ヤンキー

131: 名無しさん@HOME 2011/07/15(金) 16:30:25.70 O
私は地味でぼーっとしてる、すごく大人しくて旦那や他の人からは 
菩薩のようににこにこしてると言われるし、滅多に怒らない 
それが何故か自称最強ヤンキー(笑)コトメコは気に入らないようで 
昨夜拉致されてヤンキー仲間(笑)の前で「あんたら手出すんじゃないよッッ」って 
タイマン(笑)張らされた。 
ので肩パン1発貰ってから「嫁子今、生命の危機を感じたので正当防衛やりま~す」 
とボコボコにやり返した 
鼻血出してウワァアアアンって泣くコトメコにヤンキー仲間(笑)ドン引き 
最後に「嫁子参上」と荒ぶる鷹のポーズをして帰って来た 
私より年上の癖にいつまでしょーもない事やってるんだろう 
そんな私は6年前はどこに出しても恥ずかしいDQNでございましたとさ 
あー…過剰防衛とか言われたらどうしようと今更gkbr


1 :名無しさん@おーぷん:2016/07/26(火)21:33:51 ID:6Kk
色々懐かしくなったので聞いてくれ
というかヤンキーってイイ人もいることを聞かせたい

263: おさかなくわえた名無しさん 2013/12/10(火) 06:41:49.50 ID:t8AtY/x+
いまだに思い出しては熱くなる話をさせて 

娘がまだ赤ちゃんの頃、
ベビーカーに乗せて歩道を歩いていた

そしたら、前方に
ヤンキー座りの高校生くずれみたいなのが4人
しかも自転車を傍若無人にとめてて
歩道の半分以上ふさがっている

邪魔だなと思いつつ避けて通ろうとしたけど、
通り過ぎる瞬間に
娘の手が当たりそうになったので
慌ててベビーカーの角度を変えたら
自転車に接触し将棋倒し・・・

「あ、倒しちゃったね、ごめんね」
と謝り自転車を端から立て直そうと
するも、ベビーカーはあるし、
4台複雑に絡まってるしで、モタモタ
4人組はというと、
怖いぐらいに無言でにらんでる

とりあえず最初の1台を立てようと
持ち上げたところで、視界の端に
4人組の1人が
他のメンバーに顎をしゃくって、「いけ」みたいな
無言の合図をしたのが見えた

ちなみに夕方で駅からの歩道で
帰宅途中の人が何人も通るけど、
みんなかかわりたくないから足早に通り過ぎる

「これは、なにか因縁つけられるよね、
弁償とかならまだしも
暴力ふるわれたら娘はどうなる」
と内心絶望したその時に
一人の、本当に見た目普通の
サラリーマンの方がつかつかと近寄ってきた

それで、無言でバンバンと
残り3台の自転車をたてて、そのまま
今度は4台とも邪魔にならない位置まで移動

この間ずっと男性は無言

そして一言「これで元通りや、文句はないな」

4人組はムスッとしてたけど、
男性の迫力に気圧されたのか
反論はできないまま、
それでも不服そうに睨んでた
男性が「逆によかったな、
自転車がこの子(娘)にぶつからなくて」とダメ押し

したら、4人組も渋々小さくだけどうなづいた
(それを思うと4人組も
とことんタチ悪いdqnとかではなかったんでしょうね)


439: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2014/03/04(火) 21:00:13.86
先日、嫁が妊娠した 
なので記念に嫁との出会いを淡々と書いてみる 

俺 当時19歳 童貞 ヘタレ ビビり 
嫁 当時17歳 レディース ヤンキー

当時の俺、地元の駅前にあるコンビニでバイトをしていた
そのコンビニの前にあるロータリーには、当時既に天然記念物だったリーゼント特攻服の族のお兄さんとお姉さんがほぼ毎日たむろしてた
俺は毎回ビクビクしながら出勤し、外に水を撒けと言う店長を恨みながら夜間バイトに勤しんでいた



32: おさかなくわえた名無しさん 03/09/10 07:43 ID:hcUCocSy
6年ほど前の話です。
ある夜、私と姉ちゃんで、居酒屋で飲んで気分良く帰宅していたんです。
そこへ、「やめてくださいっ!」っていう女性の叫び声が聞こえました。
ン?と私たちが暗闇に目をこらすと、女の人がヤンキー風の男2人に、
絡まれている様子です。
私は何とかしてあげたいと思ったけど、ヤンキーは怖いし・・・と思って
ちらっと姉を見た瞬間、姉はジャンパーを何故か脱いでいるところでした。

え?お姉ちゃん、何してんのよと私が声に出す前に、姉は、なぜか側転で
男のひとりに瞬時に近づき、えいっ!と言ってアゴのあたりをぱこっ!と
殴ったんです。男は声も無く、ふら~っと倒れこみました。さらに姉ちゃ
んは、たじろぐもう一人の男のボディに一発!女の細腕とはいえ、見事に
決まってもう一人もドサッ!と崩れ落ちたんです。その間、10秒程度。
私は目の前で起きたことが信じられず、口をあんぐり開けて立ち尽くして
ました。と、姉がとことことこっちへ歩いてきて、ひとこと「行こうか」。
倒れてる男と、逆の方へ逃げていく女性を尻目に、姉ちゃんは私を連れて
余裕で帰宅しました。なぜあんな事が?帰ってから姉ちゃんに聞いても、
笑うだけで答えてくれません。それどころか、次の日には完全に忘れてま
した。
姉ちゃんは、私よりずっと華奢だし、運動神経も鈍いし、外見はお嬢様の
ような感じ。それがなぜ、側転から始まってあの一連の流れるような動き
でヤンキーを退治したのか、未だにわかりません。
ただひとつ、前の晩に二人で武田鉄矢主演の「刑事物語」を観たというの
は関係あるのでしょうか。今では姉ちゃんも普通の嫁を勤めてます。




このページのトップヘ