事故

430: おさかなくわえた名無しさん 2009/03/30(月) 00:51:49 ID:OmwOH3JX
404 名前:774RR[sage] 投稿日:2009/03/24(火) 02:00:30 ID:Dj/2STdN

うちにいるデブ猫を飼いだしたのは、
夜中に怪我をして道路の真ん中でジタバタしていたのを
仕事帰りに通り掛かった俺が
近所の動物病院に連れこんだのがキッカケだった
夜中の流れの速い道路の真ん中にいたら、
轢かれてタヒぬのは目に見えていたので
とりあえず道路の端にでも移動させようと車を停めた

実際に近くで見ると結構怪我してて重症っぽかった
置いておくわけにもいかず、
抱き上げて車に乗せようとすると、
これぞ肉食獣!という感じで
歯を剥き出しにして俺を威嚇しまくり抵抗した

トランクにあった毛布をバサっとかぶせて包み、
助手席の足元に置くと
ぐったりしてあまり動かなくなった

素人目にもこれはヤバいと思い、
うちの近所にオープンしたての
動物病院があったのを思い出し
警察に捕まったら
確実に免許が無くなりそうな走り方をして
その病院に急いだ

自宅兼動物病院に着き、呼び鈴を連打すると
若い女の人(奥さん)がインターホンに出て
少ししてパジャマ姿の若い院長先生が
目をこすりながら出てきた

ぐったりと抵抗もしなくなった猫を
車から降ろし検査をしたところ、
後ろの両足と尻尾が大変なことに
左足が特にひどかった。
車に撥ねられたようだった




71: おさかなくわえた名無しさん[] 2013/05/22(水) 16:02:50.54 ID:kbFTsMF9
スーっとする話かわからんけど、ここにカキコ 

休日の夕方、晩酌するために酒を買いにでかけた。 
片側三車線の道で信号待ちをしてると、反対側の信号で自転車に乗った老人が、歩道の信号が赤なのにわたり始めた。 
走行車線を走っていたタクシーが、最初に気づき、急ブレーキで回避、 
老人はそのままさらに進んで、タクシーの斜め後方の真ん中の車線を走ってた車のブレーキが間に合わす接触。 
接触と言っても急ブレーキで止まる瞬間に前輪にコツンと当たる程度だったが、老人は反動で転んだ。 

しばらく経って、歩道が青になったので、暇だし野次馬根性で、事故現場に向かった。 
運転手はケガの確認などして119に電話してるようだった。 
もう一人の俺と同い年くらいの暇人の青年も野次馬してて、俺が話しかけた。 
俺「歩道赤信号だったよね」 
青「うん、俺警察呼んでくる」と走っていった。交番は近くにある。 

そうしたら、助手席から運転手の彼女と思われる女性が出てきた。 
「お願いです、いま(道路の)信号が青だったって証言してもらえるでしょうか」と言ってきた。 
なんだリア充かとおもったが、当時俺もリア充だったし、なんせ運転手が可哀想だったので証言することにした。 
そんなことをしてるうちに、青年が警察つれてきたり、誰かが通報したか分からんが警察がぞろぞろ集まり。 
老人は救急車で運ばれた。




44: おさかなくわえた名無しさん 2008/06/03(火) 21:54:47 ID:CzcNWFeA
家の近所で交通事故があったみたいで 
救急車が止まっていて被害者と思われる人が 
道路に横になってた。 

危ないな~、どうなったんだろう? 
と思っていたら被害者が自分の母親だった!!! 

心臓が止まるかと思った。



68: 可愛い奥様 2012/07/17(火) 23:36:56.14 ID:TTJ0qGyz0
すごい昔だけど
九州から地元に帰省中の深夜に
車で老人をはねたような気がした
雨も降っていたし
知らない土地での出来事だったので
おもいっきりスルーした
実家で車をみると着物みたいな布が
ライトの上にある溝?にはさまっていた
新聞もテレビもしばらく敬遠していた

きっと風が強かったので
たぶん案山子かなんかに当たったんだと思う



234: 名無しさん@HOME 2015/01/20(火) 23:08:29.07 0.net
祖母のためと思ってついていた嘘を従兄弟がバラした時。 
祖母と祖父は村の中ではおしどり夫婦と呼ばれるほど仲が良かった。祖父は仕事で出張に行くと出張先から毎日手紙を書いた。祖母も毎日返事を書いた。

ある日、出張先で祖父が事故でタヒんだ。 
家族と村人のみんなは祖母のために祖父がタヒんだ事をひた隠しにした。祖母のために郵便局員は毎日祖父の筆跡を真似て手紙を書き続けた。 
それをずーっと続けた。郵便局員が亡くなるとその子どもが郵便局員になって手紙を出し続けた。手紙の最後には必ず家と家族を村で守ってくれとしたため、祖父の出張先に行くことも止めるようにした。 
ここまでは私も生まれてなかった頃の話。 

みんなで嘘をつき始めて40年経った。祖母は病気になり、しきりに祖父へ会いに行きたいとせがむようになった。 
祖母の悲痛な叫びにみんな心を痛めたけど、絶対に誰も真実を語ることはなかった。 

それから1年後。この頃から祖母は手紙を書いても、祖父に会いに行くとまでは言わなくなった。 
従兄弟が祖母に真実を話したからだった。




このページのトップヘ