モヤモヤ

689: 2016/06/14(火) 19:15:56.34
友人というか、職場でけっこう仲良くしていた人と距離を置いてFOしたい。できたかも。 
A子は美人で愛想も良く営業成績もよくてみんなに話しかけるので職場で友人が多い。 
が、初対面の時から何かがひっかかっていた。 
しかし、世話焼きでよく手作りお菓子などを持ってきて、
休憩時間は大勢でワイワイして私もよく仲間に入っていた。

最近、何かがひっかかっていた理由が分かった。
A子は自分が一番でチヤホヤされていないと気が済まない。
営業成績を抜かれた時に、その抜かれた人を誉めるふりしてdisっていた。
入社時の挨拶も「ゆとり世代はだらしない人が多いですが、私はそういうの許せません。
他の人みたいにダラダラ働きたくないです。遅刻欠勤するような人にはなりたくありません。
他の人みたいにいいかげんに仕事をしません。」だった。
口癖は「私は他の人と違って頑張っています」
体調不良で欠勤した人を
「私だったら体調悪くてもがんばりますけどね」と言うくせによく
「他の人に迷惑かけると悪いので」とよく休む。
なにかあるたびに「私は他の人と違ってなんたらかんたら」
口にださなくても頑張っている人がほとんどなのに
「私は、私は、私は・・・」
毎日毎日私は頑張っていますアピールをされて疲れてきた。
手作りお菓子もなるべくもらわないようにして休憩時間も顔を合わせないようにしているので
徐々に距離を置けてきてた。
が、伝言板に「今日も私はがんばってますアピールを書いているのでそれを見るだけでも精神的に参る
その伝言板は業務連絡用なのに、
「私はこれだけがんばったのでこの成績です。優しい皆様に感謝」みたいなメッセージ

妬みも入っているけど、A子の存在自体がしんどい・・・。
友人ではなくなったけど、目の前から消えてほしい。
ちなみに、一度大騒ぎして退社したのに、
「皆さんが私を必要としているみたいなので」と1ヶ月で戻ってきた・・・。 


765: 名無しの心子知らず 2016/06/13(月) 08:35:39.13 ID:2Na9NkNP
年長、年少の男子がいてキャンプデビューしたくてキャンプベテラン一家に連れていってとお願いして1年以上経過しているのですが、一向に誘われず。 
その間、他の家族(同じようにキャンプデビューしたい一家)は連れていってもらっているようでモヤモヤしています。 
子供は同じクラスで全員男子です。 

保育園なので両親ともに5年ほどそれなりの付き合いがあり子供たちも仲良しで嫌われてるということはないと思います。
誘いたくない理由は何か…わからずそれを知りたいです

147: 名無しの心子知らず 投稿日:2009/04/27(月) 17:53:26 ID:Tlcnh2lr
長くてすみませんが、カチムカしつつも、
自分の心狭いのかなあとちょっと悩んでいるので 
ご意見頂けたら嬉しいです。 

月イチペースでA・B・Cさんの4人で集まっています。 
そもそものきっかけは出産時に同じ病院になった人達。 
当時通っていた個人病院の患者さんは近隣住民が多く、
私達4人共近所に住んでいて、 
引っ越さない限りはこのまま幼稚園・小・中まで一緒になります。
 

586愛とタヒの名無しさん 2016/04/21(木) 13:32:54.12 ID:A+hL1t4e.net
自分が出席した結婚式でどうしてもモヤモヤするので書かせて下さい。

新郎新婦共に30代後半、新郎新婦の友人として夫婦で参加しました。
招待状には新しい形の結婚式ですとの事が書かれたメモ紙が入っていたものの
特に気に留めず通常のドレスで参加
車で式場まで行ったため、コートを車内に置いてきたら
式はガーデンウェディングだった
まだ3月上旬のため風が吹けば寒いし、でも紫外線は強いし
出席人数に対して席も足りないため半数以上が立ち見
ま、30分そこらだろう。と我慢した
が、式が終わって披露宴までの約40分間ほど式が行われた庭みたいな所で待ちぼうけ
特に演出があるわけでもなく、ひたすら外で待ちぼうけで(イスも回収されたためナシ)
とにかく暇だった。寒かった。
思い返す限り、他の結婚式ではこの時間にウエルカムドリンクのようなものが出たり
軽食が出たりしたけど、この結婚式では一切なし

続きます

343: 名無しさん@HOME 2016/05/25(水) 23:24:03.36 0
私の冷酷な態度に嫌悪感を抱く方もいるでしょうが、書き残させて頂きます。 

離婚した元妻に引き取られ、
会うこともままならなかった娘から不意に着信がありました。 
久しぶりに連絡を取るので緊張しているのか硬い声で
「結婚の報告をしたいから会って欲しい。」 
私はとても喜びました。

次の週、少し離れた元妻の地元へ足を運び待ち合わせ場所の喫茶店に入りました。 
応対した店員に娘の席を確認し、心を弾ませながら案内された席に向かうと
そこには元妻から送られてきた娘の成人式の写真より
ずっと綺麗になった娘が座っていました。

私は娘の向かいの席に座り笑顔で話しかけましたが、
娘は私を睨みつけ一言も喋ろうとしません。
娘の目を見ると、その奥底から滲み出て来るような恐ろしい憎悪を感じました。
私は落ち着いて姿勢を正し、何故そのような目で私を見るのか理由を問いました。

すると娘の口から信じ難い言葉が出て来ました。
「私が不倫し、元妻と娘を捨てた。元妻がどれだけ苦労したか分かっているのか」



このページのトップヘ