七五三

708: 名無しの心子知らず 2008/10/25(土) 17:36:14
流れを読まずに近所のセコケチさんの話を投下してみる。

2歳の娘を持つセコケチさん。
数えで七五三のお祝いを今日したそうだ。
公園で娘と遊んでいたら16時頃公園に来た。
(セ)「あーここにいたの探したよ。
今日、七五三したからお祝いよろしくね。」
(セ)「お金じゃ気を使うから
私子ちゃんのコートとワンピでいいよ(ハァート)」

娘とセコ子は1歳違いだが体型は変わらない。
狙われたのはメゾ○アノ。
会えば挨拶ぐらいの関係で友達でもないし
私子の七五三にお祝いを貰った覚えもない。

(私)「ごめん言っている意味がわからない。
何で私がお祝いあげないといけないの?」
(私)「私子とセコ子ちゃんサイズ変わらないでしょ、
お下がりとかあり得ないよ。」
とにかく無理で通したんだけど、
セコ子が可愛くないのお祝い頂戴と譲らない。
私子が怯えたからおめでとうの言葉だけあげるよ
と言って帰ってきた。

近所のママ友にメールしたら
近々親戚の結婚式に
着せる服を買いたくないと言っていたから
私子ちゃんの服、狙ってんだよと返信が来た。
普段から捨てる物は何でもいいから頂戴、頂戴と
うるさい人で苦手だったけど
今日の事があったので絶対に付き合わないと決めた。
貸して欲しいと素直に相談してくれれば貸したんだけどね。
 


451: 名無しさん@HOME 2013/08/23(金) 06:56:04.56 0
朝から叫ばさせて貰います。
「察してちゃん義弟嫁なんか大嫌いだ!」 

今年義弟の長女が七五三の七歳。
三歳の時はスタジオ○リスで済ませたらしい。
我が家が私の実家で七歳で仕立てて貰って
お参りした写真を義実家でみたらしく
今までほとんど付き合いは表面的だったのに
用もないのに電話して来たり メールをしてくる。
話題はいろいろだけど
絶対最後は
「私家長女ちゃんはいいなぁ。 
それに比べて義弟長女は着物を仕立ててくれる人が
いなくて可哀想なの。」
という話に持って行く。 

20: 名無しさん@HOME 2011/11/07(月) 09:18:50.34 0
ここで七五三の話題はよくでるけど私にも降りかかって来た。
ここは東海地方で孫にかかるものは全て女親持ちが基本。
名古屋とか都会では最近少なくなって来てるらしいけど
実家はまだ田舎でそれがスタンダード。義実家は名古屋の街中で
旦那が長男で弟がいる。旦那の地元大出て実家の仕事をしている。
弟は大学から東京に行き就職もそっちでして大学の同級生と結婚した。
たまたま転勤で名古屋に戻って来て、このへんじゃハイソな地区の
借り上げ社宅に住んでいる。

家には男と女で去年五歳男と三歳女で七五三をした。衣装は全て
私の実家持ち。実家の両親よんで食事会をして昔から付き合いのある
写真館で全員で写真を撮った。


627: 名無しさん@HOME 2011/10/31(月) 20:23:58.89 0
義弟嫁から電話が来て七五三の着物を貸して欲しいと頼まれました。
うちのは私の親が買ってくれた着物で今は私の姉の家に行ってます。
そう告げたところ、後ろで相談する気配の後、電話は義弟に変わって、
申し訳ないけど借りてきてくれないかと再度頼まれました。
幼稚園の卒園生の集まりがあって、女子は七五三の格好で来る子が
いるので、姪も今週末に着物を着たいと泣いてるのだそうです。

うちのはポリエステルの洗える着物なので心配は少ないのですが、
貸したくありません。
うちの子と姉の子がきものお揃いは微笑ましく嬉しいですが、義弟子
とまでお揃いは嫌だからです。
写真とかでずっと残るので嫌です。

それで姉のところから先はわからないし、貸すのは無理と返事しました。
義弟は納得してくれたと思うのですが、義弟嫁がまだ言ってきます。
土曜日までまだ日があるから、一回行ってみてそれから返事してくれと
言われて図々しいことに腹が立ってきています。

夫は出張で金曜日の夜に帰宅します。
電話とメール以上の対応はできないと思います。
私はどう言えば、図々しい義弟嫁が引き下がるでしょうか?

170: 名無しさん@HOME 2006/12/03(日) 19:09:35
勇者じゃないからスレチかもしれないけど、私的にはプチスカだったので。

偽実家はウトメと30代毒義姉の三人暮らし。
トメもコトメもダラで掃除嫌い、片付けできないらしくてホコリとカビが大繁殖してる。
そのくせどっちも上から目線で「嫁子さんはまだ若いから」と
人のやることにいちいち、いちいち、口をはさんで説教してくる激ウザ。

先日、息子の七五三の写真ともらったお祝いのお返し持って、
私一人で偽実家に行ったとき、たまたまコトメの友人が訪ねてきていた。
どういう話の流れだったのか、居間にいたトメと私のところに
「おかーさーん、○さんが私のおキモノ見たいって~、出してあげて~」
とか、言ってきた。普段は着物なんて見向きもしないのに。
トメ、満面の笑顔で「しょうがないわねー、そんなの自慢することじゃないのに~」
とか言いつつも、やっと娘もソノ気になったかといそいそして
「嫁子さん、コトメちゃんのおキモノ、出してあげて。
あなたも見たいでしょ?いっしょにみせてもらいなさいよ」
うわ~、と思ったけど、できるだけにこやかに
「トメさん、今日は湿気も多いし、おキモノはまたにしたほうが…」と
いちおう、言ってみたけど、案の定聞きゃしない。
私が動きたがらないと思ったのか、プンスカしながら自分で箪笥をあけ、
畳紙に入れたままの着物をごそっと奥座敷に運んだ。
で、一枚ごとに「これはドコソコの呉服屋さんにたのんであつらえた」
「これはわざわざ問屋さんまでいって、コトメちゃんが気に入る柄を選んだ」
ここぞとばかりに自慢たらたらで着物ひろげて、みせびらかしたんだけど…
コトメ友人さん 「ア…虫食い?」



このページのトップヘ