ムカつく


460: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/11/26(木) 22:30:01.70 .net
仲良い時はまあいいんだけど、
時々本気で嫌気が差す

今日は嫁が俺の車を運転中に事故って、
10万オーバーの修理費が必要になった 
ゲンナリしそうになるのをこらえて、
「怪我なくて良かったね」と努めて明るく言ったら 
「事故ってすぐに電話したのに出なかった、
全然戦力にならなかった」などと何故か悪態をつかれた 
仕事中だっつうの 

それでも悪い雰囲気にならないように笑顔を保ってたけど、
子供にミルクやりながら自分は寝て、 
明日の晩飯のカレー作っといてと言われた 
流石にゲンナリしながら冷蔵庫開けたら、
そもそも材料が揃ってないという 

もう呆れてものが言えん





208:おさかなくわえた名無しさん2017/02/24(金) 21:46:40.18ID:HIVkaWuo
赤ちゃん(寝てる)抱っこし、マザーバッグ持って電車乗った。

扉入ってすぐ横の角席が運よく空いてたので座ったんだけど、
赤ちゃん抱っこした上にバッグ(重い)を前に抱えるのがしんどかったので、
手すりに肘を置いてたんだ。
(描写が下手でごめんなさい、角席だと横の部分が手すりになってるよね?) 

そしたらあとから乗ってきた女がその手すり部分によりかかりたかったらしく、
何度もけつをぶつけてくる。
しまいには鞄で私の肘をなぐってくる。痛い。
私もテコでもどかなかったら(てかそこに肘置いてないとバッグ支えられない)、
そいつ振り返って「痛いんだけど!肘どかせよ!」って文句言ってきた。 
いや痛いのはぶつけられてる私のほうだ。 

「ここに肘置かないとバッグ持てないんですよ」って言ったら
「いや普通に手を前に出せよ!」
ここで女振り返って私を見て、赤ちゃん抱っこしていることに気付く。
一瞬ハッとした顔した。 
でも引っ込みがつかなかったらしくそのまましばらくギャーギャー言ってたよ。 

そもそもよりかかりたいならほかに空いてるとこあるんだからそこ行けばいいのに。 
あとから乗ってきたくせに図々しい。 

今見たらぶつけられた肘がアザになってるし。。 
ほんとむかつくあの女。




469:愛とタヒの名無しさん2011/02/05(土) 23:26:04
携帯から。

数年前に新郎の友人として出席した式なんだが、新郎の出身が新潟ということで友人一同が車二台に分けて乗り込み、東京から新潟に向かった。一台は当日帰る組で、俺はもう一台の宿泊組の車を運転。

式も披露宴も滞りなく進み、二次会開始。日帰り組は帰りの運転がある運転手を気遣って飲まず、俺を含めた宿泊組は普通に飲んでいた。

二次会も終わりに近付き、宿に移動するために運転代行を会場スタッフに頼み、宿の場所を新郎に聞いてみた。

「そろそろ俺ら眠いから、宿の場所教えてよ。代行で行くから」 

新郎「え…?泊まるなんて聞いてないよ。ガンガン飲んでるから大丈夫かなって思ってたんだけど」 

「いやいや、招待状の宿泊のとこに○つけといたでしょ」 

新郎「あー、ごめん見てなかったわ。今俺んちで親戚連中集まってて呼び出し食らってるから、悪いけど行くわ〜」 

「ちょ、お前待てよ!俺らどうすりゃいいんだよ!」 

新郎夫婦はそそくさと帰り、俺を含めた酔っ払い四人が残された。 
全く土地勘のない場所に加え、既に日付も変わっているような深夜、今から宿を探さねばならない状態。 

代行運転手にも一緒にタウンページやら観光協会やらで宿を探してもらい、車でかなり離れた場所に何とか宿を取れた。宿の人は既に寝ていたようで、電話も不機嫌な対応だった。 

後日この新郎の所行は友人一同に知れ渡り、皆が新郎と疎遠になると同時に「こういう式には絶対にすまい」と心に刻み込むこととなった。




535:愛とタヒの名無しさん2011/02/09(水) 08:25:08
先日出席した友人(新婦)の結婚式

ブーケトスの際、集まったほとんどの人が
「まぁ、遊びだしね」
「実はめんどくさい」
と小声で言いながら苦笑している中、貰う気満々の女性.がいた
いざ、ブーケが投げられると、きゃ〜と言いながらみんなが手を引っ込めたり、さりげなく隣にパスしたりしているうちにブーケは見物に来ていた女の子の手に
「すごい!今度お嫁さんになるよ」
と私が言うと女の子は嬉しそうに飛び跳ねた
すると貰う気満々だった女性.がその子からブーケを奪い取った

嫌がるその子の手を無理矢理開かせての行為に、新婦も飛んで来てみんなで止めたが女性.は鼻息荒く 
「私が結婚しちゃいけないの!?」 
その言葉に場が一気に白けた 

一人ブーケを手に女性.が戻った先は新郎親戚の席 
が、「こっち来るな」「何て見苦しいことすんの!」と座っていた人たちから怒られ、女性.の反論する声が全部丸聞こえ 

覚えているのはそれだけな結婚式だった 




252:おさかなくわえた名無しさん2010/11/09(火) 15:55:54 ID:O2ECvOei
この前ある高校の近くを通った時、男子生徒が女子生徒をからかっていた。
からかっていた内容が「こいつD65なんだってよー!」「65!?貧乳じゃん!」「ペチャパイ!」「まな板!」と言うもの。
女の子は顔を真っ赤にしてサイズ言うのやめてよ!と言いながら逃げるようにいなくなった。

…D65は貧乳ではないだろう…むしろ羨ましい体型だが…。女の子の代わりに気に障って腹を立てておくw
男子高校生の知識なんてそんなものなのか…。




403: おさかなくわえた名無しさん 2009/02/15(日) 21:19:58 ID:rAfeFiGf
バレンタインで、全く料理できない友人が「彼氏にチョコを渡したいので協力して」 
と言ってきた。 
「これ作りたい」と言うのでレシピを調べといた。 
スーパーが近いのでウチのキッチンでやることになり、その前に材料を買出しに行った。 
「小麦粉とココアはウチにあるから、チョコとバターだけ買えばいいよ」と言ったら 
「え?バターは家に無いの?」と言われましたよorz 
あったら使うんかい・・ 
会計はもちろん割り勘。(端数は私もち) 

カップケーキで8個できたんだが、友人は当然のように5個自分の袋に入れるw 
そのうち一つを手に取り、「これなんか少ないから、多いやつに変えて」だとw 
カップに流し込んだの自分でしょうに・・・ 

なんかずうずうしいってより意地汚くてドン引きでした。




801:おさかなくわえた名無しさん2017/02/18(土) 14:23:57.17ID:2tGhg+nG
話が10年以上遡るけれど。長いし、しょうもない話。

私は中高一貫の女子校に高校から入学した、いわゆる高入生だった。
高入生は私を含め数人しかおらず、お嬢様学校だったこともあって、
小中ともに公立だった自分が馴染めるかずっと不安だった。 

そんな私に最初に声をかけてくれたのが同じクラスになったA子だった。
A子はとてもしっかりした子で、こちらが申し訳なくなるくらい、
あれやこれやと何かと世話を焼いてくれた。
「私たち親友だからね!」と言ってくれてうれしかった。 

女子校は陰湿なんじゃないかと想像していたけど、
すぐに私は他のクラスメート達とも打ち解けることができた。 
そして、数ヶ月も経つと
何となくA子が皆から好かれていないということが感じ取れるようになった。 

皆あからさまにA子を避けたり、陰口を叩いたりはしないけど、 
A子が輪の中に入ってくると、ややテンションが下がる、そんな感じ。 
友人にA子が何かしたのかと聞くと 
「まあ、中学の時に色々とね。何というか、卑怯というか小心者というか」




877:可愛い奥様2017/02/18(土) 18:25:00.63ID:x71oOjYO0
うちの前は私道なんだけど隣の家の来客が度々駐車してて車が出られない
その都度迷惑だからやめてくださいっていってたんだけど
今日隣の人が怒鳴り込んできた

近所は助け合うものだろう、そんな苦情言ってくるのはあんたんとこだけや!だって 

正しいこと言ってるのはうちなのに一方的に悪者にされて泣けたわ
私道だから警察は不介入だよね 
80オーバーのジジイだから半分ボケてるのかもしれないけど、
近所にも悪口バラまかれてメンタルやられそう




180:名無しさん@おーぷん2016/09/18(日)08:57:27 ID:bLS
大学時代、親父が海外転勤で母親と一緒に行ってしまって一人暮らしになった。
その我が家のお向かいさんが70歳ぐらいの一人暮らしのばあちゃんで、
時々おかずを差し入れてくれたりして「勉強がんばれ」とか応援してくれて、
俺もお礼がてら重い物の買い物を代行してあげたりしてた。
ある日、ある会社の二次面接があって出掛けようとしたところ、
その向かいのばあちゃんちの台所の窓に電気が点いているのが見えた。
その時は特に気にもせずに駅に向かったが、電車に揺られているときに突然不安になった。
その日は天気が良かったし、ばあちゃんちの台所は北向きとはいえ十分明るいと思う。
なんとなくだが、年寄りは無駄に電気を点けない気がしたんだよ。
まさかとは思うけど、中で倒れてたりしないかなーってなんか不安になって
でもせっかく一次を通って大事な二次面接、遅刻するわけにはいかない。
ばあちゃんちの電話番号は家に帰れば分かるけど、自分の携帯には登録してなかった。
他に連絡取れそうなご近所さんも知らないし。
電気を消し忘れて息子さんの家に遊びに行ってるのかもと無理矢理考えて、
どうかそうでありますようにと願いながら、面接が終わると飛んで帰った。




713: 名無しさん@おーぷん 2017/01/04(水)23:31:46 ID:ojL
先日、足の悪い母に頼まれて
母の好きな鞄の店に行った時の話。 

予算と希望する鞄の形を店員さんと話しながら見て、
ある程度目星をつけたところで
それまで接客してくれた店員さんは
バックヤードに在庫を見に行くために席を外しました。

戻ってくるまでに自分用にもと
店内を見回していたんだけど
別の店員がつかつかと寄ってきて
「お客様は買うものも決まっていないし、
値段も気にされているようですから
うちの鞄はお買いにならないほうがいいんじゃないですか」
と言ってきた。

びっくりして困惑する私に鼻で笑って
「値段を気にしなきゃいけないなんてかわいそう。
貧乏って不幸ね」と畳み掛けて言われた。

丁度バックヤードから戻ってきた店員さんに謝られて、
なんかもうその時は呆れて帰って来ちゃったけど、
あの店員の神経がわからなさすぎる。




このページのトップヘ