ゲーム



209: 名無しの心子知らず 2013/11/27(水) 14:22:06.90 ID:M2KkIc0x
泥パパの話。 
うちの子はプリティーリズムというアーケードゲームをやっている。 
プラスチックのハート形のストーンって言うのを使うんだけど
しまう時に一個落としてしまった。 
急いでころがった方向に探しに行ったが、休日で人が多くて見失ってしまった。 
で、その辺急いで探したんだけど、ない。
店長にその辺の筐体どかしてもらって探してもない。 

店長「どのような模様のストーンですか?」 
私 「シンフォニアストーンです。白い蝶の模様の…。」 
店長「ああ、あれなかなか手に入れられないし高価な物ですよねー。
閉店後、また探します。」 

そしたら、近くに立ってた男の子のパパが、ポケットからストーン出して店長に渡した。Σ(゚Д゚;) 
アンタ、私が探してた時からずっとそこにいたやろ!
思わず一歩近づいて文句言おうとしたそのとき 

店長「こっ、この方が拾ってくれたみたいですねっ!!はいどうぞっ!!
よかったですねっっ!!!」 

すんごいテンションで店長がストーン渡して来て、なんかうやむやにされてしまったよ。 
このままじゃ喧嘩になると思われたんだろうな…。 
子供が大勢いたし、大乱闘はやめた方がいいとは思うけどさ。(やる気満々でした。) 
しかしなんで、返してくれたんだろう。高価と聞いてビビったんだろうか。 
そもそも子供はトレッタやってたのになんでストーン盗るんだよ。
盗るなら上の娘のレジェンドトレッタだろ。



379: 1 2009/12/18(金) 14:12:20 0
嫁さんの妹が所謂ヒモと同棲してる
まぁそのヒモも俺自身ゲーム友達で知り合いなんだが
大学卒業してから正社員で働いた期間は半年

後はフリーターはヒキニートで生きてた
嫁の妹とは大学からの友達で3年位前から付き合いだし
流れで同棲することになった
同棲するに当たり家を借りる事になったとき
嫁の妹から電話が来てお金貸してくれって言われた
どうもヒモが引っ越し直前にバイトやめたらしく
敷金礼金が少し足りないとの事
貸すのはかまわないが借用書書いてくれというと拒否
つまり金くれって事だったらしい


【前編はこちら】

711: BOX ◆glwg0hHDLQ 2007/12/10(月) 15:17:17
夜はどうもありがとう。 
嫁の携帯に何度かかけたら、ようやく出てくれたんで、話そうと思ったら、何を聞いても「そんなの関係ねぇ」って言われた挙句に切られた。 
どこにいるのかも、いつ帰ってくるのかも答えてもらえなかった。 
息子はとりあえず今日は幼稚園を休んで、俺と午前中は公園で遊んで、さっきまでこどもチャレンジで遊んで、今は昼寝してる。 
「おとしゃんと遊ぶの楽しいねぇ」って言ってくれてるのが、今は唯一の救い状態。



【後編はこちら】

421: BOX ◆glwg0hHDLQ 2007/12/10(月) 01:08:56
・詳しい悩みの内容(必須) 
嫁が今朝から家出をしている。 
土曜に喧嘩をした。 
長くなりそうなんで、別に書きます。 

・最終的にどうしたいのか(必須) 
戻ってきて欲しい。

・相談者の年齢と職業、収入 
39歳、会社員、600万 

・配偶者の年齢と職業、収入 
33歳、在宅でパートみたいな感じ、最近は仕事をしてなかった。 
年収不明。扶養から外れない程度。 

・子供の有無、いるなら人数と年齢、性別 
男の子が一人、4歳。 

・住まいは持ち家か賃貸か 
賃貸 

・親と同居かどうか 
別居 

・結婚年数 
7年 

・離婚歴がある場合はそれも記入 
自分が×1 

【後出し厳禁!】 
・バクチ、浮気、暴力(肉体的、経済的)、借金、酒や薬物等の依存症、病気 
一切なし


273: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/05/17(水) 22:06:58.21 ID:3Qkrilqk0
相談させて下さい 
結婚3年が過ぎましたが、
最近夫はスマホでゲームばかりしています 

帰宅したらすぐゲーム、
夕飯時にも片手でゲーム、 
前は楽しかった夕飯後の
コーヒータイムにもずっとゲーム 

そしてゲーム中は真剣だから話しかけないでと 
言われてるので会話すらできません 

ゲームをひたすらやり終えたら「さて眠るか」
と自室へ行って眠ってしまう 

なので会話は一言二言しかなく、
すごく寂しいです 
夫にはゲームばかりされると辛いと
言ってみましたが直りません 

そして夫は行動を制限するようなことを言われるのを
一番嫌うのでこれ以上はもう何も言えません 

結婚3年経つと夫婦は
悪い意味で変わると聞きますが 
皆さんも結婚3年経ってから
嫌なことってありましたか? 

これからずっとこうなんでしょうか・・・



このページのトップヘ