コウト


622:名無しさん@HOME[sage]2018/01/13(土) 19:43:57.44 0.net
30過ぎても趣味とバイトしかしていないコウト。正月、ウトメさんと遊んでいる年長娘に向かって


コウト「◯◯さ~最近本当ワガママすごいねwさっすがパパママが甘やかしてるだけあるわww」
と心底バカにしたように言ってきた。

そこで娘「甘やかしてる?コウトお兄ちゃんもバァバが甘やかしてるんでしょ?大人なのに、お仕事していないってバァバ言ってた」

コウト固まる。
トメ慌てて「あのっ、コウトちゃ、いや、ちがっ、」
旦那「お前さ、バイトしかしていないそんな立場で、他所の家の事言えるの?オフクロも、△△(コウト)甘やかすの、いい加減やめなよ、ついでに俺や嫁子に△△が仕事に就かない事愚痴るのもやめろ。これから本人に言えよ」

私帰る支度する。
ウトメ追いかけてくる。
私「…あの。娘の前でこんな話するコウトさんには、しばらく会わせません。最近私だけでなく娘に嫌味言うので…涙」
トメ「そんな…コウトちゃんはそんな子じゃ、」
ウト「…仕方ないな」
旦那「△△のいない日に来るわ」

スカッとしました。





511:名無しさん@HOME2010/11/15(月) 21:52:59 0
今日はウトの誕生日で、義理実家にコウト夫妻と私夫妻でお料理持ち寄りでご飯食べた。
コウト嫁さんは洋食が得意で、見事に美味しいパエリア持参。
私は以前ウトさんに褒められた餃子各種。
トメさんは得意料理のブリ大根と、上品なカツオダシのお吸い物。
あっさり味のブリ大根はとっても美味しくて、一番人気だった。
コウトが、「母さんの煮物はやっぱり旨いな! コウト嫁、和食下手くそなんだよ。教えてやってくれよ」
と、ひたすら煮物を褒めあげコウト嫁sage。
と、トメさん。
「母さんの煮物食べたいなら、あんたが覚えなさい。教えるから。共働きなんだからコウト嫁さんに頼るな」
私もたまに夫に同じようなこと言われるから、スカッとした。

来週日曜日、義実家にて、夫・コウトも参加でお料理講習会決定。
煮物は男忄生陣に任せて、私はコウト嫁さんからパエリアとバーニャカウダ教えて貰うんだ。
変わりに、餃子と、フライパンで出来る自家製スモークチーズ教えるんだ。





117:名無しさん@HOME2008/06/22(日) 12:09:49 0
義実家に荷物届けに行ったら、大学生コウトが帰ってきていた。
ウトメと同居中の義兄嫁と話をしていたら、コウトが二階から降りてきて
「ガキの声がうるせーんだけど。くっちゃべってないで躾けしろよ!」
と怒鳴った。


義兄嫁の子(2歳)は確かに歌を歌っていたが、ご機嫌さんで可愛らしいくらいのもの。
私達だって、法事の段取りを話し合っていたので無駄話じゃない。
腹たったので
「○×君(コウト)の怒鳴り声のほうがよっぽどうるさいと思うけど?
しかもいきなり怒鳴るなんて。躾が必要なのはこの子じゃなくて
○×君のほうなんじゃないの?てかブラブラしてる暇があるんなら、
自分の親のことなんだから法事の手伝いくらい自発的に申し出たらどうよ」
と言ったら、コウトはメチャクチャ不機嫌な顔してどっか行った。





8: 名無しさん@HOME 2011/09/07(水) 13:49:24.19
自営同居でウトメの他にコウトも一緒(大学3年生) 
こいつが口開くと女女の超チャラ男 
女関係になると半端なくクズになる 
夏休みにサークルの合宿といってウトメに金せびって彼女と旅行に行って、休み明けにも帰ってこず一年目に留年 
同居なのに家に彼女連れてきて毎日毎日とっかえひっかえ昼間からギシアン

旦那にうるせー外でやれ!家はホテルじゃねーぞってドア蹴られてビビった彼女に振られた腹いせにうちの寝室のドア蹴り壊したり、 
彼女が冷蔵庫勝手に明けてご飯作ってあげるぅってやりたい放題やってたから、 
考えて買い物してるのに勝手に食材と台所使わせんなやるなら自分らで買ってこいって怒ったら 
冷凍庫開けっ放しにして、冷凍食品全部ダメにされたり 
私やトメの化粧品やアクセサリーを盗んだりする(でもいつも証拠が揃わなくて追い詰められない) 

ウトメも若いからある程度は仕方ない、他人にはんざいしてるわけじゃないし…って話にならん 
旦那は高卒で家継いだから、俺は大学まで行ったのに兄貴は高卒pgrで旦那の言うことはほとんど聞かず、たまになぐり合いになる 




158: 名無しさん@HOME 2017/02/21(火) 22:04:31.20 0
義実家というかコウトにしたDQ返し。 
うちの実家が某駅近だったためうちの裏の空いたスペースに断りなくよく無断駐車してた。 
(うちに来たときここに停めていいよと停めさせてあげたのをきっかけに) 
ナンバーと車種からコウトの車(実家の車)とわかっていたが面と向かって注意もできず。半年ほど平日はほぼ毎日停められていた。 
そこでうちからと書かずに「無断駐車お断り 処罰いたします」と張り紙するも全く聞かず、謝りにも来ず。 
張り紙を数回した時点でカチンときた私はその日はノリではなくり瞬間接着剤で貼ってやった。 
それから一切停めなくなり、姉を通して抗議もなかった。 
ガラス取り替えたろうなと憎たらしいコウトを見るたびにざまあと思っているDQ返しでした。




このページのトップヘ