トメ

321: 名無しさん@HOME 2016/02/22(月) 10:27:51.23 0.net

プチネタです 色々はしょってます


ウトがしんでしばらくしてから家の固定電話の留守録に絶縁して5年のトメからのメッセージが入るようになった
「嫁子さんに今までの事をお詫びしたい」「孫に会いたい」「お食事でもどうですか?」とかがしおらしい声で入っていた

トメには別居した時に変えた携帯の番号を教えて無いからこっちにかかって来るみたいだった
考えてみたら今どき固定電話にかかって来るのはトメかセールスか勧誘位しかないので留守録の応答メッセージを同居解消する時に録音した
「嫁子!!二度とお前の顔は見たくない!!声も聞きたくない!!」にしてみた


メッセージ変えて1発目の留守録に
「嫁子!!なんだこれは!!すぐ消せ!!ギャーギャー」みたいなのが入ってたから改心はしてないようだ
その後はたまに固定電話が鳴ってもすぐに切れて留守録にメッセージが入る事は無くなった




586: 名無しさん@HOME 投稿日:2010/03/04(木) 09:36:58
規制解除で記念かきこ!! 
訳あって一週間一緒に疎遠中の義実家に滞在してくれと旦那に頼まれた。 
行ってみたら姑から絵に書いたような嫌がらせを受けた。
旦那はもちろん見てみぬふり。訴えても「一週間だから我慢してくれ」と。 
5日目に滞在延長が勝手に決定。パートがあると訴えると、
旦那「うん、うん、だからパート先にはやめるって電話したから^^」って。

私のパートがないと生活できないよ?と言うと
「こっちで探せばいいよ^^」。頭が痛くなってきた私の隣りに来て嫌味連打の姑。
今までは、ハイハイワロスで済ませてきたが何かがキレて
「ヒャッッハァァアアア」と叫びながら机の上のものをひっくり返して、台所へダッシュ。
冷蔵庫を背負い投げしようとしたもののやはり無理だった為中身を取り出し床に投げつけて、頭の中で北斗の拳の悪役になりきってコタツやTVのコードをぬいて頭上でそれをブンブン振り回した。
姑唖然。旦那はタックルで止めにきたがもう手遅れ。
旦那を突き飛ばしてダイニングテーブルにのぼって木ベラで蛍光灯を攻撃。
やめなさい!と叫ぶ姑を尻目にベランダに飛び出して
「誰か~!助けて~~!!」と叫んだりアババババババと口に手を当てたり放したりして、とにかくキ〇ガイになりきった。
最後には近所に住む旦那弟と旦那に取り押さえられたが約40分ぶっ通しで暴れた義実家はボロボロ。
その日の夜に無事自宅に帰れました。


772: 名無しさん@HOME 04/05/26 09:36
今日はコトメが来る日なので、何かと用事を作って出かける予定。 
この前、トメがコトメが来るので、はりきって料理していた。 
前の日、私が作ったアボカドの入ったサラダ、好評ですぐ食べられなくなった。 

トメもその日は、このオシャレっぽいサラダに挑戦して 
コトメに食べさせようとしたらしい。アボカド他材料は冷蔵庫にあった。 

「あれ?アボカド使ったんですか?」 
「使ったわよ、なんで」(ギク!) 
「いやあのアボカドもうひとつは、食べ頃じゃなかったんですけど」 
青くて食べれないと思ったけど、食べれました?」 
「大丈夫よ。食べれたわよ~(キ~!)」と大きな声で叫んだので 

不評だったのかと・・・すぐに察しまして、ゴミ箱みたらサラダ捨ててありました。 

「へぇぇぇ・・・食べれるんだ!すごいなぁ!」 

ちなみにアボカド、剥き方も知らないので、周囲をそぎ落とししていました。(笑)





761: 名無しさん@HOME 2010/12/03(金) 22:37:01 0
トメはヨメに対してはまさに何にでも文句を言う人。 
孫の成績が良ければ「勉強ばっかりさせて!いつもガミガミ無理強いしてるんでしょう!」 
悪ければ「教育は母親の責任よ!恥ずかしいと思わないの!」とどっちにしろヒステリー。 

私はそういう人がすごく苦手で、けっこう今までも衝突があり、現在ではかなり疎遠。 
それに比べて義弟ヨメさんはいつも笑顔でおっとりしててある意味トメのお気に入り。 
(可愛がったりしてるわけでは決してなく、イビリターゲットとして) 
しょっちゅう義弟夫婦を呼びつけたり押しかけたりしてるらしい。 

義実家にちょっとした集まりがあって夫だけ派遣したんだけど、最近のトメはもう 
人前でも堂々と義弟ヨメさんにくどくどと文句を言うようになってしまったらしい。 
見かねた親戚が「いくらなんでも品がない!」と一喝してやっと黙ったんだとか。 
まだぐちぐち言ってるトメにあきれた夫が義弟ヨメさんに謝りつつ義弟を怒りつつ、 
「母は強いものには弱いんです。大人しくしてるとつけあがるだけだから、 
もっと怒ったりしてください」と言うも彼女は「本当に平気なんですよ~」と笑うのみ。 
親戚のおじさんが「いやはや菩薩のようだね、なんだってそんなに我慢できるんだい」 
と茶化したら、義弟ヨメさんは相変わらずニコニコしながら 

「だって、どうでもいいですから」 

と笑ったらしい。 
場は静まり返り、明らかに微妙な空気が流れてるのに、やっぱりニコニコ笑ってたそう。 
「リングの上で義弟ヨメさんのはりぼて相手にトメが必タヒに闘ってて、はるか上のVIP席で 
ニコニコそれを見てる義弟ヨメさんの図」が頭に浮かんだ、と夫が言っていた。 
いびってると思ってたのに実は見下されてた、と悟ったトメはマジで顔が赤くなってたそう。 
その夜、血圧の上がりすぎで具合を悪くしたらしい。 

同じリングに上がって真正面から闘ってしまっていた自分は小者だったんだな・・。



605: 名無しさん@HOME 04/05/23 09:10
うちのペットが勇者(?)になった話を。 
私が結婚前から可愛がっていた子が、病気でなくなり2か月。
落ち込んでる私を旦那がペットショップへ連れてってくれました。 
最初は「新しい子なんていらない」と思ってたんですが、ひとつの水槽の前で 
つぶらな瞳のあの子に会った瞬間、アイフルのお父さん状態。
旦那に許可をもらい、すぐに連れて帰りました。 

旦那が出勤し、私は新しい子を水槽から出し、親睦を深めておりました。
ところへ、ぴんぽーん。この時間帯なら、きっとしつこい新聞勧誘。そうだ、この新しい 
子に追い払ってもらおう、と新しい子を首に巻いたまま、「はーい」とドアをガチャ。 

立っていたのは、新聞勧誘よりもっとタチの悪いアポなしトメ。 
「嫁子さん、今日は……」とまくしたてかけたトメと、私の首に巻かれた子と目が合いました。
そういや、トメにはペットを見せたことなかったっけ(いやがるだろうと思っていたので) 
そのあとのトメの絶叫はすんごいもので、いつもなら玄関開けるなり上がりこみ 
茶を出せ、昼も食べていく、と6時間は居座るのに、いたのはたった20秒。 

その後、帰宅したらしいトメから、「いますぐ捨てるのよ、いいこと、捨てないと 
もうそちらに行ってあげませんからね!」と電話。 
そっか、もう来ないのか、ラッキー。

というわけで、いま旦那に頼んでこの子のお嫁さんを探しています。



このページのトップヘ