キチ

536: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/01/04(水) 14:18:25.26
私は個別指導でパート講師しています。
教員免許は取ったけど大学卒業後すぐに婚約者が地方に赴任が決まったため
教員採用を辞退して、結婚して子供が大きくなるまで専業だった。旦那が本社に
戻って来れ、子供も大学生なのでパートを始めた。
すごく久しぶりなので大学生の息子に新課程とか教わって(バイト代取られたけど)
自分ながらに猛勉強してなんとか小学生と中学生を教えている。

旦那の兄には小学生の子供がいて中学受験するそうだ。
正月義兄家族も来ている義実家に夫婦で年賀に行ったら、義兄嫁に粘着されたよ。
成績が上がらないから個別指導にも行かせたいけど、義兄の給与が頭打ちで
昇給が望めないから集団塾以外は通わせる余裕が無いから、土曜に迎えに来て
連れて行って日曜に送って来てくれだとさ。
大学生の息子と二人掛かりで、さる有名中学に入れてくれって。
あの~私が勤めている個別指導は有名どころに進めるような子は来ない。
集団塾で落ちこぼれてしまって、なんとか普通の県立に入れたいって子ばっかり。
だからそんな技量は無いと断ってもしつこい。
最後は姑までなんとかしてあげてと言って来た。旦那がきっぱりとこいつにはそんな
能力ないと断ってくれたけど、今日も朝から電話きたので、NDだから居留守してる。


647: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/01/05(木) 14:20:02.57
10年以上前に結婚した義兄の嫁は42才
義兄と夫の年の差もあり、私は今年30才、結婚3年目。

義兄のとこには子供はいず、うちもまだ(マンション購入のために共働き、もうすぐ目標金額)なのでまだ夫の両親に孫はいない。

義兄のとこは自営なので今まで同時に顔を合わせたことはなかったんだけど、この正月にはじめて勢ぞろい。
義両親の、私に対する孫産め攻撃は以前からなんだけど、
たぶん義兄嫁はそれに10年以上耐えてきたんだと勝手に戦友みたいな、同志みたいな気分でいたら
義兄嫁にもやられたわ。(義兄のとこになぜ子供がいないのかは私は知らない。他世帯だから興味ないし、自分がされたらいやな質問だし)


たまたま夫が風呂に入ってる時に、義兄からまさかの「おれたちもう無理だから、次男嫁ちゃん(私)孫はよろしくね」と。
この義兄は以前からこういうことをいうしそれの絡めてシモネタも言うから大嫌い。
私がムッとしてるのをよそに義両親もそうだそうだ、と加担。
そしたらあろうことか義兄嫁までが「若いうちに産んだ方が楽よ~」とか抜かしおった。

孤立無援の私が、夫が風呂からあがるとすぐに帰り支度していたら
義兄嫁が登場し「さっきの次男嫁ちゃんの態度はよくなかった。
長兄とご両親にあやまりなさい。私も昔はプレッシャー与えられていやな思いしたけど、孫を産むのが親孝行よ」だって。

はあ?ばっかじゃね?
自分ができないこと、人に押し付けてしかもえらそうぶるなよ、義家なんてみんな他人だがお前なんか一番なんの関係もないっつーの。

477: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/01/02(月) 22:59:25.65
去年デキ婚をした義弟夫婦。
義弟夫婦は飛行機の距離に住んでいるので、正月に義実家に帰省していた。
今は妊娠7ヶ月。
ウトメや私達の前でやたら義弟といちゃつく。
腕を組んだり2人でソファーにくっつきながら横になったり。
これって普通なの?
見てるこっちが目のやり場に困る。
見かねた旦那が一度義弟に「お前らそういうのは2人きりのときにしろ」って言ったけど、「えっ、そんな言うこと?」という反応だったので..
ちなみに義弟嫁すごく無愛想。
この前旦那の親戚が集まり、親戚の一人から義弟夫婦に「この前の(義弟夫婦の)結婚式ではありがとうございました。」と言われたときも、「はぁ」というような受け答え。
もうちょっとちゃんとお礼言えよと。
なんか次に会うのが憂鬱。

81: おさかなくわえた名無しさん 2006/09/15(金) 19:25:42

211 :おさかなくわえた名無しさん :2006/09/15(金) 03:12:12 ID:gpSC9hAQ
3年ほど前、当時の彼氏の浮気を責めたら逆ギレされて暴力を振るわれた。
その頃私は大学生をしつつ、事務所に所属してモデルのバイトをしていたので
顔だけは何とか防御しようとしたけど、それを見越した彼に靴を履いたままの足で散々踏まれて
蹴られた。「手は出してない、足だよ足w」なんて笑いながら。
幸い、顔に傷は残らなかったし(本当にラッキーだった)当時はショックで訴える気力もなかったので
身内の弁護士の勧めも断って告訴はしなかった。
そんな私を見た祖母が「法で裁かれなくても、いつかその男には報いがくるよ。絶対くるよ。私が許さないから。
だからあなたは自分が幸せになることだけを考えなさい」と言ってくれた。
お陰で私は何となく気持ちが楽になって、学生生活もモデルの仕事も恋愛もまた楽しめるようになった。
そんな祖母が亡くなったのが去年の春先。

そして最近、友達のお見舞いに行った病院でたまたま再会した暴力元彼は
顔面マヒ&右足切断になっていた。ホントに絶句した。去年の夏に交通事故で・・・だって。
「顔」は、彼が執拗に攻めた場所。「右足」は私の顔を何度も踏みつけ、蹴った場所。
ざまあみろとかいう気持ちなんて全然湧かなくて、ただただ怖くなった。
彼は当時のことを謝罪してくれたけど、気持ちが全く晴れなかった。
ネタみたいだけど、本当の話。祖母が祟ったんじゃありませんように。


361: おさかなくわえた名無しさん 2006/07/20(木) 16:32:10 ID:byFLCDyE
 
この前電車に乗ったら、座っている女子高生の頭に本をのせて読んでいるオッサンがいた。

女子高生はおとなしそうな子で、小さな声で「やめてください…」と言っているが 
オッサンは全然やめようとしない。

そうしたらちょっと離れたところに立っていたよぼよぼの爺さんが移動してきて、

オッサンの頭にでかい鞄をヨイショとのっけた。

オッサンが「何をするんだ!」と怒鳴ると、爺さんは静かに

「君だって人の頭に勝手に物をのせているじゃないか。
自分がされて嫌なことを、どうしてよそのお嬢さんにするのかね」と言った。
オッサンが激昂した様子で「この女が若いくせに座って席を譲らないからだ」

とかなんとか言うと、爺さんはまた静かに
「直接言わずに頭にものをのせても何も伝わらないだろう。
大人ならちゃんと言葉で言いたまえ。それと、このお嬢さんは脚を怪我しているよ。」
確かに女子高生の脚には包帯が巻かれていた。

「私だって立っているんだ、君はまだ若いんだから怪我人を座らせて立っていなさい」
と言った。

オッサンは真っ赤になって爺さんを睨みつけながら舌打ちし、別の車両に移動していった。


このページのトップヘ