キチ

669: 恋人は名無しさん 2009/10/31(土) 14:47:12 ID:wS4gzKZK0

高校の時からの友人A子。
社内恋愛で7年付き合ってる彼氏がいるのに
家庭に入りたくないからと結婚してなかった。

高給取りだし不器用な子だったので
私は馬鹿正直にA子の言い分を信じ
バリバリ働くかっこいい友達と自慢に思ってた。


彼氏が既婚者でしたよ。
もうすぐ共通の友達の結婚式で、余興をやるのに
メールでも電話でも連絡できなくて困ってたら
A子の妹さんから連絡があった。

姉は具合が悪くてーと言葉を濁してたけど
妹さんとも面識があったし後輩でもあるので
突っ込んで聞いたら泣いて話してくれた。

馬鹿なA子は風邪引いて妹にヘルプを頼んだのに
不倫男の見舞いを断らず鉢合わせさせて
不倫男の発言から既婚者と見抜いた妹さんが責めたら
不倫男に、君の家族に祝福されてないから別れよう
って言われて狂ったらしい。



785: 可愛い奥様 2010/10/19(火) 22:48:10 ID:+kp1hbl90

主人は×イチ。長男(当時中2)がいたが、親権は前妻が持ってた。
離婚時の契約で、月に1度父(つまり私の主人)の所に来て土、日を過ごして帰っていくというのを繰り返していた。
私になついて、おばちゃん、おばちゃんと甘えた。母親がきつい性格の人だったからかもしれない。
たまたま主人が出張で不在のとき長男がやってきて、 
自然のなりゆきで一緒に寝た。


953: 恋人は名無しさん 2007/11/04(日) 21:49:24 ID:M0dThJUZO

数年前の話です。 

当時、私には付き合って3年ほどになる彼氏がいました。 
お互い実家暮らしでしたが仕事の関係で私が一人暮らしをし始め、彼氏が私の家に入り浸り、半同棲状態になりました。 

結婚を見据えて本格的に同棲を始めようと彼氏に言われ、彼氏の両親に初めて挨拶に行きました。
それまで彼氏は私の親には会っていたものの、私が彼氏の両親に挨拶するとなると「今はまだ時期じゃない」等と訳の分からんことを言われて挨拶はおろか会ったこともなかったもので、彼氏の両親に挨拶させてもらえることで自分が認めてもらえたんだと喜んでいました。 

挨拶の当日は彼氏の両親に気に入ってもらうため、彼氏両親が好きだという和菓子をお土産に持って、スーツではないけれど、スーツに準ずるきちんとした服装で挨拶に向かいました。 


初めて会う彼氏の両親は、気さくで優しく、この人たちと家族になるのか。うまくやっていけそう。なんて妄想してました。


767: 名無しさん@HOME 2011/11/29(火) 01:08:20

私には2つ上の姉がいるが小学生低学年位までよく虐められてた。
当の本人はふざけてるつもりだったと思うが、私にしてみればおふざけの範疇を越えていた。

針金ハンガーでミミズ腫れが出来るほど叩かれたり、しょっちゅう布団で顔を押さえつけて
息を出来なくさせたり。このせい?で今でも真っ暗とか、息のし辛い状況に置かれるのが異常に嫌い。
その中でも、本気で死ぬんじゃないかと思った出来事。

おそらく小学校1年生位の頃。
ある夏の日、じい様に市民プールに連れて行ってもらった。
場所によって深さが違う25mプールで姉と2人で遊んでた。プールの底を蹴って顔を出し、
息をする状況だったからそのプールの1番深いところは私の身長と同じくらいだったと思う。

671: 名無しさん@HOME 2012/02/26(日) 11:37:41.79 0

二十歳で結婚した元夫が今思えばエネミーだった。
交際当時はまだ学生で親に結婚を反対されてた。
バカだったので反対されれば反対されるほど、
早く自立して自由に生きたいと思うようになった、本当にバカ。
当時元夫は30代。

年齢だけで反対されてると思い込んでたけど、親は正しかった。

学生で脛かじりだから親に半人前と思われてるんだよ、
二十歳になったら大学やめて結婚すれば自由になれるよと元夫に言われその通りにしてしまった。
その時は私の自立を促してくれる大人に思えたけど、
一回りも年下に中退を迫るなんて単なる最低男だと今は思える。
住むところが無いだろうから僕の実家に置いてあげると言われて、
行くところのない私を受け入れてくれるなんていい姑だと思い込んでた。

現実は汚家の家事に姑の嫌味、何もしない
舅の暴言と働かない年上義弟のセクハラだらけ。
しかもエネミー夫は生活費を渡してくれない。
当時の私には亡くなった伯父のおかげで不労所得があったので
それでなんとかしのいでた。
それでしのいでたのも元夫が「君がちゃんとお金を出して
一人前のところを見せれば僕の家族も認めてくれるよ」と言ったから。
それをおかしいと思わず、いつも私のためにアドバイスをくれてると思い込んでた。

実際、甘やかされて生きてきてたので、掃除洗濯料理を一切したことがなく、
お風呂にお湯を張る前に洗わなくてはいけないことも栓しなければならないことも知らなかった。
勝手に中退して結婚したのを心配した親がしょっちゅう会いに来たけど、
それも親に反対される攻撃されてると思い込んでて、
親を追い返してくれる元夫や義実家を味方と思い込んでた。
「あいつら(私親)が君に何かしようとしてるけど、僕が守ってあげるからね」
「うちの親はきついけどいざとなったら(君の親から)君を守ってくれてるだろう?」
本当に信じてたバカ。


このページのトップヘ