ラーメン

138: 名無しの心子知らず@\(^o^)/ 2015/12/13(日) 14:47:02.71 ID:YWMZakfy.net
ラーメン屋に行った。

子供たちはお子さまラーメンを頼んだ。
小さいどんぶりで、大人の内容を
にんにく抜きにした感じ。 トッピングも一緒。
おもちゃやジュースがついてるわけではない。

メニューには
「女性の方や食の細いかたにおすすめ」
と書いてある。

「お子さまラーメンお待たせしました。」
と持ってきてくれたら、
通路おいた隣のテーブルの小さい子が
「大きい人なのにお子さまラーメンたべてる、
おかしいね!」
とこっちまで聞こえるように言ってた。

小心者の上の子(身長140㎝ちかく)は、
一瞬で涙ぐんでしまった。
メニューみせて子供に説明したけど、
そんなの、わざわざ聞こえよがしに
言わなくてもいいじゃない。
普段からそんなにその場にいる
他人の事をバカにしてるのかな。

うちの子を 「メニューにいいって
書いてるから頼んで大丈夫だよ。
無理してふつうのを頼んで残ったらもったいないし。」
などとなぐさめてたから、
相手親はどう対応したから知らないけど。

帰るときに親の顔を見てやろうと
立つついでに振り向いたら、
その子は親と一緒に食べてて
お子さまラーメン食べてなかった。
腹立ってた上にめちゃくちゃモヤモヤした。

その子というか、その子にそう教え込んでる
その一家にとっては、何歳だったら
お子さまラーメンを食べて許されるんだろうか。



267: おさかなくわえた名無しさん 2016/03/08(火) 16:25:01.27 ID:JoYo94mm.net
今日の昼御飯時にあった出来事を投下
*スマホからなので遅いです。

当方自他共に認めるデブ
今日の昼はラーメンを食べようと行き付けの店へ行ってきた。

昼時とあって混んでいたけど、カウンターが空いているとの事なので
メニューを決めて来ていたから即座に注文し席に着いた、

座った途端から隣から『ぶつぶつ』 と何か呟いている声が聞こえてきた。
ふと目をやると、
おっさんが煙草を吸いながら小さい声で誰かの悪口を言っている。

一旦ココデキル。



652: 恋人は名無しさん 2016/02/28(日) 15:45:05.26 ID:33SdJ6FQ0.net
ラーメン食べに行った時それぞれ違う味を注文したので、味見で交換することにした。

私のラーメンには温玉が入っていたのだが、私は中盤~最後の方に潰したいため、
味見の時はそのまま渡した。
彼は最初の一口そのまま食べたが、次の瞬間温玉を潰してかき混ぜてもう一口食べた。

ポカーンとなって
なんで潰すの、と聞いたら「潰した方がおいしいと思って」

いやおいしいから入ってるんだろうけど
私がまだ温玉潰さない味を食べたいとは思わないの?と聞いても
「でも潰した方がおいしいよ?」と話にならない。

結局ケチがついたそのラーメンを食べる気がせず交換したままにした。

彼はずっと「こっちもおいしいのに食べないの?せっかく頼んだのに?」と
私が怒っている理由を理解できていなさそうだった。
食べ物の恨みは大きい。




357: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/05/10(火) 03:14:35.70 .net
俺はこの前、嫁が作ったラーメンに文句を言った!

「不味い!こんなラーメン始めてだ! 
出来て直ぐなのに麺はのびている! 
スープはぬるいし、味は薄い! 
チャーシューや野菜炒めも無いし、薬味も無い! 
今すぐ、作り直せ!」 
と、言ったら… 
泣きながらカップラーメンを出してきた… 
泣かすつもりはなかったので、少々きつく言い過ぎたのか? 
う~ん、女の涙は武器だ…


1:2017/01/30(月) 10:15:42.97 ID:qe0Etz0/0● BE:887141976-PLT(16001) ポイント特典
18歳の女子高生がとんでもない写真を掲載し話題となった。

その写真とはトイレの便器にインスタントラーメンを入れ、その麺を食べている写真。その写真を撮影しツイートしたところ約4800リツイートされ拡散。何故この女子高生はこのよう行動に出たのか?

この女子高生は知人の誕生日パーティーに招かれ、そのパーティー会場のホテルのトイレで撮影されたもの。彼女は「実際に食べたわけでなく、食べているフリをしただけ」と釈明しているが、これを見たネットユーザーは「注目を集めたいがためにこのようなおかしな行動にでるか?」と非難した。

非難が杀殳到すると彼女は「冗談のつもりで撮影した写真がネット上に拡散してコメントが杀殳到した」としてる。

便器に捨てられたラーメンは最終的にどうなったのか気になる。

http://gogotsu.com/archives/25971
47835



このページのトップヘ