人生

959 :育児まとめニュース 2014/12/18(木) 19:55:48 ID:cVe
姉に人生を滅茶苦茶にされた。
姉は本当にデキる女で、小学校高学年頃から潜在能力を発揮し始めた。
私は姉とは2つ年が離れていて、何をしても平凡。良くも悪くもない感じ。
姉からはなにかと私と比べて優越感に浸り、私を詰ってた。
私があんたの年にはこれこれ出来てた。
あんたがようやくできるようになったそれは、あんたより2歳も早くできてたといちいちつっかかる。
姉の言うことは紛れもない事実でした。私が遅いのではなく姉が早い。
両親だって姉を猫かわいがりで、私なんて放置。一応食事を与えて服を着せて生きてりゃそれでいいといった扱い。
しかし私が高校生に入ったぐらいから、姉の身長を越してしまった。
姉が163cm、私が166cm。これすら姉は許せなかったらしく、縮め!と頭を叩かれた。
高校も大学も姉よりレベルの低いところしかいけなくて、(これは私の実力が原因)
姉が両親に○○大学って行く意味無いよねお母さん!辞めて働いたほうがよっぽど給料貰えるよwwと
何度も何度も言い続け、とうとう両親からあんたの大学の費用が無駄な気がするから退学して?ね?嫌ならいいけど・・・・と
本当は辞めて欲しいけど無理強いはしませんみたいな態度を取られた。
意地でも辞めたくないと思ったが、姉がいちいちあんたの大学費用さえこっちに回せたら生活が楽になるのにと囁いてきた。
胃が痛くなりストレスが物凄かった。家を出て一人暮らしも考えたけどそちらも費用がかかるし言い出せなかった。



39 :育児まとめニュース 2016/05/18(水) 15:21:26 ID:fgN
自動車学校通い中
学科は全然問題なくできるのに実技ができなさすぎる
二十年以上の人生で大抵のことは平均点以上でできてきたのに
まさかこんなに向いていないことが自分にあったのかと暗澹たる思い

物凄くビビりな性.格なのでぶつかりたくない気持ちが一番最初にあるから
スピードあげてギアをサードにしたらもう頭の中がひぇぇええ怖いよぉぉになっちゃって
全ての操作がワンテンポずつ遅れてしまう

加速チェンジは何とかできるんだけど減速チェンジの段階になるとあわあわしちゃってダメダメだよ
免許取れるのか自分


385: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/10/16(水) 13:41:05.18 ID:WxitNQVN
もう付き合ってる頃からだけど、私がどんなに怠けても傷つけても夫は怒らない。スーパーの惣菜続きでも家事を全くやらなくても、しんどいなら僕やるよと言って全く怒らず仕事から帰ってきて家事してくれる。 
そこに甘えてしまってどんどん自分がダメ人間になる。わがまま放題。 
専業なのにほとんど家事しない。 
本当はたまには叱ってほしいし不機嫌に怒って欲しいけど皆無。にこにこしてる。 
自分がダメ人間なのは百も承知でここにこんな事書くと叩かれまくるだろうけど、ずっと続く悩み。 
たまには怒って欲しくて大げさに怠けたりしてもにこにこ。 
金食い虫だ。気を引き締めたい




1:名無しさん@おーぷん2017/08/19(土)13:27:51 ID:UWJ
辛い…
これから何十年もこんな生活を続けるなんて考えられない…




695: おさかなくわえた名無しさん 2018/04/22(日) 03:26:00.06 ID:lXOZwYGP
修羅場っていうほど大きな出来事があったわけではない上に無駄に長いです。 
上手くまとめられずすみません。 

私にはひとまわり以上年の離れた兄がいた。
兄がまだ学生の頃両親がなくなり、兄は大学を辞め働いて私を養ってくれた。 
私が高校生になった頃、兄に彼女が出来た。 
兄と私は祖父の代からの持ち家に住んでいたがしばらくして彼女も一緒に住むようになった。 

3人暮らしが始まって少し経ち、私は兄の強い希望と小さい頃からの夢もあって大学に進学した。
結婚の話も出ていた2人にいつまでも頼るのは申し訳ないので
ひとり暮らしがしたいと言ったが兄はそれを許さなかった。 
彼女は特に何も言わなかったが、私が入った学部は4年ではなく
6年学ばなければならないことを知ると、だんだんと私への当たりが強くなった。




911: おさかなくわえた名無しさん 2008/03/03(月) 20:10:27 ID:e0q0lGCn
「私は車の免許が無いから
どこも雇ってくれない、
どこも雇ってくれないから
免許をとるお金が無い、
免許さえあれば
人生を変える地震がるのにウワアァァァン」

て女がいたので、
免許ぐらいじゃ何も変わんねーよ
試してみろ、と30万やった。

そしたら免許取った翌週に
車買ってやがんのwww
金もってんじゃんwww
そうくるかwww




974: 1 2011/06/15(水) 17:17:28.31 0
スレ埋めついでにプチ修羅場でも。 
今日は育ててくれた人の誕生日だからな。 

俺……ごく平凡なリーマン。変わった所と言えば家族以外の女は苦手。 
姉……小さい頃に、俺等を守ってひたすら虐待されてた姉。男忄生恐怖症な所がある 
母……よく違う男を連れて歩いてた。お水。 
双姉……今でも一緒に住んでる。両親のお陰で仲がいい。男嫌い 
父……酒飲まなくても暴力に走る人。金をよく借りる。 
男……見た目チャラい。チョコレートが好きなのかよくくれる。 

俺が記憶にある頃、もう既に姉は俺等の妹弟を体を張って守っていた。 
母は帰ってくると、父と大喧嘩の毎日。 
母は母でよく違う男と歩いてるところを目撃してる。 
ある日、また今までとは違った男と歩いてる所を目撃。 
声をかけると怒られるのは知ってるから俺は双姉と一緒にスルーして帰った。 
が、するとさっき母と一緒に居た男が俺等に声をかけてきた。 
「可愛い子だなー、母さん!」 
ホスト、というよりもヤーさんみたいな感じの人だった気がする。 
「ほら、二人とも挨拶は?」言われた通りに挨拶をすると、男は嬉しそうに俺等の頭を撫でた。 
それから、日曜日になると母は一緒じゃなくても男だけ来るようになった。 
そして、遊園地やらいろいろな場所に連れて行ってくれたし、お菓子もいっぱいもらった。 
姉を見る度に、暴力受けてるんじゃないのかと心配そうに話していた。




このページのトップヘ