スカッと


498: 愛とタヒの名無しさん[sage] 2012/03/13(火) 01:28:13.67
去年あった職場の同僚の結婚式。 
新郎の同僚仲間や上司と参加し、式が始まるまで新郎新婦の友人一同を集めた控え室みたいなとこで 
談笑してたら、新婦友人方で「やめなよ」「なんで?いいじゃん!」って軽く争う声がした後、 
そのうちの1人が「カップケーキとマドレーヌ食べませんか~?」ってニコニコしながら箱を持ってきた。 
どうやらその女の手作りらしいんだけど、どう見ても生焼け。見た目ヌトッ・・・って感じ。
ああ、新婦友人がさっき止めてたのはコレでか・・・、と向こうを見ると、数人の女の子達がウンザリした顔しつつも頭を下げてた。 
「ごめんなさい、これから食事出ますしお腹いっぱいになっちゃうんで・・・」と同僚(女)が 
申し訳なさげにやんわり拒否しすると、その女は無視して「どうぞ~」と同僚(男)連中にだけ、次々と勧めだした。 
同僚(男)連中も「すんませんちょっと・・・」「甘いの苦手で」とか遠慮するのだが、手作り女の押しが凄い。 

「ちょっとブランデー入りで、男の人でもおいしいですからあ!こっちのカップケーキは桜の塩漬けが隠し味で・・・」とか 
説明もしだして全然引かない。見かねたのか、新婦友人達が 
「あっちで皆と話そうよ~○○ちゃん」とか再び止めようとしてくれたんだけど、手作り女は意固地になってか止まらない。 
そんな中、すでに軽く酒が入ってて上機嫌の新婦親戚らしきオヤジがフラフラやってきて、 
「おっ!いいもんあるじゃん、俺にもひとつちょうだいよ!」と手作り女の肩を叩いた。 





269:名無しさん@HOME2012/08/17(金) 10:24:03.34
ブタ切って

未熟児で生まれた息子のことをチクチク言うウトメ
棚行にきた若いお坊さんにも愚痴ってました

トメ「あんな小さく産んじゃって……ウジウジ」
坊「え、何グラムだったんですか?」
トメ「1500しかなかったんですよ」
坊「え、大きいじゃないっすか。俺、950gだったみたいですよ」

その場にいた全員が固まりました
だって、坊さん195センチ超えたかなりなマッチョマン

坊「うちの両親なんて「あんた未熟児じゃなかったら3メートルぐらいに
なってたんじゃない?未熟児に生まれてよかったわぁ」って言ってますよ」

息子抱っこしてくれて、「小さい小さい言われたら大きくなれんよなぁ。
元気になぁれ大きくなぁれって言われたら俺みたいにでかくなるぞぉ」
って言ってくれた
それまで防波堤にもなってくれなかった夫が覚醒
結婚以来の同居解消してくれたうえ、私と息子はウトメと絶縁になった


この時期になると思い出す5年前のスカ話




221:名無しさん@お腹いっぱい。2012/06/25(月) 10:52:50.67
嫁が嫁父に切れた。

嫁父は所謂毒親で、嫁が小さい頃から、嫁と嫁母に暴力をふるっていた。
嫁はコンプレックスの固まりで、俺と知り合った頃は自虐的な奴だった。

結婚して、初めて実家を離れた嫁は
専業主婦になった。
俺の稼ぎでやっていけるし、家事もキチンとしてたので、好きな様にやらせた。
その内嫁は、スポーツジムに通いだした。
小さい頃から押さえつけられて育った為、自分は何にもできない奴だと思ってたらしいが
体を鍛えてるうちに、楽しくなってきたらしく、ダイエット目的で、今度はボクシングジム通いだした。 




296: 1/4 2008/11/08(土) 11:30:19
トメは金に汚く、勝手に買い物をしてはスッとレジから離れたり、 
家の実家の金を当てにしたり、とにかくもううっとおしい事この上ない。 
おまけに一度嫌味を言いだすと、何時間でも何時間でも言い続ける。 
内容はくっだらない事ばっかり。 
一番うんざりしたのは「隣の家のブロック塀についた苔が気に食わない」w 
知るかっつーの。 
ウトも夫も何度も〆に〆てくれてはいるが、治らない。 
むしろ「私の家族を洗脳したくそ女」みたいな扱い。自分は被害者。 

前置きが長くなったけど、 
この前、私の曽祖母が亡くなって、私にいくらかの遺産を残してくれた。 
トメにだけは言うまいと思っていたが、私の実家に 
「悲しいのは分かるけども、○○家の嫁なのにいつまでたっても帰ってこない。 
大体嫁子さんはウダウダ」 
と嫌みの電話をかけてきた時、電話にたまたま出た叔母が 
「遺産の手続きもあるので…」と弁解。 
その後私の携帯に「大変だったわね、しばらくゆっくりしてきてね」と優しい電話がきた。 

ちなみに叔母は驚いてた。 
「遺産が、って話した瞬間から声のトーンがあからさまに変わったのよ。 
(`△´)こぉ〜んな声から、(゜∇゜)コーン!!な声に!」って。 
そういう女なんだよー。 

家に帰ったら遠まわしに遺産遺産とうるさく、適当に流してたら 
直球で「大事な事だから聞くわよ。遺産はいくら頂いたの!? 
ご遺言書にはなんて書かれてたわけ?」 
こっちも直球で「遺言書では約300万と土地になります」と答えたらムッハーってなって帰って行った。




7:本当にあった怖い名無し2013/02/23(土) 00:52:29.68 ID:j228EIp90
スレ立て乙です、小学校高学年のころの可愛らしい話をひとつ。

母親同士が今で言うママ友だったつながりで、数人の女の子で仲良しグループを作ってた。
最初のうちはあてがわれた友達で仲良く遊べたんだけど成長とともに合う合わないがどうしても出てくる。
また私の母親は気の弱い人で、何かあったとき文句を言うどころか不当な扱いに抗議することもできない、そんなタイプだった。
そういう母親同士の関係はやはり子供同士にも影響を及ぼすもので、
ボスタイプのA母の子(以下A子)は地元企業の社長令嬢という立場もあって強い存在感を持っていた。
目立った虐めはなかったけど、いつもおしゃれな格好をしてるA子が兄のお下がり着てる子のことをpgrしたり
TVは一日30分までと決められてた私を「TVの話にも乗れない、ノリが悪くて暗いヤツ」呼ばわりしたり
流行のものを買ってもらえない子が加われない遊びばっかりしたがったり、そういうことがちょくちょくあった。




このページのトップヘ