スカッと

574: おさかなくわえた名無しさん 2013/10/09(水) 18:14:33.35 ID:B9j9B5K+
今日あったこと書かせて貰うね、
本気でクソDQNになってしまったから
胸糞悪いかもしれないけど許して欲しい 
多少フェイク入れるね、
意外と見られてるかもしれないから

今日は職場で頼まれてハロワークへ出かけた
オレは休みだったから
書類だけ渡して帰ればいい簡単な仕事だった

11時前で人も沢山いて
駐車場は1箇所しかあいてなかった
車を停めて電話で会社に確認を取り
離れながらふと車の方を見た
左隣の車が異常に曲がってる
(このままじゃ隣の人車に乗れないかも、
オレの車も当てられそうだし)

そう思って電話が終わって
すぐに車を動かしにむかったんだ
そしたら車ほうからバン!って音がして
急いで向かったら太ったじじいが
ドアを無理やりあけて車に乗ろうとしてる

しかもオレの車の後部ドアに
じじいの車のドアがめっちゃ当たってた
急いでじじいに文句を言いに行った

「当たってますよ!当たってる!
これ自分の車なんですけど!?」
じじいは乗り込みながら、
「ああすいませんすいません」
と言ってこちらも見ようともしない

じじいが車に乗ったんで
ナンバーを携帯で写真にとって降りてくる様に言った
念のためともう一枚写真を撮ってたら
じじいが急加速で逃げていった

警察を呼んで調書を取って、
ナンバーが全部わかってるから
すぐ相手はわかるといわれて家に帰った

14時ごろ警察から犯人がわかって
全部認めて修理にも応じるといってると
相手の住所、名前、電話番号を教えてもらった
すると警官はこう言ったんだ
「少しおかしいみたいで・・・危険だと思ったんで
あなたの連絡先は教えてない。
できれば保険屋に間に入ってもらって」

すぐに電話で相手へ連絡した
以下その時の会話


500: 名無しさん@HOME 2007/11/12(月) 15:46:22
流れ読まずにプチですが投下します。ありがとうございます。 

これまで転勤族の遠距離別居の私達に、同居汁!将来は面倒見てくれ! 
と、いつも遠まわしにネチネチうざかった義実家。 
パラサイトコトメがやっとキモ男と結婚し、義実家近くに新居を建てる事になったら 
途端に掌を返したかのように 
トメ「気を悪くしないで欲しいんだけど、やっぱり同居はしなくてもいいわぁ。 
ホラ、なにかと嫁姑が一緒に住むとタイヘンでしょ?」

私「そんな、気を悪くするだなんて!むしろ嬉しいですわ。オカアサマ(^ω^)」

「…(;^ω^)ん?」って顔してたけどシラネ。
「まぁ、同居しなくても何かあったらヨ・ロ・シ・ク・ネ☆」ってダブスタ言ってたけどそれもシラネ。
実親に「あんたたち負け組認定されて見切られたんじゃないの?」って言われたけど腹も立たね。

夫と二人、将来住む家の夢がひろがりんぐwww
ひとつ後悔しているのは、録音しておかなかった事だ。



458:   02/06/22 15:27
失礼な一言スレにも書いたんですがこっちのほうが合ってるようなので 

ウチ、元公家さんなんですが、妹の旦那の親が家柄とかそういうのが自慢の 
廚で 

妹曰く 

『アナタのご実家、調べさせていただきましたけど、まぁまぁ普通の 
ところの様ね』 

確かにウチは維新後本家と分かれた分家筋で親もリーマンですけど 
ご先祖さんはゴニョゴニョ 

『まぁ若干釣り合いはとれないけど宅の○○ちゃん(旦那)がいいって 
言うならしかたがないわね(旦那は三男)』 

正直唖然 一体どこの調査会社に調べさせたのやら(w

ちなみにこの三男、こういう親が嫌で高校から家を出ていたそうだ。
この話をウチの母親から聞いた京都の本家筋の親戚、ピクっと来たらしく
本家を仕切る叔母が『東夷に礼儀を教えてあげましょうか おーほっほ』
と(いやマジでw)おっしゃり、こりゃ結婚式ただじゃすまないなーと思っ
たら祝電披露やらスピーチやらでやってくれました。
京都の親戚筋はまぁ元公家さんばっかなんですが(当たり前か)横の繋がり
が強固なようで、名前を聞けば誰でも知ってるようなお名前がずらりと・・・
叔母曰く
『生半可な自慢は恥かくだけって田舎者には教育してあげないと○○(妹)
が苦労するでしょ。いい機会だわ。みみっちい自尊心粉砕しておきましょ』
と。京言葉でおっしゃるので迫力が(w
おかげで向こうの親、妹には以後高飛車に出ることはなくなったそうです



517: おさかなくわえた名無しさん 2011/05/25(水) 21:50:40.55 ID:ViWSRcQB
高校二年、当時仲がよかった男子二人と賑やかな所に遊びにいってた。 
お店の行列に並んでた時、後ろにいた大学生の塊のリーダーっぽい男に私は肩掴まれ無理矢理向き直された。 
「音楽聴きながら歩いてんじゃねぇ(?)」と。歩いてねーよ。 
そのまま掴まれた首根っこゆらされた。私は喉の風邪を引いててマスクをしており、ゆらされた反動で思いっきり咳込んだ。 
げほげほ咳込む私、私の背をさする男子、近くの自販機で水を買ってくれた男子と私達は大学生を空気のようにガン無視。

当然ながら大学生お怒り、やがて水を口に含んだ私の胸倉をひっつかむ。周りの大学生はやれだやめてだと騒ぐ。
このあとはお分かりかと。
「ぶふー!!!」
私は口に含んだ水をそいつの顔にぶっかけた。
大学生、男子、周りが噴き出し、私は咳込んで苦しいながらもそれが面白く水を再度口に含んでは咳込み顔にぶっかける→口に水を含む→ぶっかける。を五回くらい繰り返した。
んで呆然としていたリーダーだがハッとして私の耳にはまるそれを抜き取った。
イヤフォンのように線が繋がっていなく、リーダーまたもや呆然。
私、ようやく落ち着いて一言。
「それ、補聴器ですよw」
リーダー意気消沈。周りにどや顔する私と「なんか言うことあります?」「こっちは言いたいこと山ほどあるんですけど」男子がすかさず言い、大学生たじたじ。
そのあとリーダーが中々謝らなかったので水を口に含もうとしたら謝られたwwwもったいないからぶっかけたけど。
帰り、リーダーと囃し立てた大学生の有り金せしめ並んでいたお店のお菓子を買いまくった。
クラスメイトにも配るほど買ってやった。
私は元々耳が悪いが、補聴器があれば生活に支障はないのでその日もしてた。
リーダー友人いわく「音楽聞いて歩くヤツを注意して好きな子の気を引きたかった」んだって。
別の意味で引かれてたみたいだけど。よかったねリーダー!



836: 1/3 2012/05/17(木) 20:08:06.16 O
では私じゃなくて伯母が偽実家にやったDQ話(伯母の許可済み)でも。


あれからもう20年くらいになるけど
ある日の早朝、突如全身真っ黒な服に身を包んだ伯母が
我が家に従姉妹達を連れて来たと思ったら
今度はオカンを連れて、またどこかへ出掛けて行ってしまった。

そして、夜になってやっと二人が満面の笑みで帰って来た。
その時は、従姉妹達も私達姉妹も全員まだ小学生だったので
わけがわからないまま、お互いの母親から漂う
ものすごい酒の匂いにひたすら辟易してその日は終わったが
(あとから帰って来たオトンが
その日の夜、このウワバミどもが…と呟いてたのは未だに覚えてる)

数日後、学校から帰って母方の祖母の家の庭(歩いて1分もしない超近距離)で妹と遊んでたら
オカンと伯母が二人して祖母に叱られてる姿を目撃した。
でもなぜか婆ちゃんの口元がニヤニヤしてたんだ。

怒られてたのはあの日の事かと気になってしょうがない私と妹は
オカンにあの日何があったのか聞いてみたが

オカンはニヤリと笑って「まぁ、アンタ達が大人になった時話すよw」とだけ。

後で事情を知ったらしい姉と父は「お前らが知るような話じゃない!」と
口を固く閉ざしていた。
…ここまでが当時の記憶。



このページのトップヘ