トメ


898:名無しさん@HOME2011/12/06(火) 08:49:53.06 0
トメもコトメも霊感があるらしく(今はそうでも無いけど子供の頃は凄かったと
自分で言っている)

ウトが亡くなって葬式の夜も、皆で思い出話をしてる時に、
突然「し!今そこにお父さんが来てるよ!悪口言ってるから気になるみたいw」
みたいな事をドヤ顔で言われて、私も子供も、どん引き。
実はウトが亡くなる数ヶ月前、今年の春に私の実父がタヒんでいる。
夏にウトが亡くなったんだけど、その数日前には私の不同級生の訃報が届き、最近
私の叔父が亡くなったと知ったとたん(それまでは何も言ってなかったのに)
「そういえば、前から嫁子さんの後ろに◯◯な老人の影が見えてて気になっていた。」
と、コトメに汚い物を見るような目をして言われた。
つまり、今年最初にタヒんだ私の父らしき影が私の背後にいて、ウトや周りの人間を
あちら側に引き込もうとしているとの事。
子供の頃から与太話を聞かされて慣れていた夫も、さすがに呆れて
「じゃあ、皆を巻き込む訳には行かないから、もう来ないよ。多分一生来ないから」
と言ってくれた。
トメが孫ちゃんだけでも、遊びにくれば良いじゃないと縋り、コトメは自分の霊感は
鈍っているから間違ったかも!と言ってたけど、夫はキッパリ拒否。
もう義実家との付き合いを止めるらしい。
子供に変な話しを聞かせたく無いし、何よりも私のタヒんだ父親が悪霊になったなんて事を
得意げに言う人間とは付き合いたくないって。
今迄も、私達の新居で何かを見たとかキモい事言われて、モヤモヤしてたので嬉しかった。




595: 名無しの心子知らず 2005/12/22(木) 15:53:32 ID:+PliggTP
夫28才、私24才で結婚。そのときコトメは毒26才でした。 

結婚の挨拶に伺ったとき、トメに真顔で
「コトメちゃんが結婚するまで子供は産まないでちょうだい」と 
台所で2人きりになったとき耳元でささやかれました。 

私はしばらく共働き予定でしたし、
婦人系の手術をしているので(ウトメには内緒)
子供は2~3年後と思っていたのですが・・・ 

結局28才のとき妊娠。
夫が義実家に妊娠報告をすると、帰ってきた返事は

「あら~、出来ちゃったの~。コトメちゃんが可哀想じゃない!親戚の手前もあるし~。コトメちゃんが出遅れたみたいになるじゃない。困ったわねぇ。待てなかったの?」と言われたそうです。 

夫が切れて音信不通になりましたけど、産まれたことを知ると(実母から連絡)、ウトメ+コトメで病院へ駆けつけ、孫ちゃ~ん孫ちゃ~んと気持ち悪いほどなで回されました。 

そして「ほらっコトメちゃん抱いてごらん!コトメちゃんの子みたいね~。
夫君とコトメちゃんの小さい頃にそっくりだわぁ~。良かったわ~。うちの血が濃くて。

コトメちゃんが赤ちゃんをダッコして、隣に夫君が座って。
後ろにお父さんとお母さんが並んで写真を撮りましょうよ。
嫁子(私)さん、シャッター押して」と言われました。 

それから、ウトメには会ってません。
もちろん親戚に届いた年賀状の写真は上記のモノ。 
夫とコトメ夫婦みたいで気持ち悪いです。
はい、うちにも届きました。





965: 名無しさん@HOME 2008/11/13(木) 13:00:50 0
トメと義兄嫁へのDQN返しがあるんだけど、投下していい?



308: 名無しの心子知らず 2017/02/08(水) 16:04:16.25 ID:Sb/Bqr1T
長男が4月から小学校入学、次男は生後3週間 
一昨日、小学校の説明会があってそこで必要なもののリストをもらった 

体操着袋とかランチョンマット、手さげバッグなんかを用意しなきゃいけないんだけど 
サイズがだいたい合っていれば手作りでも既製品でもいい
とのことだったので
簡単なものは手作りしてバッグとかは既製品にしようかな

と思ってたら、トメとコトメから 
母親が手作りしないなんて可哀想!イジメられる!愛情不足でグレる!
もっと子供のことを第一に考えるように! 
とラインが送られてきた 

旦那を問い詰めたら義実家のラインのグループトークで小学校の話になり
既製品にするつもり~みたいなことを話したらしい 

余計なこと話す旦那はもちろんクソなんだけど
産後でクタクタの中、里帰りせず何とか頑張ってやってるのに
母親失格と言われたようで腹立たしいというより悲しい 

産後のホルモンのせいもあるのかもしれないけど
自分でもびっくりするくらいダメージくらってて涙がとまらない


457: 名無しの心子知らず 2005/11/01(火) 13:48:20 ID:uAVJ9nkD
私も吐き出したい…。 

お産には、旦那がいない場合は実母が付いてくれる事になっていた。 
トメには陣痛時の極限状態を絶対に見られたくなかった。傍にいられたくなかった。 
予定日前、旦那に何度も何度も何度も頼んだ。 

でも、早朝に産気付いた時、旦那はいの一番にトメを呼んだ。 
ヤツはそのまま仕事に出掛けた。 

それからは地獄だった。 
ぴったり張り付いていられ、母が気を利かせ、
あの…どうぞマンション(産院から徒歩3分)で 
お待ち下さいと何度言っても完全スルー。 
ベッド脇の椅子にのほほんと座り、痛いのよね~と笑っている。 

陣痛に合わせて腰を押してくれたり、うちわで仰いでくれてる母を捕まえて、
世間話と私の時はね~という自分の出産時の話をペチャクチャぺチャクチャ。 
陣痛1~3分間隔、体勢を直そうと起き上がった私の憔悴した顔を見て、笑った。 
その時お昼頃。「生まれるのはまだまだ!夜か明日だね~。」
 


このページのトップヘ