事件


123: 2014/09/11(木) 20:09:20.68 ID:zopqFgzr
高校生のときの修羅場。 


ド田舎生まれド田舎育ちで、村外れにある実家は自営業だった。 
業種は伏せるけど、時期によってはかなり沢山客が来るので
駐車場が第三まであった。 
しかし忙しいときは駐車場が全部埋まるくらいだけど
暇なときは第一駐車場すらも埋まらない感じ。 
その時期は第二と第三は放ったらかし。 
ちなみに実家と自営やってるところと駐車場全部は同じ敷地内にあって
俺は毎日登下校時にその横通ってた。 

秋も終わる頃、帰宅途中に第三駐車場に軽自動車が停まってるのを見た。 
いや、今だから「見た」って書くけど、そのときは完全に風景の一部で
全く気にしてすらいなかった。 
次の日もその次の日も停まってた。だけど全く気にしなかった。
知らない車が時期外れに勝手に停められてるのはよくあることだったから。 
俺以外の家族はその横を通るときは車でビューンなので
徒歩では通らないから気付いてすらいなかった。 

そして更にその次の日もその次の日も停まってた。 
だんだんと車の上に積もる落ち葉が厚くなっていった。 
一週間くらいして、今思えば遅すぎるけど
俺はいつまで停まってんだあの車?と思った。 
で、夕方で辺りが暗くなってきた中をテクテクと車まで歩いていって
なんとはなしに中を覗いた。 

暗くて年格好はよく分からなかったが
男がハンドルにもたれかかるようにしてして運転席にいた。 
俺はあんまりにもびっくりして「うわっ!!!」とでかい声を上げたが
男は無反応だった。 
ちょっと間を置いて、窓をコンコン叩いて声をかけてみたりしたが、何の動きもない。 
ハンドルに覆い被さるみたいになってるから顔は見えないし、ドアは鍵がかかってる。 

さすがにこれヤバくね?と思って窓を強めにガンガン叩いてみたが、全く反応なし。 
俺は血の気が引いて実家に猛ダッシュして、母にかくかくしかじか説明
すぐに救急車と駐在さんが呼ばれることになった。 

結果、男の人は亡くなってた。毒薬飲んでの自杀殳で、タヒ後一週間経ってた。 
俺は遺体の横を毎日毎日登下校してたんだよ。全く気付かずに。





943:名無しさん@おーぷん2015/07/27(月)18:16:15 ID:Q4S
質問なのか垂れ流しの愚痴なのか、自分でも判然としなくてすいません。

今年のことなのですが、夫の長期出張中の深夜、就寝している所をベランダから
鍵を壊され男に侵入され、ワイ褻な目に遭うところを、何とか抵抗して玄関から逃げました。
マンションや近隣コンビニの防犯カメラの映像から、
間もなく同様の前科があった犯人の男が逮捕されました。

夫は事件の連絡を聞いて遠方から
すぐ駆けつけてくれましたし、慰め、心配もしてくれていました。

ですが、時々妙なタイミングで
「本当に(ワイ褻な行為が)未遂だったの?」と訊いて来たり、
夜の行為を拒み続けていたりします。

未遂だといつも答えてますが、複数回訊くのは、疑っているんだろうなと思うのです。
私も事件のショックからまだ立ち直っていなく、
夫の言動に傷つく気持ちもあり、冷静に話し合えません。
疑う夫、釈明・反論し泣く私、黙り込む夫、の繰り返しです。

もうこの結婚は無理なのかなという気持ちと、
楽しかった頃を思い出し諦めきれない気持ちで揺れています。
またこの頃犯人の男性から謝罪の手紙が届き
(弁護士に書かされるらしいですね)、その手紙が届いたことを夫に
知らせてから読んでいたら、夫にいきなりティッシュ箱を投げられ口論になりました。
私が怒ると、誰かに長電話をして一日外出して帰りませんでした。

手紙は誤字脱字だらけの反省してるような
書いただけのような添削されていない手紙で、読んで捨てました。返事も出してません。
最近は精神科も行ってみていますが、合わない病院なのか、
話し聞くのが億劫みたいな顔の医者にハイハイ言われて、
診療始まって1分で部屋出されて、安定剤を貰って帰るだけです。

このままでは結婚も私の自我も駄目になりそうです。
身近な人には事件のことが言えず、相談も出来ないので、

なんでもご意見聞かせてもらえれば幸いです。




1: 名無しさん@おーぷん 2016/11/08(火)19:23:28 ID:lMe
認知症老人が運転した車で小学生轢き杀殳した例のアレな。

職業は介護業界のことなんでも。経験15年くらい。公務員ではない。男。
今回のようなケースも実体験あるよ。明確に報道されたのは初だと思うけど。




493:本当にあった怖い名無し投稿日:2013/09/16(月) 05:08:53.70ID:S29L1gzh0
スカッとはしないし、復讐でもないかな。
でも誰かに吐きだした院で書かせてください。

新卒で入った会社で暴行されて妊娠しました。
誰にも言えなくて、ひどい腹痛で救急車で運ばれて初めて
子宮外妊娠だとわかった。 

結局片方の卵巣摘出して中絶した。
そのまま流れで会社は辞めました。

もともと私、卵巣一個しかなかったんですよ。
だからもう赤ちゃんできない。




558: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/09/10(木) 02:27:28
夫と呼べない程屑の元夫から嫁奪って結婚して三年。 
「愛してる」って言った。 

病室で横になってる嫁。 
返事がないのは解ってる。 
助かってくれ。 
お願いだ。




524: おさかなくわえた名無しさん 2016/09/20(火) 19:56:16.90 ID:y33afuV9
今日朝のニュース見てビックリ! 
つうか意味不明 
「釣れますか?」と聞いて油断させて、海に突き落とすのが杀殳人未遂とか
大袈裟すぎて草生えた 

自慢じゃないけど俺ら地元でそれ結構やってたぜ 
見た目ショボそうな釣りオヤジ見つけてな

昔はこんなんじゃ捕まんない所か、罪に問われる事なかったぜ 
真冬とかにやる訳じゃないし、タヒぬかよ!アホか!ドッキリだろドッキリw 






893: 名無しさん@おーぷん 2016/05/14(土)19:12:46 ID:jL0
私の実家は超田舎の盆地
電車もなければバスもない
買い物は山を越えた先の街に行かなければならない
ご近所付き合いは平気で上がり込むのが当たり前
だから基本的に玄関、窓に鍵をかけるという習慣がなかった
これが修羅場を招く起爆剤になる
高校の夏休みその日は私以外は出払っていた
特にすることもなく日当たりのいい部屋で昼寝をしていた
気持ちよく寝ていると体に違和感を感じ目を覚ますと
見知らぬおっさんが私に覆いかぶさるように荒い息を吐いて、服を脱がそうとしていた
「え?誰?何?」
と頭を過ぎったと同時に叫んだ
もうそれはそれは喉が破裂するんじゃなかろうかってくらい叫んだ直後
物凄い怒声と共におっさんが吹っ飛んだ
何が何だか分からない状態で、目の前に現れた大きな影に抱えられ救出された
助けてくれたのは向かい家(と言ってもそれなりに離れてる)の絶賛片思い中のお兄さん
抱き抱えられる中で事態を把握して助けられた安堵感から大泣き
その後ぞろぞろとお兄さん家族が駆けつけた
お兄さんが事態を説明して通報、私の家族に電話
あとはお兄さん家族が対応してくれて
近所の方も気が付いたのかゾロゾロと来た

続く




634: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/06/29(水) 08:59:59.46 ID:Ch8lrx+V.net
朝から警察が来た。 
俺の住むマンションと隣のビルとの隙間で男性の遺体が発見されたとのこと。 
身元はすでに判明していて、このマンションの住人だという。 
それで、物音や声を聞かなかったかということだったんだけれど、 
夜中の3時前後ではないかと推定されているらしい。 
(タヒ亡推定時刻ってやつに依るんだろう)

休日前夜で少し夜更かししたものの、さすがに3時では眠っていて、 
さあ、特になにも…名前にも心当たりがありません、くらいしか答えられなかった。 

で、問題はここからである。 
うちのマンションには屋上というものはない。もちろん屋根はあるけど、そこに出る階段などはない。 
(今なら法律的にどうなんだろうね?築40年近い建物ではあるんだが) 
隣のビルの屋上がどうなっているか知らないけど、たぶん屋上に出られるんだろう。 
そうでなければ、男性はどこから落ちた(または飛び降りた)のかかわからない。 
すると、夜中〜明け方に、わざわざ隣のビルに行って、事故か自杀殳、ということになる。 
隣は雑居ビルだから、夜中でも上まで上がれるとは思うけれど、それはそとして、 
仮に自杀殳だとしたら、そんな面倒くさい手を使って、人がやっと通れるほどの隙間に飛び降りたことになるし、 
誰かに突き落とされたのなら、そんな時間帯に雑居ビルの屋上でなにをしていたんだか、となる。 

関係ないけど、最近のおまわりさんってのは腰が低いね。




859: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/09/08(木) 16:47:33.32
流れ豚切りで、人には話せない馴れ初めを聞いていただいてもよろしいでしょうか。




829: 本当にあった怖い名無し 2013/09/24(火) 20:40:06.56 ID:Tw4Y2xSYi
数年前、大学に入り立ての女の子が襲われました。 
女の子は自分の身体が汚されたことが忘れられず、自分の父親にすら怯える日々を過ごし、一年経った頃に自ら命を絶ちました。 
女の子の両親は娘を頃した犯人を許せず、そして娘を助けてやれなかったことを悔やみ続けながら、母は病タヒ、父は女の子と同じようにタヒにました。




このページのトップヘ