メール

461: 1/3 2014/04/11(金) 16:49:32.07 ID:M7RnO+yQ.net
もう10年近く前だけど、浮気した元彼女への仕返し 
発覚したきっかけはよくあるパターン 
放置されたケータイを何気なく覗き込んだら大量のラブメール 
中にはヤッたことが容易に分かるような内容まで 
もちろん相手は俺じゃない 
そこで彼女への気持ちが一気に冷め上がり、復讐&ポイ捨てを決意 
まず人がもっともショックを受けることを調べ上げた 
結果、『幸福が訪れる直前で、自らのせいで幸福を逃すこと』であるとの結論に至る 
その彼女、付き合って3年になったから、結婚の話もチラホラしてきてた 
かなり意識してたみたいだから、それを利用して復讐することにした



129: 名無しの心子知らず 2013/05/24(金) 00:12:26 ID:fMrMYCrB
お前の犯しているはんざいを知っている。 
このまま警察に通報したらお前の人生終わりだよ。 
このはんざい者め!m9(^Д^) 
正義の使者より 

というメールが、知らないフリーメールから来た。 

心当たりは無い事もない。 
スピード違反?違法駐車?拾った100円を届けなかったこと? 
大学生の時に、友達をストーカーした奴を、バットでぶんなぐったこと? 
元旦那と野外で△△△したこと? 
そういえば結構昔に昔彼と違法バーに行ったことが・・・・ 

変に返信してヤブヘビになってもいやなので、無視した。




390: おさかなくわえた名無しさん 2009/12/14(月) 10:44:42 ID:i/DowXVq
朝一で、もうすぐ三十路の派遣男(勘助)に呼ばれた。 
歳上ってだけで上司ぶる男だったから、また的外れなアドバイスか?と思ってたら、 
「あのさ、もう、メールやめよう。君とは合わない」といきなり言われた。 
皆仕事してる場所でそんなこと言い出すから、私も周りもポカーンとしてたら、 
「いや、君が悪い訳じゃないよ?ただ、俺は君の気持ちに応えてあげられないんだ。 
俺には叶えたい夢があるから、君に構ってあげることもできない。 
君の気持ちは嬉しかった。本当に嬉しかった。でも、別れよう。」 
と、下唇を噛みながら、周りをチラチラ見ながら言ってきた。 

いや、メールって、私が仕事を指示するメール送っただけですけど? 
好きだとか付き合ってとか言ってませんけど?好きじゃありませんけど? 
というか、メールだけで付き合ってる、なんてどれだけ脳内なんですか? 
つい怒りより笑いが込み上げてきて、上みたいなことを私が笑いながらいったら、 
「ほら、そうやって自分を守るじゃないか。君の笑顔は本当は君の涙だ」 
と。 

私が来年結婚すること知ってる周りの皆も爆笑。私も爆笑。 
やっとオロオロしだした勘助に、私が結婚することを教えると、暴れました。 
で、私は避難のため帰宅中。


14: 名無しさん@おーぷん2017/06/05(月)14:42:36 ID:ON5
夫が既婚女性とメールや電話のやり取りをし、
月1、2で二人きりで食事したり、
美術館でデートしたり、
知り合いを交えて飲み会をしているのを
知ってしまいました。

(いけないことだというのは承知していますが、
ケータイを覗き見てしまいました)

2ヶ月ほど前にも同じようなこと
(隠れて連絡していて私にバレる)、
女性と出掛けてもいいから
そのことを教えてほしいと訴えたのに、
また隠されました。


夫が言い分は相手は既婚だし
交際なんてあり得ないと言っていますが、
隠れて特定の女性と連絡をしていることに
不信感しかありません。

昨日の夕方にその事実を知り、
とりあえず体調不良ということにして
会話をしないようにしています。

それでも毎日逃げられるわけないので
身の振り方を考えなくてはならないのですが、
どう接したらいいのか悩んでいます。

泣きながら訴えるのか、
同居人と割りきって過ごすのか
(離婚は考えていません)、
懐の深い妻として夫を泳がせるか。

みなさんならどうするかお教えください。


122: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/06/17(水) 19:11:23.04
二泊三日の出張の帰り、空港から「今から帰る」とメールを送ったら、 
 短く「夕飯いる?」とだけ返信 

さらに、頼まれてたお土産を現地から送ったと言うメールを送ったら、ありがとうでもなく 
 「了解。水、氷、ビール、スーパーの肉じゃがよろしくー」と言う返信 

バッグは重いし出張で疲れているし、羽田空港から家まで京急とラッシュ時のJRを乗り継いで帰らなければならず、 
 しかも雨まで降っているのに、家から徒歩一分の所にあるスーパーに自分で買い物にいかず 
 俺に途中で買って来いと言う嫁 


家に帰るのが本当に嫌になる



このページのトップヘ