事故

196 :育児まとめニュース 2014/11/07(金) 23:42:00 ID:rn2paaYsz
兄嫁さんの修羅場。現在進行形。

八月に兄嫁さんの乗っていたタクシーが、信号待ち中に後ろから別の会社のタクシーに突っ込んでこられた。
完全に停止していたので、10:0で相手の過失。兄嫁さんは首を痛めて通院してた。

通院が終わった頃、今度は兄嫁さんの運転する車が、バックをしくじって隣の家の郵便ポストにヒット。これは結局保険使わず直したらしいんだけど、これも10:0。もちろん兄嫁さんの過失。

で、郵便ポストが直った直後、今度は兄嫁さんと私が買い物に出かけて、スーパーの駐車場で駐車したら、別の車が突っ込んできて(初心者マークつけてて、バックを失敗したらしい)私の車が損傷。
もちろん10:0。

二度あることは三度あるっていうけど……ねえ、って兄嫁さんと話していたら、私の車が修理から帰ってきた直後、また兄嫁さんの乗っていた、停車中のうちの親の車にバイクが突っ込んできた。

怖いのが、全部別の車だから全部別の保険だっていうのと、全部10:0だっていうのと、ここまでが半年以内で起きているっていうのと、全部何かが直ると次の事故が起きているっていう……

絶対兄嫁さんになんか憑いてると思うんだけど。
買い直した親の車が来週納車だと聞いた、今が超修羅場。


317 :育児まとめニュース 2019/03/04(月) 19:25:39 ID:dLqbJgR2.net
いまだに飲酒運転する奴が信じられん。
関連会社の事故報告書聞いたけど相手子供が全盲になる可能性.があるらしい。
20代の奴だがこの時点で一千万以上の借金持ち。
最悪億単位の賠償金を払わないといけない。
支店長が奴の両親と何人かで父親に謝罪に行ったがもちろん激怒。
家族四人で乗ってていきなり二人が入院。
しかも地元では受け入れが出来なく数十キロ離れた街に転院。
母親と幼児が入院して残された父親と乳児だけじゃどうもならんわな。
泣きながら謝罪は要らないから子供はどうしてくれるのか、生活はどうしてくれるのかと
言われたら金でなんとかなる物は全て払いますとしか言えないよな。
親はともかく支店長なんて雇用関係もない関係会社の末端でプライベートの時間だからほぼ関係無い。
新聞の片隅に書かれた事故でもこれだけ周りの人を不幸のどん底に陥れると知って欲しい。

357 :育児まとめニュース 2011/10/10(月) 03:26:13 0
昔のことだから今は笑えるプチ修羅場を書く。
平日の昼間に原宿の表参道(歩道)を歩いてたら、ビルの地下駐車場からベンツが
一応徐行しながら出てきた。
でも1階に出る坂道が一部だけ急斜面で、ベンツがちょっとだけ勢いよく出てきた
もんだから轢かれそうになった。
約10㌢前で急ブレーキ停車。
轢かれそうになってビックリすると足が動かなくなるって本当だね。
そこまではたいした修羅場じゃないけど、運転席にいたのが矢沢のえーちゃんで、当時
の上司が大がつくファンだったため、「なんで轢かれて来なかったんだ!バカ!」と
(本人は冗談だったのかも知れないが超本気に見えた)言われて、ショックで
疑心暗鬼がしばらく続いた。
「おまえが轢かれて入院すれば俺がえーちゃんに会えるのに!」ってorz
尊敬してる上司だっただけに、それ言われてちょっと泣いた。

377 :育児まとめニュース 2013/12/30(月) 11:12:57 0
嫁と我が子を事故で亡くして呆然としてる俺に、義母から「これから”私の”生活どうすればいいの!?」と叫ばれたのが修羅場
後から義妹に聞いたら、平日昼間にしょっちゅう呼び出して家事代行させたり食費とかたかってたらしい
嫁のパートの給料を全額嫁の経費(小遣い)にさせてたんだが、それを片っ端から使い込んでた模様
いい年したオッサンだがマジ泣きしながら義母を罵倒した
この件で「娘と孫を亡くした母親を罵倒するクズ」と嫁親戚数人から言われたので(義母の根回し)、そいつらとも縁切り
結婚前の身寄りのない天涯孤独に逆戻りした

10年近く前の話だが、まだ再婚する気にもならない
毎年誕生日とクリスマスに、我が子が欲しがりそうであろう玩具を(存命だったらの)年齢に合わせて流行りものを調べて買ってる俺マジキチ
昨日知人から「そんな事をしてると奥さんと子供がいつまでも成仏できず、新しい人生を送れないだろうが!」と怒られたんで置いていく

951 :育児まとめニュース 2019/11/23(土) 00:05:02 ID:OW.ud.L1
それまでずっと父だと思ってた人が実は叔父だった

ずっと父子家庭で育ってきて結婚式の間際になったある日、旦那と一緒に父からいきなり告げられた
私は本当は父の弟の子供で、実父と母は一緒の交通事故で亡くなったらしい
毎年命日にお参りに行ってた母のお墓に実父も一緒に入ってた
実父と母は駆け落ちみたいにして結婚したから母の実家からはもういない扱いになってて引き取りは嫌がられて、
父の両親もそのとき既に亡くなってたから父が引き取ってくれたんだって
「いつ言おうか迷ってるうちにこんな遅くなってしまった。ごめんなさい」って謝られたけど旦那は泣いてたし、
私も授業参観や運動会には必ず来てくれて、出世も自分の結婚の機会も蹴って私を育ててくれた父には感謝しかない
ただ最後の「あの時お前の親類の態度に腹がたったのと、実はお前のお母さんすごく俺のタイプだったもんだからつい俺が引き取るって言ってしまった」というのはちょっと聞きたくなかったかもしれない
ちなみに私の結婚後父はいそいそとプレステ4とニンテンドースイッチを買ってきて、テーブルに旅行ツアーのパンフレットを広げてどこへ遊びに行こうかとうなっていた

343 :育児まとめニュース 2017/05/15(月) 21:59:31 ID:twe
小学4年生の頃、夢を見た。
夢の中の私は2歳か3歳くらいで、祖母の運転する車の助手席に座っていた。
車が次第に不規則に左右に蛇行しだし、幼心に不思議に思い横を向くと、祖母はハンドルを握ったまま、俯いて目を閉じていた。
おばあちゃん寝てる、と思ったのとほぼ同時にクラクションが聞こえた。目の前には交差点が迫っていた。景色が一気に白くなり、夢はそこで終わった。

翌朝、変な夢見たよー!すごい!と笑いながら両親に夢の話を伝えると、サッと両親の顔色が変わった。
予想外の反応に困惑する私に告げられたのは、「隠しててごめん」という謝罪だった。

夢は夢でなく、昔本当に私は祖母の運転で交通事故にあっていた。
両親曰く、私が覚えていないようだし、祖母を嫌いにならないように、無かったことにしたと。
私の眉間の少し上には小さな傷があるが、それも事故の時のケガだと言われた。(それまでは、自分でローテーブルにおでこをぶつけて作った傷だと言われていた。ひどい)

フタをしていた記憶が夢という形であんなにも鮮明に蘇ったのが、自分にとっては不思議で、すごく衝撃的だった。
それからというもの、祖母の運転する車に乗るときは、毎回少し緊張した。
もちろん祖母のことは今でも大好き。

262 :育児まとめニュース 2019/10/31(木) 21:14:20 ID:mJ.zf.L1
長いです、すみません。


去年、父にステージ3の癌が見つかった。

どの位進行しているのか正確には開腹してからしかわからないし、手がつけられなかった場合は処置せずに縫合する場合もあると主治医に説明された時には頭が真っ白になった。

うちは少し複雑な家庭で父に対してあまりいい感情がなかったんだけど、タヒんでしまうかもしれないとなったら親孝行しなかった事をとても悔いたし
タヒんでほしくないタヒんでしまったらどうしようと食事もろくに取れなくなり私まで痩せてしまった。
元々恰幅がよかったのに絶食してガリガリに痩せ細っていく父が、恰幅が良かったのに同じく癌で闘病の末最期にはガリガリになって亡くなってしまった叔父(父の弟)に重なって恐くて仕方なかった。
でも私に何が出来る訳でもないので、せめて毎週休日にはお見舞いに行き身の回りの事や買い物をしたり話し相手になったり
暇潰しも兼ねて旅行雑誌をプレゼントして「退院したらお父さんの好きな温泉に旅行しよう」と励ましたり、藁にもすがる思いで新幹線の距離にある悪縁切りで有名な神社にお参りもした。

そして手術当日、実際かなり進行していた上に腫瘍が二ヶ所もあって普通なら助からない可能性.もあったんだけど
たまたま主治医の先生が業界では有名なとても腕のいいお医者さんだったお陰で腫瘍を全て除去してくださり、腫瘍が出来ていた内臓を殆ど切除したから障/害者になってしまったけれど転移もなく父は助かった。

退院後は姉家族も含めて旅行をしたりして、父が助かったこと元気になって体重も元に戻った事は勿論、やっと「ちゃんとした家族」になれたような気がして本当に嬉しかったし
私が子供の頃亡くなった母の分までこれからはたくさん親孝行をしようと思っていた。

そんな父が、今年の私の誕生日前日に飲酒運転で事故を起こしやがった。

昔からアレなところはあったけどまさか犯罪を犯す程馬鹿だとは思わなかったとか、折角助かった命を自分から粗末にした事とか
溺愛している孫(姉の娘)を犯罪者の孫にする気なのかとか、連絡を受けて警察まで迎えに行った姉曰く「運が悪かった」等と発言して全然反省していないらしいこととか
何よりも義兄(この人が姉と結婚してくれて本当によかったと感謝して止まないような素晴らしい方)の仕事は警察関係なのにどれだけ迷惑をかけるのかと全てが神経わからん。

タヒなないで欲しいと泣きながら願った私の気持ちを踏みにじられたように感じたし、その一件以来子供の頃にされた事してもらえなかった事のモヤモヤが溢れ出て連絡すら取らずにいたんだけど
先日どうしても会わなきゃいけない用事が出来て会ったら「今年のお父さんの誕生日にメールすらくれなかったね」と言われたのも神経わからん。

昔っから100%自分が悪い事でも絶対に非を認めなかったもんね。自分の行いのせいで娘に嫌われて避けられてるなんて微塵も思わないんだろうね。
なんかもうこの人の娘でいることに疲れてしまった。???

654 :育児まとめニュース 2019/07/15(月) 23:14:25 ID:Y5NCBy9Y.net
かなり昔の田舎の幼稚園の話
長文だし子供が可哀想な目に遭うので苦手な人はスルーで

毎年、年長がキャンプで一泊をするという行事があった
そこで事故が起こり一人の男の子が亡くなった
当時、俺は小学生だったので亡くなった子のご両親と幼稚園の間で何があったのか知らないが、とりあえずその幼稚園は今でもある
亡くなった子の担任(女性.23歳ぐらい)は事件の数日後に幼稚園を辞めた
担任の女性.はこの田舎出身で、隣県の短大に行って保育士資格を取り、卒園したこの幼稚園で先生になりたいと言って戻ってきた
女性.の母親がうちの母親とご近所付き合いしていたので名前と顔は知っていた
交流は全く無かった
なので、事件後からうちの母親からよく担任の女性.の話を聞いていたというか、聞かされていた
担任の女性.は事件が起こり、徐々に壊れてしまったそうだ
今はもう全く部屋から出てこず、時々部屋の中からごめんなさいという泣き声だか叫び声が聞こえるそうだ

事件が起こって数ヶ月後、季節は冬の始まりだった
学校が終わって友達と公園に行ったら、担任の女性.がブランコに座ってボサボサの髪でピアノを弾いているジェスチャーをしながら、雪やこんこと歌っていた
時々、顔を左右に振りながら、○くんピアノの音を聞いて!とか○ちゃん声が大きくて素敵!とか言ってた
俺と友達は公園に入れなかった
別のところに行こうと言われて頷くことしかできなかった
担任の女性.はそれから頻繁に公園に出没する
時間帯はまちまちだった
朝のときもあれば夕方のときもある
昼や夜のときもあるのかもと思った
友達は女性.の神出鬼没さに面白がっていたが、俺は知り合いみたいな人だったし、なによりも女性.は可愛い顔だったのでだんだんいたたまれない気持ちになった

503 :育児まとめニュース 2019/04/20(土) 16:41:55 ID:CV1bbKlQ.net
先月免許取ったばっかりの友達から「週末車貸して」と頼まれた。
「家族しか乗れない保険にしか入ってないから無理だよ」と言ったらキョトンとした顔で「絶対事故んないよ?」って言われた。
「いや、みんな事故らないつもりで運転してるけど事故があるから保険に入ってるんだよ。絶対はないからね。ぶつけられてもこっちも動いてたら9:1になったりするからね」と言ったら
「うーん、私は家族や友達が事故ったの見たことないけどなぁ…?」って腑に落ちない顔してた。
それで諦めてくれたから良かったけど、20年も生きてて「見たことないから事故はない!」って本気で思ってるのかと引いた。

719 :育児まとめニュース 2013/06/02(日) 16:24:37 0
7才の頃の修羅場

当時私7才、弟1才と、少し年の離れた姉弟だった。
年が離れてる上、よちよち歩けるようになった弟が可愛くて可愛くて堪らなかった私は、いつも一緒に手を繋いで歩いていた。
家の隣が立体駐車場だったので、よくだだっ広い屋上(田舎なので滅多に車がない)で遊んでた。
その日もいつものように、弟と手を繋いで仲良く屋上へ行こうとしたんだが、いつもは車が使うスロープをゆっくり歩いて登っていくのに、
その日に限って弟が階段がいいと駄々を捏ねた。
愚図る赤ちゃんを諌める術を知らなかったので、しょうがなく螺旋階段を使って屋上まで行くことに。
一階分くらい登ったところで、ふいに弟の手が外れ、来た道の半分くらい弟が転げ落ちた。
慌てて追いかけると、階段にポタ、ポタ、と赤い水滴が。
慌てて顔を覗き込むと、弟の額のど真ん中に小さい穴が空いていて、血が溢れ出し顔中真っ赤っか。
驚いて固まってた弟が、火がついたように泣き出したのを機に私もハッとし、
弟を背負って家まで猛ダッシュした。
「◯◯が!◯◯が!」と血みどろで駆け込んで来た私達を見た祖母達が第一の修羅場。
その後買い物に行っていた母が戻り、先に救急車で運ばれた弟の元へ駆けつけた。
その間、家で留守番していた私は、自分のせいで弟がタヒんでしまうんじゃないかと泣きじゃくっていたのが第二の修羅場。
病院から戻った母が怒っているように見えて、嫌われたんだと思い、「ごめんなさい…」と一言言った後は弟について何も話ができなかった。
何針も縫ったが、弟はその後順調に傷も治り、若干傷が残ったが何事も無く無事成長。
私が小4の時に急病で母が亡くなったが、結局最後までその事故のことは話すことが無かった。

長すぎるので切ります


このページのトップヘ