぐらい経ったらまた変わってるだろ~」 
と呑気なもんで、同居に踏み切った。




このページのトップヘ