コトメ


838:名無しさん@HOME2010/07/26(月) 13:46:36 0
今失業中なんだけど、義実家行ったときに寄生コトメから
「嫁子さんも偉そうな事言ってたけど、結局パラサイトじゃんw」
と嬉しそうに言われた(今までコトメに偉そうに言ったことは無い)
夫がすかさず、
「嫁子は今でも生活費を10万円入れてくれてるよ」
と言うと言葉に詰まり、更に傍で聞いていたトメさんが
「まぁ、うらやましい。この子からは今まで一円も貰ったこと無いわ。」
と追い打ち。
今は失業手当が出ているので生活費が出せるんですよ、と言うと
「普通に、ちゃんと働いてたら失業手当も貰えるのにね。」
とコトメを恨めしそうに睨み、コトメ逃亡。
コトメ、5年前に嫁ぎ先でダラ発揮して返品され、未だに可哀想な私に
酔っていて働く気が起きないらしい。






79:名無しさん@HOME2017/07/28(金) 11:40:45.26 0.net
コトメが結婚間近と言っていた彼氏と破局したそうだ

20代で起業、年商3億、県内外に数店の店舗を持ち関連企業も業績順調
業界から注目されマスコミにもちょくちょく顔を出してる30代後半がコトメにぞっこんで
今すぐにでも結婚してほしいと迫られてると言ってた
彼氏が式場も予約した、旅行も決めちゃった、ドレスも選んでくれたと
もう明日にでも結婚するような事を言ってたけど、
破局「強引過ぎてついていけなかったら私からお別れしたの」というコトメ
そして次の日には「有名スポーツ選手からプロポーズされたの」と言ってきた

病院に連れて行った方がいいかと義両親と夫は真剣に悩んでる
ちなみにコトメ、今年50になった




226:名無しさん@HOME2010/11/09(火) 11:41:32 0
ウトメは全然そんな事ないけど、コトメが学歴厨。
とは言っても本人はマーチなんだけど、現役合格が大の自慢。
私は地方公立で、コトメに「そんな大学しらなーーいpgr」されたが、
「コトメ大学と私大学ってレベルは全然変わんないよ?」と逆にpgrしかえしてやった。
そしたら
「コトメ大学は全国的に有名な大学だから倍率から何から違うから!!」
と怒鳴り返してきたけど、それ以来私には何も言ってはこない。
その代わり、高卒の義弟嫁にネチネチ絡むようになった。
他の人(義弟とか義両親とか)がいる所で言うと、フルボッコにされるので
義弟嫁が一人、もしくは私と一緒の時にしか言ってこない。
その言い方ってのが
「やっぱ…大学って人生で一番いろんな知識を入れて行く場所だから…
そこに…行ってない人…って…何て言うか…話も合わないって言うか…
知識レベルが違い…すぎ?ると?ちょっと…ねえ…」
みたいな「……」がたっぷり入る感じのいや〜〜〜な言い方。
聞いてると本気でイラつくんだけど、
私も義弟嫁も、まあ遠距離なんでたまの事だからと無視してた。
そしてこの春、なんと義弟嫁が大学合格。
しかもいわゆる旧帝大!
破裂しそうなほどカッカしてるコトメに、義弟が
「義弟嫁子の方がずっと、なんだお前の好きな言葉、
ああ、知識レベル!知識レベル!レーヴェール!あれがずーーーっと高いんだよな!
そりゃ今まで話もかみ合わなかった訳だな!!」と爆笑。
そして今年卒業のコトメは無事就職浪人しそうな勢いだ。
先日の法事で会ったんだけど、コトメはこっちを見ようともしないw
おまけに親戚が皆で義弟嫁の「知識レヴェル」の高さをほめたたえたので
コトメは部屋にこもってしまったw
義両親が義弟に学費の援助を申し出たが、
「俺の甲斐忄生でやりたいから」と断っていた。
元々義弟嫁は高校で親御さんを亡くして、お姉さんとお兄さんに学費を出してもらってたそうだ。
なんかどっちもかっこいいな、って思ってスカッとした。




49: 名無しさん@HOME 2014/06/16(月) 11:03:09.94 0.net
コトメは何も悪くないのはわかっているけどモヤモヤする 

旦那とコトメは異母姉弟になる 
最近コトメの実母の親戚が亡くなって 結構な遺産を相続した

コトメは都心の億ションに住み 悠々自適の生活してる 
ウトメも恩恵を受けて 高級ホームに入所してる 
同じ姉弟なのに こんなに生活に差が付くのが納得いかない 
同時に自分の浅ましさに嫌になる





678: 名無しさん@HOME 2009/05/18(月) 15:14:37 0
今日やったDQN返し 

人に弁当作ってる貰ってる分際で「嫁子さんのお弁当って地味!!」 
「もっと可愛いお弁当作ってよね!!」と言う同居コトメ 
いい加減キレたので、今日の弁当には海苔でウホッな絵を描いたヤツを持たせた 

結果、コトメ大泣きしながら早退してきた。 
そういや今日、会社で片思いしてる相手と弁当食べるって言ってたような? 
まぁ気のせいだろう。





このページのトップヘ