キチ


149: おさかなくわえた名無しさん 2011/07/12(火) 14:54:36.48 ID:RQidUkYV
既婚者に粘着された。 
「奥様が待ってるんじゃないですか?」 
とやんわり断っても「いいんだよお、うちは夫婦仲良しなんだよお」 
と言いながら毎日強引に呼び出された(パワハラ)。 
あげく、私の友人知人を調べ上げて危害を加えるようなことを言って脅された。 

若い方、既婚オヤジだから「迫ってこないだろう、しつこくないだろう」 
なんて思っちゃ駄目よ!既婚オヤジだからこそ、暇とエネルギー(と小金)が 
自由になり、しつこくストーカーされることもあるよ。 
若者の人生つぶすのが楽しい暇つぶしってオヤジもいるから、男女問わず気をつけてね。





822 :育児まとめニュース 2018/05/25(金) 17:27:16 ID:AbkyZmo5.net
ここで合ってるのかわからないのですが、子なし専業主婦だからとご近所のシングルマザーから子供預かれとしつこく言われてて困ってるので相談してもいいでしょうか。


283:名無しさん@おーぷん2016/09/30(金)22:59:49ID:Jej
2年前に元妻の不倫で離婚した
会社から通いやすい所に住んでいたけど、そこで間男と一緒に住んで結婚するから、
っていうものだから、引っ越したのに、半年もしたら同じアパートの同じフロアに何故か越してきた。
そこで再婚し増したみたいな報告までされて、結局また引っ越す事にした。
で、また半年もすると同じアパートに越してきて、今度は子供が出来たのとか報告された。
3年間、7.8ヶ月周期でこれを繰り返されてる。

もう本当に嫌。
何にも悪い事してないのに、何でこんな嫌がらせ受けないといけないんだろう。
そっとしておいて欲しいというか、関わらないで欲しい。




108: 恋人は名無しさん 2009/01/22(木) 16:42:01 ID:FeSYh28x0
去年の年末のちょっとした話を一つ。 

急遽、会社から諦めていた年末の休みを貰える事になって、彼女と2人で旅行に行くことにした。 
ただ、休みが確定したのが12月に入った後だった事もあり、メジャーな宿屋はどこも満室で、 
予算的にもあまり融通が利かず、結局ごく近場の温泉宿に行くことにした。 

運よく滑り込みで予約も出来て、2人での初めての旅行だったので、近場でも楽しめば良いと、お互い楽しみに当日を迎えた。 

当日、チャックイン後、露天風呂に入った後に夕食を食べる事に。 
大広間のような場所で、宿泊客が一同にそれぞれ用意されたテーブルで食事をする事になっていて、 
さすが満室だけあってたくさんの客が席についていた。 
食事も進み、早い人は食べ終えて部屋に戻り始めた頃、ふと誰かが彼女の後ろに立った。 

「なんであんたが俺君とこんな所にいるのよ!」 

そう叫びながら彼女の肩をガシっとつかんだのは俺の元カノだった。 




202:おさかなくわえた名無しさん2009/08/12(水) 23:14:41 ID:5LoW4Pd6
さっき帰宅した時
自宅マンションの1Fエレベーター前に来たら、デリバリーピザの兄ちゃんが先にボタンを押して待ってた
相乗りという意味で
『いいですか?』
と話し掛けたら、チッと舌打ちされた
カチーンと来て、
『なんで舌打ち?』
と言ったら、
『いやそうじゃないです…』
だと
もういいや疲れてるしメンドクセと思い流して乗った
そしたら更にだ
配達先は俺より上階だったため俺の方が先に降りたんだけど、まだエレベーターから一歩も踏み出す前に閉じるボタンに手をかけやがった
もう喧嘩売ったろうか?と思ったけど、いい歳して問題起こすわけにはいかないから我慢した
何?最近の若いバイトは客じゃなかったらこんな態度なわけ?



566 :育児まとめニュース 2012/06/28(木) 22:06:30 0
新婚初月から「妻が至らないから」という理由で生活費を入れてくれなくて、
私両親も夫両親も交えていろいろ話し合っても埒が明かず、
四ヶ月目にして離婚を前提に別居、約一年で無事離婚した元夫から


件名:愛しの○○へ
本分:俺やっぱり病院に行くことにしたよ
もちろん戻ってきてくれるだろう?
病める時も健やかなる時もと誓い合った俺達なのだから
お前はもう一度貧しさを理由に俺を裏切っているんだから
二度目は許さないぞ☆
俺達のスウィートスウィートフォームで待ってる


貧しかったのはお前が生活費入れなかったからだろと返信しようかと思ったけど
余計疲れそうなので無視しようと思う
病院ていうのは多分カウンセリングのことだと思う
最後の話し合いの時元夫が「女は黙って男に従ってればいいんだ、
俺が白いものを黒いと言ったらはいそうですね黒いですねって言って笑え!」って怒鳴って、
それを聞いた元夫母が「この子やっぱりどこかおかしいのよ」って泣き出して、
元夫が私に向かって怒って「母さんを泣かすような女最低だ!」って言って
離婚届に判を押してくれたんだけど、その時元夫母がカウンセリング行こうって言ってたから。
これが噂のハネムーン期ってやつなのかね。

日本語グダグダでごめんなさい、なんか疲れて帰ってきたらこんなメール来てて
脱力しすぎてもう思考力も残ってない。寝る。


755:名無しの心子知らず2012/11/06(火) 13:59:09.81 ID:+hWOMqDH
真似基地ママが身近にいる。
大学のころから知り合い。私は彼女が苦手だった。厭味や嫌がらせしたりしながらも
私の人生をそっくり真似する。真似するのは服とかじゃないし、
彼女が私を真似る目的が、あとからそれを貶し、こんなことやってるあんたは
ダメ女、って感じで自分が優越感もちたいだけからキチだと思う。 

大学卒業後から 
・職業:同じ職業で、私は職場の花形的ではないが、結婚して出産しても 
    続けられそうな移動もないような職種を選ぶ。基地ママは男でも激務といわれる職種。 
    私の仕事を「あんな簡単でらくなとこpgr」と貶すが基地は出産後結局続かず退職。 

・結婚:私が婚約したら一週間後に元彼に電話して結婚しよう!→結婚 

・妊娠:結婚して即不妊治療病院いき妊娠。小梨を馬鹿にしていた。 
    私は数年後不妊治療を開始してそのとき一時的にパート勤務になった。 
    ここでもパートを馬鹿にするため、自分は仕事を続けるが 
    転勤を命じられ夫とは別居婚。子供は自分の親に丸投げ。 
    数年後私が妊娠したことを知ると自分も即子づくり(すぐできるw) 
    体を大事にせず流産→キチみたいになき喚き退社。 
    私の出産後半年ほどで第2子出産。 




138: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2014/03/08(土) 10:44:29.38 ID:ZOT1Agr7

よく行く寿司屋があるんだが 
そこはカウンター席で、タバコも吸える
(分煙してない) 
ある日の夕方、かなり混んでる中、
俺は寿司を満喫

寿司を食って一服するかって直前に、
隣に若い女3人が着席
俺はいつも通りタバコをふかしてたら、
露骨に隣の女3人が嫌そうな顔して
「すみません、テーブル席あいたみたいなんで
そっちへ行かせてもらっていいですか」と。

あまりにも腹が立ったので
俺「ここは禁煙じゃないし何が不満なの?」
と言ってやったら
女「別に不満ではないし、
せっかくのお寿司を他人の煙を吸いながら
食べたくないから移動するだけです」
とか意味不明な事を言ってきた。

俺「不満じゃないしって、
矛盾してるじゃねーか。席移って」 
女「不満じゃなくて席移るだけです。
貴方は私が席を移るのが不満なんですか?」 
俺「は!?バカかお前!!!」 

その後板前の仲裁があって、
女は2Fの席にいったので
以後顔を合せなかったけど 
喫煙可能な場所で
偉そうに煙から逃げて何様だ? 
初めから来るなよバカ女




590: 名無しさん@おーぷん 2016/01/12(火)18:04:19 ID:9FZ
上司(アラフィフ管理職)・私(4年目)・後輩(1年目)の
女性3人で、飛行機の距離で
一泊二日の出張が決まった。

後輩は入社後初めての出張だったので、
細々した注意点や持ち物などの
アドバイスを私がした。
これから出張が多くなるので、
できればこの機会に仕事用に
黒い小ぶりなキャリーか
ボストンを買うといいよ、とかも言った。

出張の朝、待ち合わせ場所の空港に
後輩は来なかった。

上司が本人に電話したら、
「私先輩が出張グッズを
一緒に買いに行こうって言ってくれなくて
バッグが無いから行けません」とのこと。

「コーデが決まらないから今日はデートやめる」
みたいなノリに衝撃を受けた。


結局その時は上司と私だけで出張行ったけど、
戻ってみたらごく普通に出勤してた。
特に悪びれたり、居直ったり、
そのままバックレ退職したりするでもなく
普通にしてたのにまた衝撃を受けた。




896: 名無しさん@HOME 2013/10/01(火) 13:11:00.77 0
俺と同僚七人の修羅場 
震災時、津波から避難した建物で
身包み剥がされ奴隷にされた

雪が降る中、
防寒着からジャケットに至るまで上着を持っていかれた 
1本の水を同僚と七人で分け合う事にされ
(他の連中は1人1本)、
挙句にその1本もオバサンに持ち去られた 

建物内のトイレが詰まって何度も掃除 
建物に侵入してきた燃えた車の消火作業 
屋上で救援要請のアピールと見張り 
階段から階下の水位警戒 
直ぐソコまで水が上がってきてる階段で、
他の避難者の目を盗んで休憩 

一晩中それらの作業を続けさせられ、
津波水を飲んでしまった同僚三人の内の二人が倒れた 

このままでは、
他の避難者に杀殳されるのは間違いないと全員が確信 
他の避難者を〆ても
正当防衛や緊急避難が適用されるから大丈夫と結論 
だが流石に杀殳人は無理なので諦めた 

明け方に同僚の中の志願者が、
水位が胸まである状況で救助を求めに出発 
残りの者が不眠不休で作業を続けた 
体中の水分が乾ききり、脱水症状で眩暈に襲われる中、
我慢の限界が来た 

他の避難者が飲み水が不足してるから
なんとかしろと詰め寄って来たのだ 

俺らはお前らの奴隷じゃない 
俺らは確実にお前らに杀殳される 

そんな事をぶちまけ、俺らは勝手に脱出する事宣言し、
奴隷を放すまいと必タヒに止める避難者たちを振り切って、
動けない同僚を担いで腰まである水の中に飛び込んだ 

幸いな事に、先んじて救助を求めに行った志願者が
近くまで来ている事を無線で知らせてくれた 
車が来れるギリギリで待機していると 

必タヒになって水の中を歩いて車に乗った瞬間に意識を失い、
気づいたら二日経っていた 

他の避難者が助かっていなければ、
間接的とはいえ俺って杀殳人者なのでは?っと心が修羅場




このページのトップヘ