コトメ


856:名無しさん@HOME2013/10/31(木) 20:51:39.65 0
コトメとは付かず離れずにいい関係とうぬぼれてました。
義実家に用事で一人で行ったときに、義母に「コトメが子供の成長ブログを
やっているから見てとコトメに言われたけど、わからないので見てくれる?」
と言われてお気に入りに登録してあげた。
家に帰ってちょっと見せて貰おうと、開いたら子供の顔がわからないように
写真もupされていた。
私はアパレル勤めでいつもコトメの子供のお祝い事には自社の子供服を
担当の同期に見て貰いながら、社販で一万の予算なら2~3万買えるから
結構な枚数を贈っていたけど、コトメの子供が生まれてずっと写真がupされているのに
私が贈った自社の服が一枚も写真に写ってない。
ふとコメント欄を読むと常連さんとのやりとりで、もうひとつのブログを
コトメがやっていることを知った。いくつかヒントで検索して見つけ出したブログは
本人が注釈で日々の本音を書き綴ってますとあった。
そこには私の贈った服への不満もあった。
①こんな堅苦しい服流行じゃない。
②着て行くところを選んじゃう服なんて子供服として失敗。
③物はいいかもしれないけど、子供はすぐ着れなくなるから、材質よりデザインだ。
④どうせ去年より前の型落ちに決まってる。
⑤たまには違うものを買って贈ってくるぐらいの心使いをしてみたらどうだ。
などなど。贈った服は全部オークションで売っていた。
結構いい金額で売れるから、好きな服を買ってるよって書いてあった。
なんか私は独りよがりだったんだなって。自社の服に自信はあったけど
気に入って貰えないのだから失敗だよね。





752:名無しさん@HOME2008/09/12(金) 19:31:45
道の駅に着いたので休憩がてらカキコ。
大学生コトメが一人暮らしの家賃を滞納して私たち夫婦が暮らす賃貸マンションに来た。
このコトメ、結婚式の時に大声で「おにいちゃま(本当に「おにいちゃま」って言った)、本当にこのブスがお嫁さんでいいの?」と叫んでくれた前科持ちなのだが
「あの時はゴメンナサイ。なるべく早く家賃安い所を探して出て行くし迷惑もかけないようにするから暫く住ませてください」と言うので渋々受け入れた。
しかし自分の事さえしない、弁当作れ、(ホ/モの)マンガを描く手伝いしろ、マンガのキャラが着ている服を作れと私を奴隷扱いして一年経った。
その間、夫に言っても「俺は仕事で疲れてるんだから自分で解決しろ」、ウトメに言っても「孫産まないんだからコトメちゃんと息子ちゃんに仕えろ」でどうしようもない。
今日、昼前に帰ってきたコトメが「日曜日にイベント(?)あるから友達の家に泊まってコピー紙(?)の手伝いしてくる」と出掛けて行った。
三時過ぎに警察から電話が来て「コトメの身柄を引き受けに来て欲しい」と言われたが「私とは関係ない人です」と断って家を出た。
私の服とかはほとんどコトメに処分されてしまったけど、身軽に出て来れたから逆に良かった。
事ある毎に記入済みの離婚届けを渡されていたのも良かった。
一年半の結婚生活で夫婦の共有財産なんてほとんど無い。浮気の証拠やウトメコトメの暴言の証拠は大量にある。
これだけならエネスレ向きだけど、コトメのマンガ原稿や今まで作らされた衣装を引き裂いて来たのでDQスレに書かせて頂く。




282:名無しさん@HOME2012/12/17(月) 02:50:19
セクハラウトと良トメコトメと同居中。
夕飯の支度中に被害に遭うのでその場で〆てくれるのがトメさんだけなのをいいことに日に日にエスカレート。
旦那とコトメちゃんも知っていて〆てはくれているがあまり効果なし。 

私が昼から出かけなくてはならず夕飯の支度ができないのでコトメちゃんに交代してもらったある土曜日のこと。 
私とコトメちゃんは背格好や服の趣味が大変似通っているので台所で料理をしているのが私だと思い込んだウトはコトメちゃんのお尻をさわさわ鷲掴み。 
振り返ったコトメちゃんに「気持ち悪い…。」と真顔で言われてからはセクハラはなくなった。 
生まれたときから蝶よ花よとそれはもう溺愛して育てた実の娘に気持ち悪いと言われたのは大変ショックだったようだ。 
セクハラを除けば良ウトなので現在は快適な同居生活です。




371: 1/3 2011/08/20(土) 20:16:24.58 0
吐き捨てる。 
真性でイヤな話なので、スルー推奨。 

近距離義実家住みの、返品コトメ。アポなし凸しては、タカる・盗る・バカなコトメコ放置のタトバコンボ。




58:名無しさん@HOME2009/03/27(金) 03:39:52 O
義実家で料理しながら毎度の如くトメにチクチク言われてたら、
大学生のコトメがいきなり台所に乱入してきて
「お母さん!私一生結婚しないことに決めたから!」
と高らかに宣言した。 

「ちょ…なっ何…」 
「だって結婚したらそうやって 
旦那の親にネチネチいびられるじゃん! 
たまにしか来ない義姉ちゃんでさえそんななら、 
もし同居なんかしたらそれ以上ってことじゃん! 
お母さんと義姉ちゃん見てて決めた! 
そんな酷い目にあうなら結婚なんか絶ーっ対にしない!」 

コトメ半狂乱で大声で喚く。目がマジ。 
「これは嫁子ちゃんを娘のように…」 
「嘘!嘘だね!私にそんな意地悪したことないじゃん! 
良い母親も姑になると変わるってよくわかったから! 
私に結婚して幸せになってほしいなら、 
まずお母さんが良い姑になって見せてくれなきゃ無理だからね!」 

トメ半泣き、旦那とウトに〆られ全泣き。 
コトメが私の為に言ってくれたのかどうかはわからないけど 
とても嬉しかったので初カキコ。




このページのトップヘ