コトメ


702:1/22008/03/28(金) 00:16:31 0
もうだめだ、さよなら。
離婚しましょう。

3年前、私は反対してたのに勝手にトメと同居決めたよね。
コトメもいるから無理だって言ったのに
「いい年なんだからもうすぐ姉ちゃんも結婚して家出てくよ」
彼氏いない歴35年の、あなたのお姉さんは彼氏いない歴38年目の記録更新中ですよ?
引っ越したせいで職場に片道ほぼ2時間かかるようになったよ。
大好きな仕事だったのに、終電がはやくなって繁忙期にはみんなに迷惑かけてしまった。

トメが「あんたが仕事してると家事がおろそかになる。なんで私が夕食つくんなきゃいけないのよ。子供ができないのも仕事のせい。仕事やめろ」
って私をほぼ毎日なじってるあいだ、全然かばってくれなかったね。
2人になると「仕事辞めるなよ」と必ず一言、言ってくれたけど
ついでに「お前の親への仕送りもやめろよ」って言ってたね。
同居前にトメに毎月10万仕送りしてたんだよ。
同居したんだから私の親に毎月10万仕送りして、なにが悪いの。
でも「仕事辞めるな」って言うのは私が仕事を好きなのを理解してるからだと思ってて嬉しかったのに、この間本音を言っちゃったね。
「お前の収入がなくなると俺の小遣いが減るだろ?同居したら給料全部小遣いにできると思ってたのに。お前の親への仕送り辞めてさ、全額ウチに入れれないの?」




700: 名無しさん@HOME 2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN 0
私(20代後半)を年寄り扱いしてバカにするクソコトメ(30代後半)がこの度 
ズッ婚バッ婚の運びに 
名前案をウトメ含む全員に否定され、若い私妹ちゃん(10代後半)ならきっと 
共感してくれるはずっ!と妹を私の自宅に呼び出し、名前案を見た妹が放った一言 
「コトメさん、ペット買うんですか?」 

ちなみにコトメが考えた名前はシンシア、マァル、テレス、レリハetc… 
何で全部カタカナなんだよ!言葉の響きが素敵だと思うのってバカか! 
田村シンシアってギャグか!(苗字は仮称) 


849: 名無しさん@HOME 2005/07/25(月) 17:02:36

小姑に、義両親の介護を○投げされそうな 
家族会議の時、 
「介護って何するんですか〜」と 

あえて聞き返してみた次男の嫁子です。 

その後の家族会議でもまだ小姑が 
遺産欲しさに、親の施設へのお世話を拒み、
私に押し付けようとする発言が続きました。 

小姑はいったん頭で考えた自分勝手、自己都合優先な計画は、
その意見が通るまで突き通そうとするタイプで、
その間はまったく人の意見をきかず 
何を言っても、「でも、でも」と言葉を跳ね返す人なんで、兄弟ともどもお手上げ寸前でした。 
かといって、私が介護なんて引き受けるつもりもない、 
その会議をまとめる人もいなく、しつこく小姑がくい下がってくるので、私は暴走しました。 

私「うちは今、介護の事で話し合える余裕はないんです。離婚するかもしれないので・・・。」 
夫「えっ?・・・」 
義兄弟 「・・・」 
小姑 「・・・(引きつる)」 
  
もちろんそんな話は、まったくなく旦那の顔色は変わっていましたが、 
やっと小姑を黙らせてやりました。 
このまま離婚問題を抱えていると突き通すつもりです。 


871: 名無しさん@HOME 2014/02/18(火) 13:32:47.98 0
今度義実家行く。多分コトメ&コトメ娘×2も来る。 
コトメ旦那置いて、月2~3回車で2時間かけて義実家宿泊してるから。 

コトメ娘が、義実家でいつも走り回ったりするのが凄く気になる。 
以前、コトメ娘が私旦那に向かって「○○(私旦那呼び捨て)、ちげーよ!」と言った。 
ウトメコトメも誰も注意しないから、「そんな言葉使ったらダメ」と、私が注意すると、義実家の空気が凍った。 

確かに、義実家はコトメにとって実家だから、羽を伸ばすのは良いと思う。 
でも、コトメ娘達の走り回ったりソファの上で跳び跳ねたりとか、 
そういうのって、コトメの娘がコトメ両親の家でするのは当たり前なのかな? 

私は、母方の祖父母の家でそんな事は絶対にしてはいけなかったので、 
行く度に何かモニョる。 
コトメが私旦那を呼び捨てにしているからって、コトメ娘×2が 
そう呼んで良いのかもモニョる。


498: 名無しさん@HOME 2007/04/13(金) 12:48:36
同居トメが毎日テンプレ通りの嫁いびりをしていて、
私はムカつくけどめんどくさいんでスルーしていた 
旦那はトメの嫁いびりを見て
何度もトメを叱ったがかわらないので別居する事になった 

トメは脳内変換で 
「新婚のうちは別居にさせてあげよう!なんて心の広いアテクシ」 になっており、
嫁子は私にお礼を言うべきだと強要してきた



このページのトップヘ