会社

584: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/02/14(木) 13:38:08.81

今日の夫 
チョコが嫌いな酒好き夫にとって今日は
「1年で最も忌まわしい日」 
沈痛な面持ちでトボトボ出社して行った
 
曰く、嫌いと言えば強がりにとられ、貰ったら貰ったで
会社での立場もあるしお返しだけはしないかん 
こんなにバカげた事はない、だそうな

2~3日前から本当に憂鬱そうだったので
私はチョコじゃなく夫の好きな銘柄の日本酒を
用意して出迎えてやるか 

ちなみに夫が貰ってきた義理チョコは
全て嫁の肉となる


1: 名無しさん@おーぷん 2015/03/30(月)01:13:23 ID:C1o
まずはこんな出来事があった

飲み会にて
社長「君たち若者は僕から見たら
ボロクソに言いたいレベルだよ」
俺「…はい」

社長「まあ、言ってほしかったら言ってあげるけど、
ついてこれるかわかんないね」


俺「あはは、やめておきます」
部下「でも僕の父は多分社長をボロクソ言いますよ」

社長「は?」
部下「少なくともこの会社よりはでかい企業ですからねー」

ここで社長ブチギレ
社長「じゃあお前のオヤジ連れてこいよ」
と言い始める

部下「今日は無理なんで後日呼びます」
でその日はハラハラしたけど終わった

288: 恋人は名無しさん 2007/01/30(火) 17:21:03 ID:1xBD7mvb0
かなり長いですが、誰もいないようなのでコソーリ投下。 

登場人物 
私A:大学時代の友達と作った小さな会社を寿退社。26歳 
彼M:婚約者。大学も会社も別。束縛好き29歳 
先輩K男(男性):私が勤めてた会社の社長兼同僚。大学からの付き合い。28歳。 
後輩S子(女性):同じ会社の後輩。同じく大学からの付き合い。 
私が辞めるにあたって全仕事を引き継いだ。24歳。 


とある土曜の朝、以前勤めていた会社の先輩から突然電話がかかってきました。

曰く「仕事の担当が行方不明になった。頼むから代打で来てくれ」との事。 
今は辞めた身とは言え、会社は設立から一緒に頑張ってきた小さな所だし、 
頼んできた先輩もお世話になった方。 
断りきれずに9時から某所の集合に了解してしまったのです。 

彼Mは嫉妬深くて、仕事だろうと男性と2人でいる事を好まない人で
先輩Kと出かけた事を後から知られて問題になるのも嫌で事前に説明メールを
2度ほど送ったのですがレスはありませんでした。



このページのトップヘ