乱暴


695:名無しの心子知らず2017/09/02(土) 17:47:59.08ID:ilQxenwX
どうやら娘がお友達の女の子とそのお母さんを怒らせてしまったようで、
今後は出入りを控えてほしいと言われてしまいました。

謝罪はしましたし、その時はそれで話は終わったと思っていたのですが、
それからうちの子が声をかけても習い事や、今日は〇〇ちゃんと遊ぶからと断られています。
どうしたら前のように仲良く遊んでもらえるのでしょうか





753:おさかなくわえた名無しさん2013/03/11(月) 22:46:46.72 ID:qnTrYt5z
認知症になったばあちゃんに
時々頃されかけてたのが修羅場だった

まだらボケというのか、
普段はいつものばあちゃんなのに
たまにおかしくなるのが怖かった

誰にも言えなくて自分でホームセンターで鍵買って来て部屋に付けた
未だに施錠されてない部屋では寝られない




99:おさかなくわえた名無しさん2017/12/04(月) 12:13:23.47ID:R3FCnd0K
相談願います。
当方36歳男、婚約者28歳、A36歳(私の知人、男)

自営で生活しており、偶々彼女が来店しているときに
Aも来店しに来たのが、彼女達の出会いでした。
当初からAには気を付けろ(性氾罪の前歴がある)
と婚約者には伝えていました

が、女の前ではしおらしく反省しているふりをする為、
婚約者は反省し、更生したと思っていたようです。

先日、婚約者とAが私に隠れて飲みに行ってきたそうで、
そのとき襲われたそう。
私としては、無理やりだろうが何だろが、隠れて飲みに行って
行為を楽しんでいたという事実しか認識しておりません。

そこで、婚約破棄をし、婚約者の周りの人間に尻軽であることを伝えたの
ですが、勘違いした共通の人間が「許してやれ」だの、
「そんな軽い愛情だったのか?」等婚約者擁護をしだしました。

被害届を出さないのであれば、楽しんだ側の人間と同じだ
と説明しているのですが、婚約者自身も擁護連中も納得してくれません。




687:名無しさん@おーぷん2015/07/13(月)07:48:54 ID:ruT
うちの旦那がまさしく低姿勢なタイプだけど、私や弱者と思われる相手には全く手を出さない、最大の夫婦喧嘩の際もクッションを1つソフィアに向けて投げた程度でした
ただ、男相手の時は容赦無くて障害と暴行で前科2犯
事情を聞けば誰が聞いてもそりゃ怒るわって内容なんだけど、やり過ぎるのが大問題で

本人としては、日頃は可能な限り相手を理解・擁護する考え方でいるらしいんだけど、最後の一線が「どう考えても相手がふざけてる」という判断に至った場合で、それでもいきなり手は出さず、本人と1対1で膝付き合わせて話し合った結果、手が出るというパターン

一度その場に居合わせたのですが、もう北斗の拳の格闘シーンみたいで、あまりの恐さにとても止められたものではありませんでした
なにしろ、空振りしたパンチがリビングの壁を突き破り、反対側キッチン側の壁まで突き破って拳が飛び出てましたから
日頃は穏和なんですが、プロレスラーみたいな体型してまして、その人物から順を追って詰め寄られ、出口を完全に塞がれた上でキレられるので、相手はかなり恐怖を感じるのだと思います
その結果通報され、刑務所にこそ入ってませんが罰金刑2回の前科者です
次は間違いなく刑務所と念を押され、さすがに本人も自重するようですが
日頃大人しく、キレても大して怒鳴る事なく手が出るので迫力が異常です

長文スマソ
勢いで吐き出させていただきました


603: 名無しさん@HOME 2014/10/07(火) 08:31:25.20
台風で小学校は休校。我が家は義実家で二世帯同居してます。 
親世帯の方に子供が暇で家で暴れるからと義弟嫁が甥を連れて来た。 

雨風強いのに、よく来るなと思った。 
甥が暴れまわって、壁を隔てた我が家にも奇声と物音が聞こえるぐらいうるさい。
インターホンで義弟嫁が「娘ちゃんこっちに来るか、うちの子そっちにやってもいい?
お義母さんにうるさいって叱られて、うちの子かわいそうなの。」だと。

「娘は塾の宿題してるから遊べないから、どちらも無理。」とすげなく断ったら
「近所のお友達にも同級生のお友達にもみんな断られて、仕方なく来たのに
なんでみんなそんなに冷たいんですか?親戚でしょ。優しくしてやってください。」だと

そりゃ叱らない育児を徹底的にしてて、甥が誰かをなぐろうがおもちゃを横取りしようが
「あらあらだめよ。」と口で言うだけで、止めることも無く、おもちゃを返すわけでもない。
義弟嫁が「ごめんなさいね。」と言うだけ。甥はやりたい放題。
甥は小四だけど、有名なわがままで乱暴な子らしい。うちの娘は小六で
昔から友達の居ない甥のお世話係に、任命しようと義弟嫁がいつも絡んでくる。

同じ小学校で恥ずかしいから、私立中に逃げようとしているのがわからないみたいで
「私立中なんてやめてよ。同じ中学に行こうよ。」と義弟嫁がうるさい。




419: 名無しさん@おーぷん 2017/03/27(月)07:49:32 ID:qrh
息子の幼稚園の卒園式があった。
式自体は普通に終わったのだが、息子とお友達で写真を撮っていたら、
乱暴で横暴で狂暴で嫌われ者のA子ちゃんが他の女の子たちを引き連れて寄ってきて、
息子に
「アタシ、アンタのこと嫌いだから」と言いだした。 
夫に似て素直で正直な(皮肉)息子は、
生んだ私も今まで見たことのないくらいの笑顔で
「嬉しいなぁ!ボクもだよ!」と即答。

A子ちゃん、口を半開きにして
( ゚д゚)ポカーン 愕然としたが、
息子の側にいたお友達が
「ボクも、A子のことが嫌いです!」と挙手して発言。
以下
「ボクだってA子のことが嫌い!」
「A子をいちばん嫌いなのはオレだ!」と
その辺にいた他所の男の子たちも口々にA子ちゃんを罵りはじめた。

空気読んだのか本心なのか、A子ちゃんのうしろにいた女の子たちからも
「わたしもA子ちゃん、嫌ーい」
「わたしもわたしもー」と声が上がり始め、
先生まで
「A子ちゃん、大丈夫よ。仏様だけはA子ちゃんを見守っているわ」とトドメ。
※仏教系の幼稚園

一度、親の顔も見たかったのだが、保護者が誰も来ていなかったA子ちゃんは、
独りで泣きながら逃げ出した。

その後、A子ちゃんがどうなったのかは関係がないので知らない。
何がしたかったのかも不明だが、小学校は別なので気にしないことにする。 
 


469: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/03/03(火) 17:59:19.72 ID:ySfbj5Bw.net
黒髪のいかにも静かで
お淑やかですよみたいな若い女と、
髪の薄いいかにもなオッサンが喫煙所にいた 

オッサンがソワソワしながら
女にライターを貸してくれと申し出る 
女がビクビクしながら
ライター渡すのを俺はただ眺めていた
するとオッサン、「ライターもらっちゃおー^^」とか
言い出して、女がビクビクしながら、「か、返してください」って
オッサンの気持ちもわからないでもない
構ってほしいのはわからないでもないが
それはダメだろう、限度ってもんがある

一喝すべく女とオッサンの間に入ろうとしたとき、女がキレた
「テメェきもちわりぃんだよ!オイ!
んなもんいらねぇよ!クズ!」
そういってタバコの箱をオッサンに投げる

あまりの豹変ぶりに俺ぽかーん、おっさん涙ぶわっ

虫も殺したことがなさそうな顔してテメェって、
俺も泣きそうになりつつ、まぁまぁと
オッサンも構ってほしかっただけなんだ、
と、何故かオッサンの味方に
「知らねぇよ!」といって去っていく女、
取り残された僕とオッサン

もう6年前の話だけど今でも覚えてる
あれが金髪のスレたねーちゃんなら
何とも思わなかったんだろうけど、今までで一番怖かった;;
思い出したのでレスあんどage


912: 名無しさん@おーぷん 2014/09/04(木)23:30:57 ID:ZHcMqnZF8
携帯から失礼。私が直接修羅場ではないけど、小学生の時の事。
小学二年生の時、同じクラスにA君がいた。A君は両親が離婚後、父親が再婚し、新しい母親と、妹と四人で団地に暮らしていた。

妹は父親と新しい母親との間にできた子で、とてもかわいがられてたが、A君はいつもほったらかしにされていた。

新母が夜の仕事なので朝ごはんは食べさせてもらえず、いつも薄汚れた服を来て学校に来ていた。
よく近所で噂になっていたが、A君が三歳の時に団地に引越してきてから、夜は道路で寝ていたそう。
お腹がすくと団地を周り、他人の家の前に残されたラーメンの残り汁を飲んでいたそう。

そんな生活をさせられて、愛情を受けずに育ってしまった彼は、学校では超問題児。

ホースを水道に繋ぎ教室を水浸しにする、授業中にハサミを振り回したり机を投げたり、クラスの男子にちょっかいを出し大暴れ。
私を含め、当時そんな家庭の事情なんて知らなかった生徒たちは、A君が近寄るのも怖く避けていた。授業中断なんて当たり前で、担任だけでは止められずによく教頭が止めに来ていた。

四年生になったある日、家庭科で縫い物をしていた時に、A君がいつものように暴れ回り先生 に押さえられていた。
するとA君は一瞬の隙をつき、なんと針を飲んでしまった。

クラス中大騒ぎになり、担任がが「○○先生呼んできて!」と近くの生徒に言い、
気が付くと救急車の音が聞こえ て、A君が運ばれて行った。

クラス中修羅場だったが、A君は次の日何事もなかったように学校に来た。

最近A君を見かけたという友達の話を聞いたので思い出してカキコ。
30も過ぎたがものすごいヤンキー感だったそう。




このページのトップヘ