人生


911: おさかなくわえた名無しさん 2008/03/03(月) 20:10:27 ID:e0q0lGCn
「私は車の免許が無いから
どこも雇ってくれない、
どこも雇ってくれないから
免許をとるお金が無い、
免許さえあれば
人生を変える地震がるのにウワアァァァン」

て女がいたので、
免許ぐらいじゃ何も変わんねーよ
試してみろ、と30万やった。

そしたら免許取った翌週に
車買ってやがんのwww
金もってんじゃんwww
そうくるかwww





974: 1 2011/06/15(水) 17:17:28.31 0
スレ埋めついでにプチ修羅場でも。 
今日は育ててくれた人の誕生日だからな。 

俺……ごく平凡なリーマン。変わった所と言えば家族以外の女は苦手。 
姉……小さい頃に、俺等を守ってひたすら虐待されてた姉。男忄生恐怖症な所がある 
母……よく違う男を連れて歩いてた。お水。 
双姉……今でも一緒に住んでる。両親のお陰で仲がいい。男嫌い 
父……酒飲まなくても暴力に走る人。金をよく借りる。 
男……見た目チャラい。チョコレートが好きなのかよくくれる。 

俺が記憶にある頃、もう既に姉は俺等の妹弟を体を張って守っていた。 
母は帰ってくると、父と大喧嘩の毎日。 
母は母でよく違う男と歩いてるところを目撃してる。 
ある日、また今までとは違った男と歩いてる所を目撃。 
声をかけると怒られるのは知ってるから俺は双姉と一緒にスルーして帰った。 
が、するとさっき母と一緒に居た男が俺等に声をかけてきた。 
「可愛い子だなー、母さん!」 
ホスト、というよりもヤーさんみたいな感じの人だった気がする。 
「ほら、二人とも挨拶は?」言われた通りに挨拶をすると、男は嬉しそうに俺等の頭を撫でた。 
それから、日曜日になると母は一緒じゃなくても男だけ来るようになった。 
そして、遊園地やらいろいろな場所に連れて行ってくれたし、お菓子もいっぱいもらった。 
姉を見る度に、暴力受けてるんじゃないのかと心配そうに話していた。



719: 離婚さんいらっしゃい 2017/05/07(日) 01:48:05.47
吐き出し失礼します。

24歳の時、45歳の男性(初婚)と結婚した。
結婚した理由は早く仕事を辞めたかったのと、
当時30歳独身姉のように
いき遅れになりたくない、って思ったから。

元旦那は職場の先輩。
最初は優しくてチヤホヤしてくれたのに
子供ができてからガラッと態度が変わった。

格好が見すぼらしいとか
家のことが出来てないとか
結婚する前は専業でいいって言ってくれてたのに
パートに出ろとか言ってきたり。
その当時わたしは28歳だったけど旦那は49歳。
28歳になると周りの友人も
結婚し始めるんだけど、
友人の旦那さんは同じ年齢の人で
友達夫婦ってかんじで仲睦まじくて羨ましかった。

うちは休日といえば旦那がひたすら
家でパソコンしてるだけなのに、
友達夫婦はピクニックとか映画とか。
そんな友達夫婦を見るのが嫌で
だんだん疎遠になってたt。

そんな中、34歳の姉が結婚した。
姉の旦那さんは友人の紹介で知り合った
34歳の弁護士さんだった。
今まで仕事ばかりで結婚は二の次だったので
2人とも初婚同士で仲睦まじかった。
姉に子供が出来てからも仲の良さは変わらなかった。

姉家族の新居の高級マンションにお呼ばれした。
子供と楽しそうに遊ぶ姉旦那さん、
それを幸せそうに見てる姉。

比べてウチの旦那はやっぱり家でパソコン、
私は服はヨレヨレ肌はストレスで荒れ放題。
ボロボロの狭いアパートに帰ると
子供はお腹を空かせて泣いているし
旦那はヘッドホンして
相変わらずパソコンに夢中で子供を無視。

それを見た瞬間、
今まで見下した姉家族や友達夫婦との
ギャップに膝から崩れ落ちた。

もういてもたってもいられなくて1ヶ月後に別居、
半年後離婚した。

現在31歳でバツイチ子持ち、
職歴は大学卒業してからの2年間と
レジのパートが半年だけ。

いき遅れたくないからって
焦って結婚なんかするんじゃなかった。
私も同じ年齢の人と結婚してれば友人や姉のように
幸せな生活が送れてたのかなと思うと辛い。



1: 忍法帖【Lv=11,xxxPT】[sage] 2012/09/10(月) 22:12:11.47 ID:XGy/iOlN0
先日、6年程前の話を未だに引きずったままだと実感したんだ。
ここに書き込むことで気持ちの整理をさせて欲しい。

その上で相談にのって欲しい事があるんだ。

スレ立ては初めてなんで至らぬ点は許してください。
話の関係上、補足も多く、ほぼ自分語りな上に、記憶補正が多い稚拙な文章になるけど、許して下さい。
あと、全部テキスト化したけど、かなり長くなったので半分以上省略した。
だから補足が必要な時は言って下さい。



このページのトップヘ