モラハラ

978: 名無しの心子知らず 2014/02/14(金) 20:15:17.45 ID:/RueYhbt

下の三歳の娘はとても可愛くて大好きだけど
上の五歳男児は大嫌い。
こいつだけ姑にくれてやりたい。
顔、姑と舅にそっくりな不細工。
性格、頑固ですぐに拗ねる嫌な性格。
運動神経も既に悪そう。
一番嫌なのはタイミングが悪すぎる事。 
今これされたら嫌だなって時にそれをする。 

例えば、飛行機着陸の際ベルト着用サインが出た途端に●したりとか 
家族旅行直前に病気したりとか。 

今日はこの馬鹿が、私が再三に渡り注意したにも関わらず 
鉛筆を振り回し、娘の顔に傷を付けたので 
ぶちきれてしまった。 
叩きはしなかったけど、叩いてやれば良かった。 

ほんとこいつ嫌い。 
愛されない子供にもそれなりの理由はきっとあると思う。



440: 名無しさん 2014/04/22(火)15:41:28 ID:7N5mRozOS

俺をのけ者にし続けた両親と姉を捨ててやった

俺は二人姉弟の末っ子長男で両親からは始めての男ということでかなり厳しく育てられた。
おまけに姉からはよくいじめられた。

いいようにこき使われて気に入らなければ暴力振るわれた。
殴る蹴るなんて当たり前。喧嘩の際に親はいつも姉の味方につく。
「お前は弟で男なんだから身分を弁えろ」と言われ大体俺が悪者になって姉はほぼ無傷で終わり。

いつも姉ばかりが優遇され俺は二の次三の次。
テストでいい点とっても姉の時なら「よくやった!」「ご褒美になんか買ってやる」とか言ってる癖に俺には「あっそー…」「別にどうでもいいー…」とか言われるだけ。
暴力を振るわれたときも「そんなことされるようなことしたお前が悪い」と言われる始末。
誕生日すら覚えてもらえない。
お小遣いも姉と俺とで3倍程違う。

姉からはよく「あんた邪魔。目障り。誰も悲しまないから早く出てけばいいのにw」と言われて蹴飛ばされていた。
俺には権利もクソもない。
もう正直この家庭にいる意味がわからなかった。
ただ味方してくれたのは祖父母達だけだった。

そんな12年間だった。

403: おさかなくわえた名無しさん 2014/02/23(日) 04:49:52 ID:/t/Q6QwZ

娘を産んでから元旦那が病的だと判明した。

日増しに旦那そっくりになる娘を見て旦那は嫌そうに、
「誰に似たんだか…」と忌々しげに睨んでた。

親子三人で出掛けると会う人会う人「お父さんにそっくりね」
と言われるたびに嫌そうにしていた。
親戚に「父親似だな」言われるたびに「似てないよ、やめて」と否定。

嫁を子供に盗られたと嫉妬していると何かで聞いて、
あれこれ気を使ってたけど、
「パパ、だっこ」とよちよちしながら伸ばした手を見もせずに払いのけたのを見て殺意がわいた。
「我が子を愛せないあんたなんかいらない」
と離婚寸前になってようやっと改心…したかと思えば違ってた。


第一話
第二話


505: 798 ◆6NvGVoKrwk 2007/08/24(金) 17:20:24

 
流れ読まずに経過報告します。 

ウトメぐぢゃぐぢゃでした。 
待ち構えていたのが弁護士と知って
口が金魚。 
今日までの減らず口を全否定。 
「そんなっヨメコ!私達がいつそんなこと言った!」 
「ある事ない事を言って私達を陥れようとして」 
「弁護士さん騙されないでください。この女は・・」 
弁護士さんはダンナとのメール(受信送信共に)を 
ウトメに見せました。 
ダンナの前で投げられた減らず口について 
私がいかに感情を害したか(私からの送信) 
そしてダンナがウトメを弁護するエネ語録が(ダンナからの返信) 

ウトメの顔が強張ってザマァ。 
弁護士さんがニヤリとして 
「お二方が言わなかった事を、お二方に代わって息子さんが弁明なさるのは何故」 

ウトメ「だからそれは息子が言うように悪気があったわけじゃない」 
とかなんとか。 




第一話
第二話

798: 名無しさん@HOME 2007/08/22(水) 12:30:52

 
家系自慢の締めくくりに、だから男の跡取りを産めと言われた。 
何度も何度も何度も聞かされた家系自慢うんざり。 
跡取りマダーと言われるのも勘弁して欲しい。 
無用な干渉にいい顔しない私に「悪気はないから」と親弁護 
私 に だ  け 男児を求める声も 
「欲が出たんだろうな〜」と人事のように流すダンナが嫌いだ。 

腹をくくって
 夫に話を切り出しました。 
「今度義実家で私をひとりにしたら二度と行かない」 
「結婚式への干渉、新居への干渉、どれも出来る限り譲歩して 
争いを避けようと頑張ったけどもう我慢の限界」 
「悪気がなくても迷惑だ」 
「私はウトメの夢をかなえるアラジンのランプじゃない」 
私としては強い姿勢でで言ったんだけど糠に釘でした。 
「家系のことなんて今時ナンセンスタだよねーはは 
でも○○家って○○だからそれなりの家系って聞いたよ?」 

全力で的を外した応答に頭が飛んで放心してしまった。 
その間に夫は笑顔でバスタブのお湯を貯めに行きました。 
早晩大バトルになると思うが、
果たしてバトルが成立するなら
まだ見込みがあると思います。 
バトル以前に、
私が何を怒っているのか
理解できないのではと案じています。 
そう言えば、うちのダンナ、外しまくりの応答が目立ちます。 
天然かな、それとも意図して?病気? 
どなたか経験者の方、教えてください。 



このページのトップヘ